実は過去のトラウマが!?ビジネスエリートの藤沢涼に迫る!

慶應義塾大学を卒業後、電通に就職し、インターネットビジネス業界でも数億円という金額を稼ぎ出し、家族も愛するスーパーエリートの藤沢涼さんをご紹介します。

インターネットビジネスで有名な藤沢涼さん。

慶應義塾大学卒業や電通に就職など、エリートな人生を歩む藤沢涼さんについて書いていこうと思います。

1.  藤沢涼さんの経歴

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

では、藤沢涼さんの経歴についてみていきましょう。

1-1. 最悪の家庭環境

藤沢涼さんは、幼いころを母子家庭で育ちました。

そして、母の再婚相手はお酒を飲むと暴力をふるうタイプの人だったようで、学生時代は非常に荒れていたようです。

しかし、藤沢涼さんの家庭環境のせいか、悪仲間の間でもあまり打ち解けることができず、音楽にのめり込むようになりました。

1-2. アーティストとしての夢を追いかける

その後、藤沢涼さんは音楽の世界に魅了され、作詞作曲を自分でやって歌うようになりました。

そして、就職活動の時期が来ると、選択を迫られました。

藤沢涼さんは、慶應義塾大学卒業です。

周りの人たちは当然のように就職をする中で、藤沢涼さん自身は音楽の道で食べていこうと考えていたそうです。

しかし、母親はそのことについて反対し、しっかりと就職することを熱心に勧めました。

ここまで育ててくれた母親への感謝。そして家族を大切にする心から心配をかけないように就職をすることを決意しました。

とはいっても、音楽の道を諦めたわけではありません。

心配をかけないように就職はしたものの、音楽の道も諦めずに二足のわらじで頑張っていたそうです。

1-3. 電通への就職

就職先は、音楽にできるだけ近い業界という事で、電通を選んだそうです。

自分の夢である「音楽で他人に勇気や希望を与える」という事に間接的にでも貢献できる可能性を感じて就職したようですが、現実は厳しいものだったようです。

電通は、最近では過労自殺などが連日ニュースで放送されていたくらいにブラック企業です。

当時から上下関係や労働条件は非常に厳しかったようで、かなり苦労されていたようです。

心のよりどころは自分の音楽への情熱だったようで、仕事がかなりしんどい状態にも関わらず、仕事外のところで音楽活動をしていたようです。

しかし、そんな状態は長くは続かず精神的にも肉体的にも限界に達しました。

病気になったのです。

難治性の炎症疾患で、仕事を休職する形になりました。

1-4. インターネットビジネスへの挑戦

病気になったことがきっかけでインターネットビジネスに挑戦することになり、日本中にフリーエージェントをたくさん作ることを使命として現在も様々なノウハウを世に排出しています。

2. 藤沢涼さんの生年月日・誕生日

藤沢涼さんは、1979年に鹿児島で生まれて今年で39歳です。

後述しますが、家族の情報が結構乗っていたり、かなりプライベートな内容がSNSに挙がっていたりするのに、誕生日はどこを探しても載っていません。

こだわりなのか理由は特にないのかはわかりませんが。

3. 藤沢涼さんは結婚している?彼女はいるの?

藤沢涼さんには、奥さんと子供がいます。

奥さんは非常に綺麗な方でモデルかと思いました。

お子さんは二人いて、4人家族ですが、すごいのが全員顔出し有りで藤沢涼さんのサイトやブログSNSに登場することです。

ビジネスにおいては、ほとんどの場合ネット上で良い評価も悪い評価も上がります。

特に大勢の方に影響を与えるようなビジネス形態をとっている人(セミナーやコンサルティング・塾などの様なビジネス)は、たとえ多くの人に結果を出させることができたとしても、一部のできなかった人から誹謗中傷を書かれたりします。

そのため、多くの場合にはSNSなどにプライベートを載せません。

載せるとするなら、ブランディング(自分の事をすごい人に見せかけるための行為)のために、高い車を買った写真や高級ホテルなどを載せます。

個人的にはそれが非常に苦手で、好感を持てないのですが、藤沢涼さんはそういったものとは真逆の投稿が多いので、非常に好感を持てます。

奥さんとの出会いについても、ホームページに書かれており、その小説の様な恋愛からも家族への愛が感じられました。

まとめ

今回は、藤沢涼さんについて色々な情報を見てきました。

家族を愛する非常に優しい印象を受けるとともに、少しだけ違和感も感じました。

それは、

「実際にはどのようなビジネスを行っている人なのか」

という事があまり見えなかった点です。

多くの場合、「アフィリエイト」「転売」「FX」などの様に、どのようなビジネスをやっているのかが見えるものですが、藤沢涼さんには、それがあまり見えませんでした。

私が探す情報が少なかったのかもしれませんが、過去に調べた他の人と比べるとわかりにくいのは事実です。

「Ryo’s Party」と呼ばれる家庭教師スタンスで、しっかりとマンツーマンで教える制度もあるようですが、その内容については不確かなものでした。

その辺りの違和感は多少ありますが、人としては非常に魅力を感じる部分が多いので、是非今後メルマガなど実際に深い部分の情報を取っていこうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です