たった一人で161億円も稼いだ吉村圭悟の会社情報は?

朝、起きたくない時ありますよね。

毎日?

お昼寝したくなる時もありますし、雨だと仕事に行きたくないですし、晴れると遊びに行きたいもの。

そんな生活したくないですか?

「そんなの無理に決まってる」

そう思ったあなたには、確かに無理かもしれません。

ただ、現在世界中に、そうした「好きな時に好きな場所で好きなことをして生活している」人たちが沢山増えているんです!

むかしの文豪のように温泉でゆったりと過ごすのもよし。

サーフィンをしたり、ビーチでゆったりでもOK。

高級ホテルでゆっくり過ごすのもいいかもしれません。

世界中を旅してスキューバダイビングをしている人もいます。

実は、こうした人たちにはある共通の法則があって、それを実践すれば、誰でもこうした生活ができるのです。

今回は吉村圭悟さんという人物にスポットを当てて、その秘密を見て行きたいと思います!

1. 吉村圭悟は会社の社長なの?

吉村圭悟さんは、ファイナンシャルプランナーという概念を日本に持ち込んだ人です。

現在では「ファイナンシャルプランナー」といえば有名ですよね。

将来の設計や、計画を立てて、お金の使い方などを教えてくれる専門家です。

吉村さんは、このファイナンシャルプランナーの専門会社を設立され運営されています。

吉村さんがこの会社を設立されるまでの経緯を、まずはじっくりと見て行きましょう。

吉村圭悟さんは、もともとはごく普通の営業マンでした。

生命保険を販売する営業マンです。

現在はメットライフ生命となっている、当時アリコジャパンと呼ばれていた会社に在籍されていました。

外資系の生命保険会社です。

「保険の営業」という、下手したら誰でもなれる仕事です。

そして、ものすごく大変そうな仕事。

苦労ばかりが多くて、みのりが少なそうな仕事ですよね。

保険の営業の方で、たくさん売り上げをあげている人を見ると、口がうまくてしつこいイメージです。

そんな仕事をしている吉村圭悟さんが、一躍大成功したというのはなぜでしょうか。

その大成功とはなんでしょうか。

実は、吉村圭悟さんは、三年連続営業成績世界一という驚くべき快挙を成し遂げられます。

三年連続です!

世界一です!

これはものすごいことですね。

どれくらい売り上げたら世界一になれるのでしょうか。

なんと、吉村圭悟さんは年間161億円もの売り上げをたった一人で達成し、伝説を打ち立てます。

161億円です!

サラリーマンの平均生涯収入の50倍です!!

ごく普通のサラリーマンだった吉村圭悟さんに、いったい何があったのでしょうか。

この秘密を探れば、誰でも同じように成功できるのでしょうか。

それとも、吉村圭悟さんにしかない才能やスキルなのでしょうか。

吉村圭悟さんは、実は現在新たなプロジェクトに関わっておられます。

そのインタビューのなかで、この大成功について、あっさりと「座右の銘である一期一会を実践したからだ」とおっしゃっているのです!

これはどういうことでしょうか。

吉村圭悟さんが161億円を売り上げたのは、三菱はじめ大手銀行など大企業からの多くの契約を取れたからだと言います。

しかも、それは口コミでひろまったのだともいうのです。

これらを踏まえて考えると、「一期一会」で出会いを大切に、一人一人に対し誠実に向き合ってきた結果、大きな信頼が生まれ、それが口コミとなって161億円もの売り上げにつながったと考えられます。

実際、吉村圭悟さんは利益や見返りにかかわらず、出会う人一人一人、大切に向き合ってきました。

こうした「当たり前」のことをきちんとできることが、161億円にものぼる売り上げにつながったのです。

さて、161億円もの売り上げを上げ、世界一の称号を得た吉村圭悟さんですが、生命保険業界のあり方には疑問があったようです。

そのため、メットライフ生命を退社し、自身でファイナンシャルプランナーの会社をたちあげたのです。

吉村圭悟さんは、サラリーマンやOLの将来設計にしっかりと携わり、不安のない人生を歩んで欲しいと願っていました。

その中で、「お金を稼いで貯蓄しておくだけではなく、それを増やしていく」というニーズがたくさんあることを知ります。

こうしたニーズに応えるために、吉村圭悟さんは「投資」に関しても勉強されます。

その上で、ご自身もプロトレーダーとして本場キプロスに拠点を移し、活動を開始。

それから8年間、現在まで一切負けがないといいます。

こうした生命保険の営業マンとしての経験と知識、技術、ファイナンシャルプランナーとしての経験、さらにプロフェッショナルのトレーダーとしての知識と経験を活かし、「金融アドバイザー」としてセミナー講師などの仕事もこなされます。

全国でのべ3000回にもおよぶセミナーを開催し、累計1万人の受講者をほこるのです。

2. 吉村圭悟の会社の事業内容は?

吉村圭悟さんが立ち上げたファイナンシャルプランナーの専門会社の名前は公表されていません。

ただし、独立当初はバブル期であったことも影響し、主に「相続税」についての相談を受けていたといいます。

当時は相続税に関する問題が多く、そうしたニースが多く寄せられていたようです。

3. 吉村圭悟は何をしているの?

さきほども少しお話しした通り、吉村圭悟さんは現在新しいプロジェクトを立ち上げて準備をされています。

このプロジェクトも、吉村圭悟さんの今までの金融アドバイザーとしての能力を十二分に発揮できるもので、トレードの世界の「新たな秩序」を作り上げたと言ってもいいかもしれません。

を合わせて「インテリジェントシステム」と言います。

それではこの新プロジェクトについて、少し見ていくことにしましょう。

新プロジェクトの名称は「THE FINTECH2018」です。

フィンテックとは、ファイナンシャルとテクノロジーの造語で、「金融テクノロジー」とも訳されます。

実際、このプロジェクトは「金融テクノロジー」そのものだと言えます。

このプロジェクトの基礎をなす三つの要素は「仮想通貨」「FX」「全自動売買」です。

これらを合わせて「インテリジェントシステム」と言います。

まず「仮想通貨」について説明しておきましょう。

「仮想通貨」は、2009年に生まれた「ビットコイン」が昨年末250万倍に高騰したのがきっかけで大ブームとなっているものです。

今年1月には、申請中の取引所「コインチェック」から500億円分もの「ネム

という「仮想通貨」が流出して再び話題となりました。

その頃140万円近く値のついていた「ビットコイン」は、この事件をもとに70万円程度にまで下落。

2009年から昨年末に250万倍に値をあげたわずか数ヶ月で、半額程度にまで値が下がったのです。

こうした価格の乱高下が「仮想通貨」の魅力でもあります。

想像してください。

2009年のうちに100円でも買っておけば、昨年末に2億5千万円にもなっていたのです。

1000円買っておけば25億。

10000円買っておけばなんと250億です。

「仮想通貨」には現在6000種類もの数があると言われています。

この中から、新たに何百万倍にもなるものが出てくるのではないかと、にわか投資家が躍起になって探しているのが現在の状況です。

というのも、「仮想通貨」にはプロの投資家の参入が遅く、ほとんどが素人の状態。

こうした状態では、些細なことで市場が大きく動揺するので高下が激しくなってしまいます。

プロが大きく参入してくると、些細なことで動揺が減るので、安定すると見られています。

さらには、「法的整備」が遅れていることも理由のひとつです。

法律で縛られていないため、「ストップ高ストップ安」というものがありません。

そのため、どこまでも上がり、どこまでも下がるという性質を持っています。

今後、法的に整備がなされていくのはほぼ間違いなく、そうした中で、6000種類もの「仮想通貨」は確実に淘汰されていくでしょう。

現在もっとも市場に流通しているのが「ビットコイン」です。

昨年は日本で6000店舗でしか使えなかったビットコインですが、今年になって60万近い店舗で使用が可能。

「仮想通貨」のなかでも、揺るぎない位置を占めていると思われます。

このビットコインであっても、今後の伸びはまだまだ無限にあると言えます。

その理由は、「仮想通貨」が作られた理由によります。

そもそも「仮想通貨」は、サトシ・ナカモトなる人物の論文に基づいて作られています。

その第一の目的は、「両替の必要がない、世界で使用でき、流通する通貨の確立」です。

誰でも、海外旅行へ行くと買い物をするのにも、ホテルに泊まるのにもカードを使うか、お金を両替して使うと思います。

こうした不便をなくそうというのが「仮想通貨」です。

個人の旅行でも面倒な両替ですが、貿易ともなると、大変な労力とタイムラグを発生させることになります。

こうしたことを防ぐために「仮想通貨」はうまれたのです。

こうした揺るぎないニーズと目的がはっきりしている以上、簡単に衰退していくような類の「バブル」とは違うといえるのです。

そして「FX」です。

これは外国為替相場で現在も行われている手法ですが、「レバレッジ」というものがあります。

これは「テコの原理」と翻訳され、少ない資金で大きな取引ができるのが特徴です。

通常であれば、資金が5万円であれば、5万円分の取引しかできませんが、レバレッジであれば、5万円で大体1万ドル(=105万円程度)の取引ができます。

そのため、少ない資金で利益が大きく入ってくるのです。

こうした「仮想通貨」「FX」には、もちろん大きなデメリットもあります。

「仮想通貨」にしても「FX」にしても、勝てば大きい分、負けるのも「大きい」わけです。

外為のFXでは、資金が少ない人がやるので、負けた時には必ず借金を背負うことになります。

こうした大きなデメリットを防ぐのが、「全自動売買」です!

AI(人工知能)を用いて、24時間タイミングにいい時に全自動で取引してくれるので、「負ける」ということがありません。

そもそも、投資で負ける原因は「欲」です。

「もう少し! もう少し!」と思っている間に大損するのが世の常です。

AIにはそうした「欲」がありませんので、たんたんとタイミングを見て取引を繰り返します。

その結果、コツコツと利益を上げ、複利によってさらに利益を上げ続けるのです。

ここで重要なのがAIの精度です。

AIが悪ければ、このプロジェクトもパァです。

そこで、吉村圭悟さんは20億円もの資金を投入し新たな最新式AI「AGI」を完成させました。

これは、ひとつのことに特化して作られていたAIの特性を、さらに柔軟にし、どんなものにも対応できる独自に成長する人工知能です。

それに加え、100名からなるプロトレーダースタッフがAGIの取引を監視。

不測の事態に備えます。

このスタッフは、吉村圭悟さん自身がヘッドハンティングしたプロ中のプロばかり。

笑顔があふれる環境で、吉村さんの人柄がよくわかります。

これにより、仮想通貨とFXのデメリットを完全にカバーし、メリットだけを生かすことにせいこうしたのです!

4. 吉村圭悟の評判を教えて!

吉村圭悟さんの評判ははっきりしています。

吉村さんを知っている人ならば、みな口を揃えて「信頼できる」というでしょう。

なんせ、その信頼だけで161億円もの金額を売り上げた人ですから。

キプロスに常駐している100名のスタッフも、みなそうのように吉村さんをたたえています。

まとめ

今回は、吉村圭悟さんの経歴や会社などを見ながら、その成功の法則に迫りました。

吉村圭悟さんの成功の秘密は「信頼」です。

利害に関係なく、誰であっても見返りを求めず接する人柄が、何年にもわたって信頼を堅固なものにし、161億円もの大成功につながったのです!

今回の新プロジェクトは、参加するだけで、毎日7万円が振り込まれるというすごいものです。

ですが、ここまで読んでくださった方なら、それが嘘ではないことがお分かりのはずです。

吉村圭悟さんは、何年もの間金融に携わり、金融アドバイザーとして、プロフェッショナルのトレーダーとして、投資の裏の裏まで知り尽くしているからこそできる盲点をついた究極の方法ともいえます。

このプロジェクトが始動すれば、本当に毎日利益が入ってくることも夢ではなくなるのです!

これからも、この情報には敏感にチェックが必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です