カリスマトレーダー吉村圭悟のノウハウを学びたい!彼の塾に入るにはどうしたらいい?

世界的トレーダーとして、そしてファイナンシャルプランナーの第一人者として世界各国に招聘されてセミナーを開催する吉村圭悟さん。彼が開催したセミナーではどんなことを話しているのか?そして吉村さんが開催した塾で負けないトレードと言うものを学ぶことができるのだろうか?あまり塾の開催の噂も聞いたことがないですが、吉村圭悟さんが塾を開催しているのかどうか調べてみました。

1. 吉村圭悟の塾ってなに?

吉村圭悟さんは海外で年間27カ国を訪問してセミナーを開催しています。彼が抱える生徒数は全国で1万人と言われていますので、かなり大規模なセミナーであることがわかりますよね。ただ、日本で言う”塾”と言うものとは少しイメージが違うかもしれません。実際、吉村さんが在住しているのがキプロス。セミナー開催を行うのは世界各国ですから、一か所に滞在して塾を開くということは時間的に難しいと思います。

1年間で27カ国を回るということだけでも時間が足りないというのに、吉村さんは新システムの開発リーダーを任されていることもあって定期的にキプロスのシステム開発会社に行かなければならないと言うこともありますから、やはり塾を開くというのは難しいでしょうね。

吉村さんが、トレーダーとしてデビューする前、まだ日本で生活をしていた時は、日本国内でコンサルタントやセミナーを開催していました。しかし塾を開いたという話は聞いたことがないですね。彼が当時日本で開催していたセミナーはファイナンシャルプランナーに関してのもの、参加者は個人の人もいたでしょうが、多くは対企業向けのセミナーだったようで、セミナー会場で講演をすることよりも、企業に赴いての講演と言うものも多かったようです。

2. 塾とセミナーってどう違うの?

ネットビジネスだけではなく、セミナーや塾などはいろんなジャンルで開催されていますよね。二つとも指導を受けるということで似たようなものだとは思いますが、いったいどこが違うのでしょうか?

2-1. 塾とセミナーでは開催の期間が違う

まず、思い浮かぶのが塾やセミナーへの参加期間、開催期間の違いです。セミナーの場合は比較的短いことが多く、ほとんどのセミナーは単発の1day開催となっています。しかし、塾の場合は、予め計画されたカリキュラムに基づいて指導していくという形式をとりますので、短くても1週間、長期間に及ぶものならば半年~1年かけて指導を受けるということも珍しくありません。セミナーの場合も合宿セミナーのような形で、どこかで合宿しながら勉強を行うというタイプのものもあります。この場合は1週間程度のものが多いです。合宿形式の場合は名前はセミナーですが、実際内容は塾とセミナーの中間点っていう感じになるかもしれませんね。

2-2. 入会が必要な塾と体験目的のセミナー

塾で指導を受ける時に必要なのは、入会すること。塾に入会入校することによって、その塾生となり指導を受けることができます。いわば学校に近いのが塾ですね。セミナーの場合は特に入会や団体に所属する必要というものはありません。外部の人間でもセミナーだけ参加することができます。それにより塾の場合は入会金が発生することがほとんど、ネットビジネスの場合、卒業生に成功者が多い塾の入会金は50万、100万と設定されているのも珍しくありません。そういう高額塾と言うのは、卒業生の多くが年収1千万円を達成していたり、目標が億万長者になるためというものですから、塾の入会金が高くても当然ですよね。

実際、塾の入会金よりも卒業後は稼げることになるのですから、最初に資金が用意できるならどんどん参加するべきだと思います。セミナーの場合は、入会金というものが必要ありません。期間が短いということもありますし、セミナーの場合は塾と違い、あくまでも体験的に話を聞くというのがメインになることが多いからです。

2-3. 指導を受けるのは塾、自力で学ぶのがセミナー

塾とセミナーの決定的な違いと言うものがこれかもしれませんね。塾は少人数制ということもありますが、塾生は指導を受けるということになるので、塾生が先生から話を聞くだけではなく、生徒の方から先生に質問をしたりしながら指導を進めていくという形式になります。しかしセミナーというのは、指導を受ける場ではなくあくまでも講演を聞くということがメインになりますので、参加者は先生が話したことを自力で理解して実践していくということが必要になります。確かに質問タイムのようなものを設けていることもありますが、先生が個々に対して的確な指導を行っていくというものではありません。

この違いを考えると、自分の場合はどっちに参加したほうが力が伸びるかわかりますよね。ある程度自分なりにビジネスについて理解することができていて、目標までの道筋も自分で計画することができるけれども、少しヒントが欲しいとか、今までビジネスをして成功した経験もあるけれども、自分が知っているビジネスの他のやり方もあるかもしれないからそれを確認したいなんて人は間違いなくセミナーに向いている方だと思います。ネットビジネスに関して全く知識がないし、どうやって稼いだらいいのか全くわからないという感じの初心者ならば、1回や2回セミナーに参加したくらいでは何も変化がないかもしれません。何度も短期間のセミナーに参加するよりも、塾に入会して一から指導してもらうことの方が結果的にはお金に関しても安くなると思います。

3. 吉村圭悟の塾に入るメリットは?

吉村圭悟さんは、現在塾を開催していないので入会することはできませんが、もしも吉村さんが塾を開くならば、確実に儲かるトレードのノウハウを指導してくれることでしょう。問題は、吉村さんのノウハウと言うものが、彼以外の人がやっても成功するかどうかということになります。 彼がトレーダーとして成功できたのは、世界で並ぶものがいないと賞賛される金融知識と豊富な金融業界、保険業界での経験があったからです。他の人がノウハウだけ学んで実践したところで、吉村さんと同じように負けることがないトレーダーになれるかどうかというのは疑問です。

そして、そのことを一番知っているのが吉村さん自身なのだと思います。その為吉村さんは自分のトレードノウハウを指導するようなメルマガも塾も開きません。世界中で開催されているセミナーについても内容は彼のノウハウというよりも、金融の将来についてや仮想通貨について、そしてファイナンシャルプランナーのことなど概論的なものが多いと思われます。吉村さんのトレードは彼以外誰もできない、それならば吉村さんと同じトレードをやればいいのです。昔ならばそんなことは不可能でした。

吉村さんが付きっきりでトレードしてるわけじゃなければ、彼と全く同じトレードなんてすることはできません。しかし現在は違います、IT技術の急速な進歩と何よりもAI(人口知能)の発達により誰でも吉村さんと同じトレードを行うことが可能になったのです。それがTHE FINTECH2018の完全自動売買システムです。自分のノウハウは人に伝授することはできない、しかし何とかして現在の仮想通貨トレードで多くの人に富を与えたい!そう考えた吉村さんが5年の開発期間と20億もの開発資金を投入して完成させたシステム。これならば吉村さんと同じトレードを行うことができます!負けなしのトレードが投資取引初心者でも実践することができるのです。

現在、この完全自動売買システムを利用してトレードを行っている人が全国に3000人いるそうです。その中で誰一人損害を出しているひとはいません。3000人が一人残らず全て成功しているというのは驚きですよね。昨年はビットコインの暴騰が大きな話題になりましたが、その反面年末のNEMショックにより仮想通貨全般が大きく暴落したのもニュースになりました日本でも報道されているのは、著名人や芸能人が仮想通貨に手を出して大損害を出したという話ばかりでした。

しかしTHE FINTECH2018に参加していた3000人は違いました。この仮想通貨大暴落の時に、スタッフの間からは歓喜の声が上がったそうです。つまり、吉村さんはこの暴落を予想していていち早く手を打っていたということになります。日本いや世界中で大きな損害を出した人が続出している中、これだけ多くの利益を上げたのはこのプロジェクトに参加してる人達だけだったかもしれませんね。吉村さんのノウハウを塾で学ぶのではなく、吉村さんと同じトレードをやることが絶対に成功への近道であることはわかりますよね。

4. 吉村圭悟の塾はどんな人におすすめ?

吉村さんは塾を開催していませんが、彼と同じトレードを行うことは先に申した通り「THE FITECH2018」の完全自動売買システムでできます。

それでは、このシステムはどんな人に向いているのか?そしておすすめなのか?まず第一にズバリお金が欲しい人です!あまりにも直接的な表現ですが、お金が欲しいならばこのプロジェクトに参加するべきです。何故なら、毎日7万円の現金とビットコインが口座に振り込まれるからです。毎日7万円ですから月収は200万円を超えることになります。お金が欲しいならばこのチャンスは絶対に逃してはいけませんよね。

二つ目に、副業はやってみたいけど時間がないという人、そして子育て中の主婦の方です。完全自動売買システムでの取引になるので、仮想通貨のトレードはもちろんのこと、資産の運用まで全てシステムが行ってくれます。参加した人は一切作業をする必要がないそうです。これならばどんなに時間が無い人でも参加することができますよね。全く作業を必要としないので子育てで働きに出れない主婦の方にも向いているシステムだと思います。

そして3つ目は、将来に不安を感じている方です。日本は相変わらず不景気のまま、そして少子高齢化により5年後10年後は今よりももっと生活しにくくなっていると思われます。年金だって支給開始が70からなんて話がでていますし、将来的には年金だけで生活できる高齢者なんて一握りの人だけになるかもしれません。ある経済学者の話では、5000万円の貯金があっても老後破産の可能性があるなんて恐ろしい話をしていました。そんな世の中を生き続けるには、ずっと働いて収入を得るしか方法はないのですが、高齢になって働けるかどうか肉体的な問題もあって厳しいですよね。しかし、このTHE FINTECH2018の収入と言うのは、永続的に保障されるものです。つまり、今参加したらその収入と言うものは自分が老後になっても死ぬまで永続的に続いていきます。毎日7万円しかし、これが最低利益です。利益は右肩上がりに増えるので10年後、20年後には一日いくらが利益になるのか見当もつかない額になっていることでしょう。もしも将来に不安があるならば、永続的な収入を得ることができるこのプロジェクトへの参加を考えてみてもいいのではないでしょうか?

まとめ

吉村さんの経歴を読んだり、彼の評判を聞くと、いかに彼が力と知識を持ったカリスマであるかわかります。彼のノウハウを知ったからと言って誰でも同じことができるわけではない!残念なことですがこれが真実です。もしも、ノウハウだけで成功するならば、世の中は成功者だらけで失敗する人なんて一人もいないでしょう。そんなことはあり得ませんんよね。吉村さんのトレードのノウハウが塾などで指導してもらえないというのは残念ですが、吉村さんと同じトレードを行う自動売買システムが完成したと言うことはわかりました。まだ詳細については明らかにされていませんが、これから日本国内で新しいプロジェクトが発表されることになるでしょう。人口知能が彼と同じトレードをやってくれるならば間違いなく損害を出すことはなさそうです。最大の稼げるチャンスなので、情報が公開されたら絶対に参加して見たいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です