吉村圭悟のセミナー被害にあったら返金を受けられるのか ?

最近、参加者が増えているセミナーの一つに、吉村圭悟という人物が主催するTHE FINTECH 2018というものがあります。

このTHE FINTECH 2018のセミナーは、仮想通貨に対するレバレッジをかけた投資手法を用いた内容を学ぶためのセミナーになっており、吉村圭悟が既に2017年から実施をして多くの人に利益を提供してきています。

なかなか給料が上がらないこの時代ですから、投資などで会社の仕事以外にも利益をどんどん増やしていきたいという人は多いはずです。

しかし、そういった時代だからこそ人間の心理に漬け込んで必ず儲かりますよといった詐欺的なセミナーを主催する人間も後を絶ちません。

果たしてこの吉村圭吾のセミナーでは、自分が被害を受けてしまった時に返金をお願いできるのか、また根本的に詐欺に会うことがないのかなどそういった機会を懸念する人のために事を調べてみました。

1. 吉村圭悟のセミナーは返金あり?

吉村圭悟が主催しているTHE FINTECH 2018のセミナーは、2018年に入ってから全国各地で開かれるようになっています。

毎回多くの参加者が集うセミナーであり、吉村圭悟も日本と、このプロジェクトのためのオフィスを構えているキプロス共和国を往復しながら、非常に多忙な毎日を送っているようです。

日本に来た時は東京や大阪などの都心でセミナーを開催して、毎回50人以上の人が集まるということもあり、THE FINTECH 2018の関心の高さがうかがえる結果になっています。

しかし投資というものは確実に利益が出る理由はなく、日本の法律でも元本保証した投資手法を持ちかけることは禁止されています。吉村圭悟のセミナーでは確実に利益が出ると言っていますが、それは本当なのかまた利益が出なかったら返金をしてもらえるのでしょうか。

1-1. 吉村圭悟のTHE FINTECH2018は軍資金を提供してもらえる

吉村圭吾のセミナーに参加した人の評判をFacebookなどで見てみると、これまで被害にあった、損失が出てしまったという意見を聞くことがないので、正直な話しでは、損失が出た場合返金が起こるのかどうかといった点を把握するのは難しくなっています。

しかしそれはなぜかというと、確実に参加した人たちにこれまで利益を提供し続けることができているからという結果であり、そもそも被害が起こらない方がはるかに嬉しいのですから、その意味ではTHE FNTECH 2018に参加する意味はおおいにあると考えられるのではないでしょうか。

なんで被害が出ないのかと言うとそれは二つの理由があります。

まず一つはTHE FINTECH 2018に参加をする際には、吉村圭悟から投資プロジェクトに必要な最初の軍資金を提供してもらえるからです。THE FINTECH 2018も仮想通貨を用いた投資手法ですから、当然ながら最初にいくらかのお金を投資してそれを増やしていくことになります。

しかし、投資をしたいけども全く余裕がないという人も実際には多いために、吉村圭悟はそう言った人たちに対して最初に必要なお金をまず提供しているのです。プロジェクトに参加しただけで、吉村からお金がもらえ、それを使った投資ができるのですから参加者にとってはこのTHE FINTECH 2018はまさに全くのリスクなしで挑める投資になっているのです。

そういった意味では自分の身銭を切って投資をする必要がないので、まず損失というもの自体がありません。

もう一つの理由としては、THE FINTECH 2018が非常に高度な人工汎用知能を用いた投資手法になっているために、確実に利益を発生し続けられているという点があります。

THE FINTECH 2018は人工知能を超えた人工汎用知能というプログラムによって行われている投資です。

現在はすでに多くの投資会社でも、人工知能を使ったトレーダーが起用されるようになってあり、既に人間のトレーダーというものは必要のない時代が到来してきています。

24時間365日投資を行うとしたら人間の場合当然ながら休息を挟まなければいけないので、常に一定のパフォーマンスを発揮することができません。

また高度なパフォーマンスを持った人間ほど、給料や自分の投資で利益を獲得した後は、仕事を退職して悠々自適な生活をしてしまうものです。

優れた人材がいたとしてもやはり投資というものに集中することは、大変人間に負荷をかけるために、どうしてもリタイアしてしまう人は多いと言えるでしょう。

そしてその代替の人材を見つけるのは体験に難しいものであり、投資で安定した利益を稼ぎ続けられる稀有な才能を持った人間は何万、何十万人に一人としか現れないものなのです。

しかしコンピューターであれば24時間365日稼働を続けさせていても大きな負荷もかからず、さらに情報をどんどん集積して解析することで、トレードに対する方針やプログラムをアップグレードしていくことも可能です。

つまり人間のトレーダーの場合は必ずしもと時が経つとともに高性能化していくとは限らず、リスクが非常に大きいのですが、人工知能そして人工汎用知能を使ったトレードの場合は時が経てば経つほど、どんどんアップグレードして儲けられる可能性も増えていくのです。

THE FINTECH 2018は人工知能を有名なFX取引会社で開発した人間によって生み出されていますから、現時点で既に安定した利益を稼ぎ続けられてきてお、りこれから先に投資する金額、投資に参加する人数が増えていくことでさらに確実な利益が生まれていることが見込まれているのです。

プロジェクトの詳しい情報はこちら!

噂のビッグプロジェクトTHE FINTECH2018は本当に稼ぐことができるのか!?

2. 返金トラブルは起きない?

吉村圭悟のこのTHE FINTECH 2018で返金トラブルが起きないかと気にする人も多いのではないでしょうか。しかし先ほど挙げたように、この投資に対しては自分に損失が起こる必要が全くありません。

最初に何万円かの軍資金を吉村圭悟から提供され、現在このTHE FINTECH 2018に参加をし続けている人は、その後毎日7万円以上のお金とビットコインを受け取り続けているのです。これだけ多くの利益をまさに無償で提供を受けているのですから、返金が必要となる事態そもそもが発生していないのです。

2-1. 返金トラブルが起きるときとは

投資関係で返金トラブルが起きるというのは、必ず何万円の利益が生まれますよと言いつつ、最初に参加者に対していくらかの参加費用を提供させ続け、その後その利益の分配がうまくいかなかった時などに起こるものです。

例えば最近有名になったのでは焼肉屋であった安愚楽牧場の和牛投資プロジェクトというものがありました。これは和牛の子供を100万円などの金額を出して買い、成長してその和牛が肉牛となった時に、数百万円で売れることで利益を分配していくというシステムになっていました。

さらに売れた時だけではなく、毎月分配金が入るというシステムだったのですが、結局その利益を分配のために新しい投資家からお金を集め続け、投資家による資金を分配に回すといういわゆるポンジ・スキームと言われる詐欺師法の典型例になっていたのです。

本来ならば肉牛を育ててその売却金が投資益になっているのですから、そのスキームを回していくことで売却益を出して、投資家に分配をしていかなければいけなかったのです。しかし、結局はそのスキームがうまくいかずに、新しい投資家からお金を集めてそれを前の投資家への分配に当てていたということで、いつかは自転車操業が発展してどこかでこのスキームが崩壊するということが確実視されていました。

結局この投資手法の内容は当初投資家に対して説明していた実態とは全くかけ離れていたものであり、そのためこの安愚楽牧場は詐欺だと訴えられて結果的には倒産することになったのです。

しかしTHE FINTECH 2018に関しては投資とはいうものの、投資家に対して逆に吉村圭悟の方が投資をすると言ってもふさわしい状況になっています。

お金を提供していないのですから、投資家が返金を訴えることはまずありませんし、その後毎日お金をもらい続けているのですから返金という発想自体が多くの人間にはないのではないでしょうか。

3. 吉村圭悟のTHE FINTECH2018に関する疑問はどこに相談すればいい?

もしこの吉村圭悟のTHE FINTECH 2018に対して疑問を持った時には、遠慮なく吉村圭悟にその疑問をぶつけて行くことができます。

吉村圭悟はこのTHE FINTECH 2018を開始する際にあたって自分のLINE@をアカウントをオープンしています。

LINE@はLINEのように個別のやり取りも出来ますし、吉村圭悟から投資家の人たちに対して何千人同時配信などもできるので、双方向性と情報拡散性の両方を兼ね備えた非常に優れたツールになっています。

きちんと個人に対する疑問や質問を解消することが吉村圭悟は義務だと感じているので、吉村圭吾本人から返答が来ることもありますし、このTHE FINTECH 2018の運営スタッフから簡単な質問の場合は返事をもらうことができるでしょう。

もちろん投資を始める際には自己責任ですから、十分に確認を行った上で吉村圭悟が本当に信用に足る人物なのかを判断しなくてはいけません。

LINE@に参加をして申し込みをするだけでもこのTHE FINTECH 2018への参加可能ですが、できるのであれば直接吉村圭吾が登壇して説明を行っている主催セミナーにご参加をし、そこで吉村圭悟から名刺をもらって会社の存在を確認したり、本人がどのような人間なのかを自分の目で見極めて参加を決意するようにしましょう。

またできる限りおすすめなのは投資家同士で横のつながりを持っておくことです。

何らかの投資手法で詐欺にあってしまって、訴訟を要するときも1人では弁護士費用が払えないこともありますし、心細い上に、ノウハウがないためにどこに相談していいかわからなかったりする人も多いのです。

しかし3人寄れば文殊の知恵ということわざもある通りに、1人ではなく2人。2人ではなく3人になることで様々な集合知が生まれます。

行動力そして資金力というものも生まれていくものです。皆投資に関しては当然ながら不安を持って臨んでいるものであり、多くの仲間同士の繋がりが生まれていればこの調子でみんな利益を出していると信じられ、THE FINTECH 2018への参加を続けていくことも簡単になるでしょう。

そういった意味でもセミナーに参加をすれば、他の投資家の人たちとの繋がりも作りやすくなるため参加をすることが是非ともおすすめと言えます。

セミナーに関してはこういった場所が初めてであり、本当にセミナーで強引に勧誘を迫られないのかと不安を持つ人もいるかもしれません。そのような時は友人などを連れて行くのもいいかもしれません。30代40代の人であれば、投資に関心を持つ人も多いでしょう。

不安があっても、しっかりと相談して投資に参加するかどうかを決めることが可能になります。

男性の場合どうしても友人どうしていると臆病者とみられると思い、1人で行ってしまう人も多いです。それで一人で行って判断力を失ってしまう人もいます。

それよりも特に臆することなく、また周りの視線を気にすることなくお金を稼ぐのは悪いことではないのですから、友人などを誘って2人3人4人と言った集団で行ってみたほうが、安心して投資が良いものかどうか判断してできるでしょう。

まとめ

吉村圭悟が主催するこのTHE FINTECH 2018は返金に関してできるかどうかという点は明らかにはなっていません。

ただし、そもそも自分がお金で投資をするのではなく吉村圭悟からの軍資金の提供を受けて投資をするために、自分の身銭を切る必要が全くありません。

そういった意味では非常に安心をして投資を始められるでしょう。

是非友人などと一緒に吉村圭悟のセミナーに参加をしてみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


吉村圭悟は現在どんな仕事をしているの?お金は稼いでいるの?

世界を震撼させる新プロジェクト!吉村圭悟のビジネスに迫る!

情報起業家の吉村圭悟は詐欺師?壮大なプロジェクトを探る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です