吉村圭悟の情報はアマゾンで探すことができるのか。それ以外の情報源は

「THE FINTECH2018」通称インテリジェンスプロジェクトという、非常に大きな金融投資プロジェクトを主催している人物。それが吉村圭悟です。「THE FINTECH2018」に興味を持っており、参加してみたいと思っているもの、このご時世ではネット上でその主催である人物がどのような経歴を持っていたのか調べるのは当たり前になってきています。その人物が怪しい経歴を持っていれば、当然投資をするのはリスクが伴います。しかしながら全く問題がなければかなり信用度が高い投資手法である可能性が高いと言えるでしょう。

そんな点から、吉村圭悟に関心を持っている人が今多いようですが、彼の情報はなかなかネット上でわかるものではありません。そこでAmazonなどで吉村圭悟の情報がわかるか調べてみました。

1. 吉村圭悟のアマゾン情報

アマゾンのウェブサイト上で吉村圭悟の名前を入力してみても、特に彼に該当するような本は出てきません。アマゾンでは著者ごとにページを分けており、その人が書いた本が一覧でわかるようになっているページもありますが、そこでも吉村圭悟の情報は出てこないために特にこれまで吉村圭悟は投資やビジネスの本を書いた経験がないということがわかってきます。

もしくは非常に昔に書いていて、売れなかったために掲載されていないという可能性もあります。

1-1. なぜ吉村圭悟は著作がないのか

残念ながらアマゾンで吉村圭悟の情報を得ることはできないようです。吉村圭悟の著作はなぜ無いのかを考えてみると、彼が自分で公表しているプロフィールからするにまず会社員としての経歴はメットライフ生命の営業マンからスタートしています。

彼は入社してすぐに頭角を現し、わずか数年後には年間100億円以上契約を獲得する世界でナンバーワンの営業マンとして活躍をしていたと述べています。最大では161億円の契約を獲得していたということです。

たとえ毎日契約を取れたとしても、それほどの金額を稼ぐのは並大抵の努力ではできませんし、まず毎日契約を取れるように顧客を探すことが非常に大変です。そんな非常に忙しい毎日の中では、とても本を書いている時間などないでしょう。特に1980年代など個人で本を出すのはまだそういったことを請け負う会社が少なかったため、非常に難しい時代でした。

会社員時代の吉村圭悟の著作がないことは、そういった仕事や時代的な背景からも納得できるのではないでしょうか。

次に考えてみたいのは吉村圭悟が社長になってからのことです。吉村圭悟は1989年にメットライフ生命から独立して、ファイナンシャルプランナーを専門に育成し派遣する会社を設立しました。自分たちの会社の中にファイナンシャルプランナーを多く抱えて、生命保険など専門に販売していく会社を作ることで利益率の高い保険商品を非常に多く売上、どんどん会社の業績を伸ばして行ったのです。

社長業ともなると、部下に仕事を全部任せてしまうことで自分の仕事は減らすことが出来るので、決断をするだけが仕事になっている人もいます。ただし、そういった社長業に専念できるのも会社が安定してからの話であり、やはり会社を立ち上げた直後というのは社長が先陣に立って働かなければいけないので、大変に多忙な毎日を過ごしていたことが想像できます。

特にサラリーマン社長として社長の座を与えられた人であれば、与えられた仕事をこなしていくだけでもよいのであり、責任を持って会社の拡大を考える必要ないのですが、吉村圭悟の場合はまさに自分で会社を立ち上げたオーナー社長です。

自分が頑張らなければ大きな業績をあげることはできませんし、自分以上に働いてくれる存在もいません。

さらに自分以上にこの会社に愛着を持っている人間もいないのですから、当然自分が全ての事をやって全部の役、社長を務めるぐらいの勢いでなければ会社を拡大することもできないでしょう。

そんな状態の中でなかなか本を執筆してもいいものは書けませんし、本を執筆して誰に売るのかということを考えれば、あまり本を書く意味がないのかもしれません。

1-2. 吉村圭悟が本を書くとしたら

吉村圭悟が本を書いていたとしたら、トレーダー時代の経験を書くことがメインになってくるのではないでしょうか。投資に関する本というものは書店に行っても非常によく並んでいますし、アマゾンでもか多く販売されています。

しかしそういった投資手法に関する本を著者がなぜ書くのかと言うと、やはり印税収入が欲しいからという理由になるでしょう。吉村圭悟の場合、わざわざ安定を求めるために本を書いていくというよりも。そういった時間があれば全て自分の会社の仕事や投資に充てる時間にしていきたいという考えがあったのかもしれません。

2. 吉村圭悟の本はビジネスに役立つの?

吉村圭悟の本はビジネスに役立つのかというところですが、吉村圭悟が実際には本を自分で書いていたりはしないので、彼の書いた本を読んだりして学ぶことはできないでしょう。

2-1. 吉村圭悟が本を書く代わりにセミナーをしている

しかし吉村圭悟は自分からの情報発信や著作活動的なことを全くしていなかったわけではありません。

吉村圭悟の最も大きな世間に対する貢献の話では、日本にファイナンシャルプランナーという仕事を定着させたことになるでしょう。

吉村圭悟はファイナルシャルプランナーの育成のために、なんとこれまで3000回以上のセミナーを開催してきたということです。3000回のセミナーということは、年間100回以上こなしてきたということであり、3日に1回はセミナーをやっていたことになります。そして吉村圭悟のセミナーを受講して旅立っていたファイナンシャルプランナーの数は、1万人を超えるとも言われており、日本のファイナンシャルプランナー業界の礎を築いた人物こそがまさに吉村圭悟なのです。

吉村圭悟が1989年に、ファイナンシャルプランナー専門会社を設立した時にはまだファイナンシャルプランナーというものは、日本で国が認める国家資格ではありませんでした。名前から分かる通りに、ファイナンシャルプランナーというのは海外から入ってきた資格ですが、海外では当たり前に行われている人生のプランニングというものを専門的にできる人間がまだまだ当時の日本にはいなかったのです。

しかし吉村圭悟はそういったブルーオーシャンを自分で開拓していくことによって、大きな利益を上げファイナンシャルプランナーがついに国家資格として認定されるまでに至りました。そういった吉村圭悟の活動が認められたということは、彼が自分の本を残す以上に非常に大きな役割を世の中に対して働きかけてきたということになります。

3. 吉村圭悟の情報はどこを探せばわかる?

本などで情報を集めることはできませんし、吉村圭悟のセミナーはファイナンシャルプランナーに関する仕事をしていないと受けられないために、なかなか自分で積極的に吉村圭悟にアプローチしていくことは難しいかもしれません。ではどうすれば吉村圭悟の情報を積極的に自分から集めて行くことができるのでしょうか。

非常に簡単な方法としてはTHE FINTECH2018のホームページからアプローチするという方法があります。

3-1. 吉村圭悟にLINE@でアプローチする

吉村圭悟はTHE FINTECH2018のホームページから見ていると彼のLINE@が二次元バーコードで記載してあります。その二次元バーコードをスマホで読み込みすれば、吉村圭悟が主催しているLINE@に簡単にアクセスできます。そしてそこから彼のLINE@に参加をしてみれば、毎日吉村圭悟から情報が送られてくることになるでしょう。

もちろんLINE@とLINEは共通する点もあるので、自分から積極的にアプローチをすれば吉村圭悟に対してこういった情報を教えてください、こういった部分の質問がありますといった気になる点を細く聞き取ることが可能です。

LINE@はLINEの持つ双方向性と、さらに一斉情報配信という一方通行性の両方の特徴を持ったツールになっているので、最近では色々な企業や個人がLINE@を使って情報発信をするようになっています。

吉村圭悟のことが気になるのでしたら、まずホームページを見てそこからラインアットの申請をすれば様々な情報が送られてくるようになり、そこからTHE FINTECH2018に関するセミナーを参加したり、詳しい情報を獲得したりすることもできるようになるでしょう。

4. 吉村圭悟の現在を詳しく教えて!

そんな吉村圭悟ですが、実は今日本に拠点を置いているわけではありません。では彼は今いったいどこにいるかと言うと、キプロス共和国というところでビジネスを展開しているのです。

4-1. 吉村圭悟が現在在住しているキプロス共和国とは

キプロス共和国とは、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の中にある地中海に浮かぶ小さな共和国になっています。キプロス島という島全体がキプロス共和国になっており、最近ではタックスヘイブンの拠点などでも有名になりました。

つまり経済に関する自由度が非常に高い国であり、数々の会社を国に招くことによって経済的な収入を得ているのです。

仮想通貨に関しても日本で仮想通貨で利益を出した場合、数千万円の利益を得た段階で、累進課税制度によって課税されてしまうので、最高で50%近い所得税を取られてしまうという非常に美味しくない点があるのです。

そんな仮想通貨に対する法制度の整備がされていない日本で、仮想通貨投資をすることは決して得策ではなく、それよりも環境が良く電気代も安くて会社を経営しやすいキプロス共和国の方が、仮想通貨ビジネスを展開するのには適していると言えるのです。

いくらキプロス共和国での運営にメリットがあると言っても、個人ではなかなか100人以上にもなるチームをまとめ上げて、そういったよく知らない国にオフィスを構えるビジネスはやりたくてもやれないでしょう。

しかし吉村圭悟ほどのビジネス展開力、そして行動力がある人間であれば、数々の有能な人材を自分の力で揃えて、そのメンバーをキプロス共和国に招いてビジネスを展開していくことだって決して難しいことではないのです。

それだけビジネスを引っ張っていく力がある人間である、吉村圭悟を信用してTHE FINTECH2018に参加しても良いと思っている人は今後どんどん増えていきそうです。

また実際に吉村圭悟のTHE FINTECH2018に参加をした人は、3月に情報公開が行われていたらどんどん数が増えています。仮想通貨とFXというリスクの高い投資手法を人工汎用知能を使って安定した利益を獲得していくというこの投資手法は、まだ世界でもほとんど実行された実績がありません。それだけに今からTHE FINTECH2018に参加をしているならば、軍資金や数々の投資情報などももらえて非常に先行者利益が多い投資になっているのです。

まとめ

吉村圭悟という人物のことを学ぶ時には、Amazonなどの書籍家セミナーなどではなくまず彼のホームページ、そしてLINE@に登録をすれば、簡単に彼から情報を得ることが可能になりさらにはアプローチまでできてしまいます。

吉村圭悟は非常に多忙な人物であるために、中々本人に直に会える機会はないかもしれません。しかし、貴重な吉村圭悟に直接会う機会もLINE@をこまめにチェックしていれば掴むことができます。

自分で利益を得ていくためには当然ながら自分を変えていかなくてはいけませんし、会社員だから家族があるからといって手をまねいて見ているだけでは、全く自分を変えることはできません。一歩を踏み出す勇気をしっかり持って、まずは吉村圭悟のLINE@に以下のホームページから登録してみましょう。

そうすれば、きっとあなたの人生は1年後2年後にも大きく良いう方向に変わっているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です