驚異の企画崩壊!?吉村圭悟は2chでたたかれているのか?

今回紹介するのは、吉村圭悟さんです。

今非常に大きなオファーを展開していることで、業界でも非常に有名になりました。

そのオファーの名前は、

「THE FINTECH 2018」

というものです。

このオファーは、

「仮想通貨 × FX × AGI」

を利用した最新の稼ぎ方です。

有名になった理由としては、このオファーが毎日最低7万円を分配するという内容からではないでしょうか?

これまで私はたくさんのインターネットビジネスの商材を見てきました。

中には遺産金相続プロジェクトのような内容のものも有りましたが、それらの評判は非常に悪かったです。

相続と言いながらも、結局その文言は誇大広告であり、自分で色々と作業を必要とするものでした。

まぁ、当然といえば当然なのですが、先のプロジェクトでは、あなたに相続をする意味がありませんよね?

こういった誇大広告の商材に関しては、中身が良かったとしても、かなりの確率でネット上でのバッシングを受けます。

そして、そういった情報の多くが2chに集まります。

そのため、今回のプロジェクトが本当に良いものなのかということを、2chの情報を元に見ていきたいと思います。

1.吉村圭悟さんの2ch情報まとめ

さて、吉村圭悟さんの2chでの情報はどのようなものでしょうか?

まだまだプロジェクトが開始して間もないですが、その評判はまちまちです。

しかし、一つ大きな基準になるのは、過去の評価ではないかと思います。

これまで大きなオファーを展開していない吉村圭悟さんは、当然といえば当然なのですが、悪い評価はありません。

とはいうものの、全国の3,000会場以上で講演を行っていたり、1万人以上の教え子がいるのです。

そういった人たちからの評判がよくないようでしたら、こういったところに書かれる可能性も十分にあります。

過去に悪い評判がないことで、少なからず信用ができるのではないかと思います。

1-1. 2chの良い評判

さて、今回のビジネスでにおける良い評判ですが、やはりそのビジネスの内容になります。

具体的には後述しますので、ここでは割愛しますが、何もせずに収入が入ってくるのですから、評判が悪いわけありませんよね?

「そんなビジネス詐欺に決まってる」

普通はそう考えますよね?

ただし、それは収入の仕組みができていないビジネスに限るのです。

今回のオファーではその仕組みづくりというものが非常に重要視されています。

だからこそそれだけの評判になっているのです。

1-2. 2chの悪い評判

さて、悪い評判についてはどうでしょうか?

悪い評判も少なからずあります。

その内容として多いのは、その販売方法になります。

販売方法としては、「プロダクトローンチ」という手法を使っています。

このプロダクトローンチという手法は、最初に商品を売るのではなく、少しずつ顧客を教育して、商品や業界のプラス情報を与え、その上で商品を販売するという手法です。

この手法では、普通に営業をかけるのに比べて顧客は商品についての知識がついています。

さらに、時間をかけて他の商品との違いや購入した先にはどんな未来が待っているのかということを存分に伝えられています。

ですので、高額な商品でも売れるのです。

この手法は、インターネットビジネスにおいて常套手段であり、悪評の原因でもあります。

なぜなら、この手法であれば、中身のない高額商品を販売することも可能だからです。

しかし、実際に中身があるかないかと、この手法を使っているのかというのは、全くの別物です。

そのため、2chでの不評がこういった販売方法が主であり、実際に参加したことのない人の意見である場合には、信用すべきではないと思っています。

2.最近噂になっている「THE FINTECH 2018」って何?

さて、良い評判も悪い評判もある今回のオファーですが、実際にはどのような内容なのでしょうか?

今回の「THE FINTECH2018」は、仮想通貨を利用した投資になります。

仮想通貨といえば、今現在一番人気の投資対象ではないでしょうか?

2017年は仮想通貨元年ともいわれるくらいに仮想通貨が爆発的に人気を集めました。

たくさんの要因が重なった結果、数十倍という金額になった通貨もたくさんあります。

そして、その仮想通貨をFXで取引するというのもポイントではないでしょうか?

FXといえば、一般的には為替のトレードに使われる用語ですよね?

非常に少ない金額で投資が始められるということで、副業としての人気が非常に高いです。

このFXの特徴は、少ない金額で大きな収入を得ることができるという点でしょう。

これをレバレッジといいます。

レバレッジは、日本語でてこの原理という意味になります。

てこは普通に自分で持ち上げるよりもはるかに大きなものを動かすことができる者になりますので、その意味はぴったりと一致します。

このFXを利用して仮想通貨のトレードを行えば、どのくらいの金額が手に入るのでしょう。

為替の場合には、日本では最大25倍までの取引が可能になっています。

私は法律の専門家ではないのでわかりませんが、今回のFX会社は動画であったようにキプロスにあります。

この会社の証券口座を作るのかもしれませんが、海外の口座を作った場合には、海外のレバレッジが採用されるはずだったので、25倍以上の資金を動かすことが可能になるのではないかと思います。

数十倍という資金を動かすことができれば、それだけ小さな資金で大きな利益を上げることができるのです。

しかし、一方でレバレッジは良いことばかりではありません。

小さなお金で大きな利益を得ることができる反面、大きな損失になる可能性もあるのです。

例えば、レバレッジが25倍だったとします。

その場合、100万円分のビットコインを購入するのに、必要な資金はたったの4万円しかいらないのです。

このビットコインがその後200万円にあがれば、利益は100万円です。

ということは、4万円で100万円を得ることができました。

利率にすると2,500%という驚異的な数値です。

一方で、100万円のビットコインが50万円まで下がったらどうでしょうか?

損失は50万円になります。

用意している資金は4万円しかありませんから、46万円の赤字になってしまいます。

こういった場合にはどうなるのでしょうか?

追加証拠金といって赤字になった分の金額を払う必要が出てきます。

本来、ここまでになることはほとんどありません。追加証拠金を上回る損失を出さないように、現在のFX会社は自動で損失を確定させる「ロスカット」という仕組みが導入されているのです。

口座に入れているお金を下回る金額になると強制決済されてしまうので、例え100万円の取引が4万円でできるからといって、4万円のみを口座に入れることはありません。

ロスカットにならないように少し多めに入れておかなくてはいけません。

このように、レバレッジは良いことばかりではないのです。

上手く使うことができれば、かなり早い段階で資産を構築することができるのは確かですが、素人がむやみにレバレッジを上げて投資に挑戦すると、とんでもない損失が発生するのです。

実際に、リーマンショックなどの時には、たくさんの人が追加証拠金を払う必要が出たと聞いたことがあります。

急激な暴落で、高レバレッジの取引をしていた人は、あり得ないくらいの損失を出したのです。

そうならないためにはどうすれば良いのか?

それは、しっかりとしたトレードの能力が必要になってきます。

それこそが今回のプロジェクトの肝になるのですが、今回は自分でトレードをする必要がありません。

自分でトレードをした場合には、一般的に95%の人が赤字になって撤退するというデータがあります。

それだけ勝つことは難しいのです。

しかし今回のトレードでは、AGIによる自動売買によってトレードが行われます。

AGIとは何か?

それは人工知能を超える存在のようです。人工知能といえば、AIなどと呼ばれ、その実用化に向けてあらゆる業界の人が動いていることはご存知のことと思います。

人と同じように考えて作業をするということを目的に作られているAIは、人間よりもはるかに作業スピードが速いですし、何よりも正確に動くことが可能です。

そんなAIですが、苦手なこともあります。

それは、複数のことを同時に判断するということです。

人間であれば、パッと見た瞬間に複数個のことを考えていたりしますよね?

仕事であれば、今日は何をしようかということに始まり、打ち合わせの時間を確認したり、昨日までの作業を思い出したり。

人間の脳はそれだけすごい能力を持っているのですが、機械でこれを再現するのはまだまだ無理なようです。

そのため、未来に何が起こるのかという予想をすることも苦手なようです。

未来を予想しようと思うと、たくさんのことを一気に処理する必要があります。

起こっていないことを考えるのですから、可能性は無限にあるわけです。

それを全て現状を元に考えるという恐ろしい作業を人間は日常的にやっているのです。

投資においてそういったことを考えることは非常に重要です。

「もしも明日の雇用統計の結果が期待よりも大きく下回ったら・・・」

「要人発言があったら・・・」

「日本に大地震が来たら・・・」

相場に影響するであろうことを全て予測しておかないといけないのですから、大変な作業です。

そこでAGIです。

今回のAGIでは、100名以上のエンジニアを投入して24時間体制で情報をアップデートしているようです。

そのため、あらゆることが事前に予測され、もしもの時の対応策まで入力されているようです。

これによって安定的な利益を得ることができるといいます。

実際に8年間という長い期間で無敗のトレードなのだそうです。

3.簡単に稼げるって言うけど吉村圭悟さんもやっぱり詐欺師?

さて、なんの労力も必要としない今回のプロジェクト。

やっぱりまだ不安ですよね?

楽をして稼ぎたい。

それは心のどこかでは思っているものの、そういった商品のほとんどが詐欺です。

今回のプロジェクトも詐欺なのでしょうか?

私は、労力をかけなくても稼ぐということは可能だと思っています。

そのためにはシステム化が必要になってきます。

例えば、物販。

物販といえば作業が多い副業として有名です。

稼ぐことができるかもしれませんが商品のリサーチから商品の仕入れ、商品の販売に発送と様々な作業が存在します。

これらの作業をこなさないと収入を得ることができないのですから、普通の人であれば稼ぎ続けることは非常に難しいです。

しかし、これらの作業を例えば人に任せるとどうでしょう。

自分の作業としては最小限に抑えることができるのではないでしょうか?

例えばコンビニでも、雇われ店長を雇うことで、オーナーとして自分が働けば、することといえば店の資金の管理くらいになります。

例えば、情報商材でいえば最初に作るときに労力は必要ですが、一度作ってしまえば勝手に売れていきますので、労力がかからなくなります。

このように、労力を必要としない働き方に関しては、工夫とシステム化で何とかなるのが現在の世の中なのです。

今回のプロジェクトにおいても、それは当てはまるのではないでしょうか?

トレードには手間もお金も必要になる。

個人でトレードをしていく場合にはそうでしょう。

しかし、すでに吉村圭悟さんがそれらの労力をシステム化しているのです。

このシステムを借りることによって、最初から自分の労力をかけずに投資をすることは可能なのです。

最初の資金は必要かもしれません。

しかし、その資金に関しても今回の企画の特典としてもらえるようです。

ですので、挑戦してみる価値としては十分にあるのではないかと思っています。

まとめ

今回は、2ch情報を元に吉村圭悟さんの評判や「THE FINTECH 2018」の内容を見てきました。

個人的にも非常に興味のあるオファーですので、今後の情報が楽しみです。

是非最新の情報を追いかけていきたいと思っています。

あなたも少しでも興味を持ってもらえたならうれしいです。

チャンスはそうそうめぐってくるものではありませんので、判断材料になれば幸いです。

仮想通貨による投資は、今が一番のチャンスのように思います。

考えている暇があったら今すぐにでも行動してほしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です