渡辺雅典のプロフィールとは?隠されたプライベートも紹介!

現在では、いろいろなビジネスができる世の中になりました。特に、ネットビジネスを行っている起業家は飛躍的に増えました。

特に「渡辺雅典」は、ネットビジネスの大成功者と言っても良いでしょう。そこで今回は、渡辺雅典のプロフィールについて紹介します。

1.  渡辺雅典の年齢は?

渡辺雅典の年齢は、どこにも書いてありませんでした。見た目は40代~50代の感じがします。

ただ、表情を見るとイキイキとしており若々しさを感じます。私も、若々しく年齢を重ねるために、渡辺雅典みたいに年齢を重ねていきたいと思いました。

2. 渡辺雅典のプロフィール

それでは、渡辺雅典のプロフィールについて見てみましょう。渡辺雅典は「株式会社パンダ」の代表取締役です。

起業するまでは左官屋や植木屋など、あらゆる職業を経験してきました。そんな中、2005年にパソコンのみで、生活をしようと思い会社を退職します。

当時は、アフィリエイトの知識がない状況でしたが、2カ月間で月収「40」万円にまで押し上げることができたのです。

さらに、その3カ月後には月収「100」万円と、確実に収入額をアップさせていきました。

その後は、蝶乃舞が運営する「蝶乃塾」の講師となり、人気講師の道を駆け上がることに。のちにパンダ塾の主催を始め、多くの塾生にアフィリエイト技術を教えるようになったのです。

2013年には、インターネットビジネススキルを中心に指導する「IBS」の教頭に就き、現在も塾生の育成に力を入れています。さらに、著書の執筆経験もあり、これまでに下記の書籍が発行されています。

  • 1%の人だけがやっている会社に「使われない人」になる30のヒント
  • 応援力 感謝の連鎖を巻き起こすたった一つの成功法
  • ソーシャル有名人になるためのパフォーマンス術

経営やネットビジネスに強くなるためのヒントが書いてある本が多く、初心者からアフィリエイトを始めたい人にもピッタリでしょう。

生徒は若者から年配者まで幅広い

たくさんの生徒と写っている写真もあります。ネットビジネスの受講なので、若者だけかと思えば年配の方も受講していることが分かりました。

受講生の方も、イキイキとした表情をしている方もいて、個人的には楽しそうに学んでる感じがしました。東京都内だけではなく、全国各地で講義をしているため、いろいろな人に支持されていると言っても良いでしょう。

今後も事業規模は広がるだろう

渡辺雅典は海外でも仕事をしているため、今後は海外で支持する人も増えるはず。現在では、インターネットも発達しているため日本人以外の顧客も増えそうですね!

プライベート

SNSページを見ると、プライベートについても書かれています。現在は香港在住となっていますが、日本での活動が多いため国内を中心に活動していると思われます。

しかも、プライベート画像では、ジムに通っている画像もあり身体を鍛えていることが分かり、若々しい体を手に入れるために努力している姿も素敵です。

また、文面の内容も「ついてる!ついてる!」と文言に入っているパターンが多く、ポジティブな考えを持ち続けようとしている姿が垣間見えます。やはり、起業家として活躍し続けるためには、ポジティブなイメージは大事なのかもしれませんね!

奇抜な姿と行動が個性的で注目を集めている

奇抜な姿も、個性的で注目を集めています。例えば、髪の色をピンクにしたり、マネキンと一緒に写真撮影をしたりと、大変ユーモアあふれる人です。

そのため、1万人以上の方からフォローされている人気経営者なのです。

さらに、トイレ内や公園での撮影姿など、普通の人は撮影しないような場所で撮っている写真もあるので、興味深いものがあります。やはり、成功者は普通の人とは違うことをやっているんだなと改めて実感しました。

普通では、思いつかないようなことをやり遂げる姿に、私も惚れてしまいそうです。

3. 渡辺雅典は結婚している?

渡辺雅典は、結婚をしていないようです。SNSの情報にも「独身」と記載してありました。ただ、独身生活を送っているとしても、日常生活を楽しんでいる様子が伝わり、独身貴族を謳歌している感じですね!

しかも、友人や知り合いなど人脈もたくさんつながっているので、独身でも寂しいことはないのでしょう。現在は、結婚をしない方も増えています。

お金を稼ぎ続けて独身生活を貫くのもある意味ぜいたくかもしれませんね!

まとめ

渡辺雅典は、ネットビジネスで大成功をおさめ、スクールの教頭として活躍していることが分かりました。現在では、海外での活動も広げつつ、プライベートも大いに楽しんでいます。

私も、調べていて渡辺雅典が送っているような人生を手にしたいと思いました。個人事業主として大活躍をしたいと思っている方は、書籍を読みつつ学んでみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です