和佐大輔さんのプロフィールや展開しているビジネスを徹底解説!

 

和佐大輔さんは身体障害者でありながら、

会社を経営して年商1億円というとんでもない数字を叩き出した人物です。

身体障害という大きなハンディを持ちながらここまで成功することが出来たのはなぜなのか?

今回はこういった和佐大輔という人物について詳しく紹介していきたいと思います。

1.  和佐大輔のプロフィール

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

和佐大輔さんは

株式会社ICCの代表取締役

イデアパブリッシング株式会社の取締役

としてインターネットマーケティング業界ではかなり名の知れた人物です。

生まれは高知県中土佐町ですので、

どちらかというと田舎の生まれなのですが、

自らを「ハイパーデジタリアン」と称するほど、

デジタルを上手く活用してきた人物といえます。

誕生日・生年月日・年齢

1988年2月24日生まれですので、

現在は29歳です。

ネットワークビジネスは比較的若い年齢の方が多いのですが、

和佐大輔さんは特に若いですね。

この年でこの経歴というのはびっくりです。

経歴

和佐大輔さんは12歳の時事故で首の骨を骨折して以来、

半身不随となっています。

その為高校は16歳で中退。

そして1年後の17歳でなんと起業されています。

さらにその1年後には年商1億円を達成しています。

会社の社員は家族3人だけということで、

青年実業家としてはかなり珍しいパターンと言えるのではないでしょうか。

やはり自身に身体障害があり若干の介護なども必要となりますので、

一番信頼出来る家族をビジネスパートナーに選んだのかもしれませんね。

そして起業してから9年間毎年収益を増やしていくという伝説も残されています。

しかし半身不随である和佐大輔さんはどのようにしてパソコンを操作しているのかと、

思った方もいるかもしれません。

実は和佐大輔さんのパソコン操作は口に加えた割りばしですべて行っています。

タイピングも割りばしで行っているのですが、

そのタイピングスピードは健常者と変わらないくらい早いそうです。

先天性の障害であればそういった操作も上手くこなすことが出来るのかもしれませんが、

和佐大輔さんは後天性でありながら、

ここまで上手く操作をこなすことが出来ているというのは、

やはり自分自身の並々ならぬ努力の結果だと言えるのかもしれないですね。

2. 和佐大輔がやっているビジネス

和佐大輔さんがやっている主なビジネスは情報商材の販売です。

よくある情報商材ビジネスなのですが、

和佐大輔さんの情報商材ビジネスはやはり一味違います。

やはり和佐大輔さん自身障害を持ちながら億の金を稼いでいる人物ですので、

その内容はかなり特徴があるものとなっています。

若干良くない言い方かもしれませんが、

身体障害者である和佐大輔さんがこれだけの収益を出しているのに、

健常者である私達が出せないはずはないですよね。

もし和佐大輔さんの商材を見てそれを実践しても結果が出せないといった人は、

商材の内容を理解していないか、

人間力が足りていない証拠といえるのかもしれません。

和佐大輔さんの情報商材は、

ビジネスのノウハウ以外にも、

人間力を高めることが出来るような知識も有する事が出来ますので、

今自分自身に人間力が足りていないと感じている方には、

オススメの内容と言えるのかもしれません。

3. ビジネスパートナー「木坂健宣」との関係は?

和佐大輔さんは木坂健宣さんと共に、

ネットビジネス大百科という情報商材を作っています。

和佐大輔さんは感性的な人で、

木坂健宣さんは論理的な人らしいので、

お互いない部分を補いながらビジネスをやっていけるいいパートナーといった感じなのでしょう。

プライベートでの付き合いがあるかどうかは定かではないのですが、

これだけお互いを認め合った存在ですので、

プライベートでもいいパートナーなのかもしれませんね。

4. 和佐大輔のプライベート情報

和佐大輔さんのプライベート情報を調べてみたのですが、

詳しいことは書いてありませんでした。

移動が車椅子ということですので、

どこか出かけたりする際には誰かの介護が必要となる可能性もあります。

その為外出する際には、

家族の同行が必須となるのではないかと思うのですがどうなのでしょうか。

詳しい事がわからないのでなんとも言えないですが。

また彼女や奥様がいるのかというのも気になるところですね。

これだけ高い年商を上げている方ですし、

人間的にもかなり出来ている方だと思いますので、

パートナーはすぐに見つかりそうな感じがしますが。

まとめ

今回は身体障害という大きなハンディを持ちながらも、

ビジネスを成功させた和佐大輔さんについて紹介させていただきました。

人はどんなハンディがあったとしても、

めげずに強い心を持っていれば健常者以上に充実した生活を、

送ることが出来るというのを体現された方と言えますので、

自分自身の生き方に和佐大輔イズムを取り入れて行きたいと、

感じさせられるくらい魅力的な人物だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です