驚きの半生!和佐大輔そのfacebook活動とは?

今回は、インターネットビジネス業界でも異端の若さで成功を成し遂げた和佐大輔さんについて見てきたいと思います。

ビジネスツールとして利用しているSNSに関しても、その内容の深さが秀逸ですので、ご紹介していきたいと思っています。

1.和佐 大輔さんの経歴

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

1988年2月生まれの和佐大輔さん。

和佐大輔さんは、子供の頃は非常に活発な子供で、周りの年上の子たちにも慕われていた様です。

そして、友達もたくさんいて、元気に育っていったようです。

子供の時から、新しいことや普通の人が怖がるようなことに対する恐怖心が少ないようで、色々な事に挑戦しては(その多くは危険が付きまというもの)楽しんでいたようです。

本人は楽しんでやっていたことの様ですが、警察からご家族に連絡がいくほどの内容だったようです。

中学生のころに、怪我が原因で車いすの生活になりました。

12歳の時に事故によって首の骨を骨折した結果、頚椎損傷という障害を負って、下半身不随になったようです。

その怪我が、現在の成功の大きなターニングポイントになったようです。

車いすの生活では、普段できていたことができなくなります。

高い所のものを取るにしても、ドアを開ける事さえも。

そんな状況の中で、他人に何かをお願いしたり、気持ちを伝える事がどうしても必要になってきました。

その中で、他人に言葉を伝えるというスキルが身についてきたのでしょう。

アフィリエイターとして、そしてコピーライターとしてのちに非常に大きな結果を出されています。

その後、16歳で高校を中退して、17歳と言う若さで起業しました。

起業1年目にして年商1億円という規模にまでビジネスを大きくしました。

社員は家族3人だけだという完全家族経営の会社ながらに、9年もの期間、増収を続けており、インターネットビジネス業界で話題になりました。

そして、自分の母親にもわかるように書いたのが「ブログ解体新書」という商品でした。

それまでにもアフィリエイト商材で数百万円を稼いでいたそうですが、ブログ解体新書は、数千万円単位での収入になったようで、若くしてその才能を努力によって開花させました。

若くして成功する人の多いインターネットビジネス業界ですが、その中でも最年少グループに属する和佐大輔さんは、非常に論理的な性格らしく、同じく最年少グループに属する原田翔太さんも最初は非常に印象が悪かったと言います。

しかし、何度も会う機会があり、そのうち話せる仲になってから、その実力や人柄にひかれていったと言います。

2.和佐 大輔はSNSをやっている?

和佐大輔さんは、SNSを利用しており、facebook・twitter共にアカウントがあります。

その他、ご自身のサイトも持っており、非常に行動的に活動されています。

twitterに投稿されている内容は、非常にシンプルです。

特にビジネス感はなく、日常そのものを投稿している感じです。

ご自身の意見などは結構少なめで、ここからだと、あまり和佐大輔さんの人となりについては知ることができそうにないです。

3.和佐 大輔のfacebookは?

では、facebookではどうでしょう?

facebookは、フォロワーが8,000人以上と非常に多く、その投稿内容も多岐にわたります。

投稿内容は、非常に考えさせられる内容になっていまして、最近の投稿でいうと、

「機能的価値の限界」

という事について話されていました。

人間の仕事がAIに置き換わる。

最近よく目にする内容ではありますが、和佐大輔さんが語ると、また違う側面から物事を見れるような気がします。

そして、ご自身の話で、「コピーライター」として専門家になることは可能だったが、その事を選ばなかった。

その理由は、そうやって実力を磨いて専門家になっていった先には、「機能的価値」の争いになると考えられたそうです。

いわゆる、機能としての価格競争の様なものでしょうか?

そして、そういったことを捨てた先に自分のやりたいことを宣言して、多くの人が残ってくれたと。

そういうご自身の体験を交えて話を聞くことは、新しい価値観に触れることができるので、非常に参考になります。

その上、和佐大輔さんの先見の明にも驚かされます。

20代でそんなに先の事を見据えて、自分の今持っている技術や能力を捨てることができる人は、そういないでしょう。

和佐大輔さんの考え方、価値観を学べる場としてもfacebookがすごく活かされているとともに、和佐大輔さんが成功する理由の様なものも見えてきそうですね。

やはり、その異端の半生からか、非常に苦労もされてきているでしょうけど、普通の人には思いもつかない方法で成功してきた一人だと感じました。

まとめ

今回は、非常に若くして成功した和佐大輔さんについて見てきました。

多くの人から愛されながら、17歳と言う若さで起業。そして大成功を収めた和佐大輔さんは、今後どのようなビジネス展開をしていくのか、非常に興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です