iPhoneで使える仮想通貨のウォレットのおすすめは?その注意点もまとめました。


「iPhoneで使える仮想通貨のウォレットが知りたい」

そうお悩みではありませんか?

仮想通貨のウォレットは、持ち運びしやすいだけではなく、決済などにも使いやすいというメリットがあります。

そのため、セキュリティ性と、利便性が高く、使いやすいことが特徴です。

ですが、iPhoneのウォレットは種類が多くて何から選べばよいかわからないですよね。

そこで、この記事では、

  • iPhoneで仮想通貨が管理できるウォレットアプリ一覧
  • 仮想通貨をiPhoneで管理できるおすすめウォレットアプリ3選
  • Phone対応のモバイルウォレットで仮想通貨を管理する場合に気をつけたいこと

についてお伝えしたいと思います。

この記事を読めば、仮想通貨のウォレットの何を選べばよいかすぐに理解できますよ。

この記事で、仮想通貨のウォレットの特徴を理解して自分に合った仮想通貨のウォレットを選びましょう。

1. iPhoneで仮想通貨が管理できるウォレットアプリ一覧

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

iPhoneで使える、仮想通貨のウォレットは、大まかに分けて、

  • 取引所が発行しているウォレット
  • 取引所とは別に保管ができるウォレット

の2種類があります。

それぞれのウォレットにはメリットとデメリットがあるため、その特徴を理解して選びましょう。

状況に応じて使い分けることもおすすめです。

ここでは、それぞれのウォレットの違いと、どんなものがあるのかについて見ていきましょう。

取引所が発行しているウォレット

iPhoneで利用できるウォレットには、仮想通貨の取引所が発行しているウォレットがあります。

仮想通貨の取引所の発行しているアプリには、

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • ザイフ

などが発行しているウォレットがあります。

取引所が管理するウォレットの場合、

  • ウォレットから取引所の機能が利用できる
  • セキュリティ性には注意が必要

といった特徴があります。

ウォレットから取引所の機能が利用できる

仮想通貨の取引所が発行しているウォレットでは、取引所の機能がそのまま使えるものが多いです。

ですので、仮想通貨の売買や決済などの機能が使えるため、非常に使いやすいことが特徴です。

個人で管理するウォレットの場合、仮想通貨の売買を行うためには、

  1. 取引所のウォレットに送金する
  2. 取引所から仮想通貨を売買を行う
  3. ウォレットに再度送金する

といった手間がかかります。

取引所で売買する場合は、

  1. 取引所から仮想通貨の売買を行う

だけで完了するため、手間がほとんどかかりません。

ですので、取引を行いやすく、短期トレードなどを行いたい人はこちらを使うことがおすすめです。

セキュリティ性には注意が必要

仮想通貨の取引所が発行しているウォレットは、セキュリティ管理に注意が必要です。

取引所は、常にハッカーからの攻撃に晒されているため、ハッキングやなんらかのトラブルが起きてしまうこともあります。

そこで保管していた仮想通貨がごっそりなくなっていたなんて可能性も十分に考えられます。

記憶に新しいのが2018年に起きたコインチェックでのネム流出事件です。

これもコインチェックの中に預けてあったネムが全て流出してしまいました。

このネム自体は、コインチェックがその当時の時価相当額のネムを補填することで利用者にとって直接的な被害はありませんでした。

ですが、マウントゴックスのように、倒産してしまった場合、預けてあった仮想通貨がごっそりなくなってしまう可能性も十分にあります。

ですので、取引所の管理は、取引所の管理体制に大きく依存してしまうため、注意が必要です。

中には、仮想通貨の取引所の中に別のウォレットを準備して管理してくれるところもあります。

セキュリティ性が不安な人は、そういった機能を持っている取引所で口座を開設するのもおすすめです。

取引所とは別に保管ができるウォレット

iPhoneで使えるウォレットには、取引所ではなく、各自が管理するタイプのものもあります。

具体的には、

  • Airbitz
  • Breadwallet
  • Jaxx
  • Mycelium
  • Copay

などがあります。

これらは、取引所とは別に管理されているため、普段メインで利用している仮想通貨の取引所になんらかのトラブルがあっても、預けているところが違うため、被害を受けずに済ませることができます。

ただし、ウォレットには、

  • セキュリティ性
  • 利便性
  • 預けられる仮想通貨の銘柄

が異なります。

そのため、自分が保有している銘柄によってはそのウォレットが使えないなんて可能性も十分にあります。

そのウォレットが自分のニーズに合っているかどうかは見極める必要があります。

またモバイルウォレットでは、秘密鍵をなくしてしまうと、その中身が永久に失われてしまいます。
ですので、管理の仕方は間違えないようにしましょう。

1. 仮想通貨をiPhoneで管理できるおすすめウォレットアプリ3選

では、iPhoneでおすすめな仮想通貨のウォレットは、どんなものがあるのでしょうか。

私が独自に調査しておすすめできる仮想通貨のウォレットとしては、

  1. ビットフライヤー
  2. Copay
  3. breadwallet

があります。

では、これらのウォレットについてもう少し具体的に見ていきましょう。

①ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットフライヤーは、取引所が発行しているウォレットです。

取引所のウォレットですので、仮想通貨の取引を行いやすいことが特徴です。

さらに、ウォレットとしてのセキュリティ性が高く、取引所の利便性とウォレットのセキュリティ性の両方を求める人におすすめです。

ビットフライヤーの特徴・使いやすさ

ビットフライヤーの特徴は、仮想通貨の取引所が管理するウォレットのため、利便性が高いことが特徴です。

ウォレットとして、使えることはもちろん、

  • 仮想通貨の売買
  • 送金・決済
  • 仮想通貨の入出金

の全てを行うことができるため、非常に利便性が高いのが特徴です。

使いやすさ抜群ですが、コールドウォレットによる管理を行っているため、セキュリティ性も高く、安全に管理することができます。

ビットフライヤーのアカウントを開設していれば利用できますので、

  • セキュリティ性の高いウォレットが欲しい
  • ウォレットに送金するなどの手間を削減したい
  • 扱いやすいウォレットが欲しい

そんな人におすすめです。

対応している仮想通貨の銘柄

ビットフライヤーのウォレットで取り扱いがある、仮想通貨の銘柄は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • イーサリアムクラシック
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リスク

以上の7種類です。

ビットフライヤーのウォレットを使うメリット

ビットフライヤーのウォレットを使うメリットは、

  • セキュリティ性が高い
  • 取引所の機能が利用可能
  • 不正アクセスの被害に対する保証あり

です。

特にiPhoneで取引所のアプリの中では、ビットフライヤーのウォレットはトップクラスのセキュリティを誇ります。

  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット

を使用し、管理しています。

そのため、セキュリティ性は高いことが特徴です。

また取引所が管理するウォレットのため、取引所でできる

  • 仮想通貨の売買
  • 仮想通貨の入出金

などを行うことができることも特徴です。

また、取引所はどうしてもハッカーの攻撃に常に晒されているというリスクがあります。

もし、この不正アクセスによって仮想通貨が出勤されてしまった場合、100万円まで、保証してくれるというサービスも実施しています。

そのため、セキュリティ性や安全性が高く、iPhoneで使えるウォレットの中では、使いやすさ抜群です。

ビットフライヤーのウォレットを使うデメリット

ビットフライヤーのウォレットを使うデメリットは、ハッキングのリスクが0ではないという点が挙げられます。

どの取引所もそうですが、取引所は常にハッカーの攻撃に晒されています。そのため、ハッキングで不正アクセスを許してしまう可能性はどうしても存在しています。

ビットフライヤー自体のセキュリティ性は高いため、そう簡単に不正アクセスを行うことはできないのですが、万が一不正アクセスをされてしまったら、不正に出金されてしまう恐れもあります。

②Copay

Copay

コペイは、利用することができる仮想通貨の種類が非常に多いモバイルウォレットです。

デスクトップなどでも管理することができるマルチシグネチャを採用しているため、セキュリティ性が高いことが特徴です。

Copayの特徴・使いやすさ

対応している仮想通貨の銘柄

Copayで取り扱いのある仮想通貨の銘柄は、

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ

の2種類です。

また、個人用のウォレットと共有ウォレットなど、複数管理をできることも特徴です。

Copayのウォレットを使うメリット

Copayを使うメリットは、

  • 日本語に対応していて利便性が高い
  • ウォレットの使い分けが可能

という点があります。

中でもウォレットの使い分けができることが大きな特徴で、様々な使い分けができるため、ビットコインの用途を使い分けている人などにおすすめのウォレットです。

Copayのウォレットを使うデメリット

Copayのウォレットを使うデメリットは、ログインに手間がかかる点です。

マルチシグネチャを採用しているため、ログインをするためには、

スマホと、何か一台別の端末からの承認を必要とします。

そのため、日常の決済処理などには使いにくさを感じることもあるかもしれません。

③breadwallet

breadwallet

ブレッドウォレットは、iPhoneで利用できるモバイルウォレットの1つです。

秘密鍵を利用して保管するため、ハッキングのリスクが低いことが特徴です。

セキュリティ性が高く、機能がシンプルで扱いやすいため、初心者でも扱いやすいことが特徴です。

また、日本語対応しているため、英語だと使いにくいという人でも安心して利用することができます。

ただし、このウォレットは、ビットコインしか保管できないというデメリットもあります。

そのため、イーサリアムやリップルなど、ほかのアルトコインの保管をしたい場合は利用できないため注意が必要です。

 

対応している仮想通貨の銘柄

ブレッドウォレットで管理できるのは、ビットコインのみです。

複数の銘柄を管理することはできないため、アルトコインを複数持っていてそれを管理したいという人にはおすすめできません。

breadwalletのウォレットを使うメリット

ブレッドウォレットを使うメリットは、

  • シンプルで管理しやすい
  • 安全性は高い
  • 日本語にも対応している

という点があります。

ブレッドウォレットは、ビットコインしか管理できませんが、機能がシンプルにまとまっています。

そのため、初心者の人にとっても扱いやすく、セキュリティ性は取引所に預けているよりは確実に向上させることができます。

breadwalletのウォレットを使うデメリット

ブレッドウォレットのデメリットは、

  • 秘密鍵をなくすと、仮想通貨そのものが利用できない
  • ビットコイン以外の銘柄は預けられない

があります。

そのため、初心者の人には、使いやすいですが、複数の銘柄を管理したい人にとっては使いにくさを感じるかもしれません。

1. iPhone対応のモバイルウォレットで仮想通貨を管理する場合に気をつけたいこと

iPhone対応のモバイルウォレットで仮想通貨を管理するときには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

ここでは、モバイルウォレットを利用する上での注意点をまとめました。

具体的には、

  • 定期的なバックアップが大切
  • 機種変更には要注意
  • iPhoneの管理やセキュリティ対策も必要

があります。では、もう少し具体的に見ていきましょう。

定期的なバックアップが大切

モバイルウォレットは、定期的にバックアップを行うことが大切です。

万が一パソコンのトラブルがあった場合、データが全て失われてしまう可能性も十分にあります。

特に秘密鍵は、忘れてしまうと、そこにあるお金が永久に失われてしまいます。

ですので、紙などに保管し、無くさないようにしましょう。

オンライン上に保管すると、情報漏えいのリスクが高まりますので、避けた方が無難です。

また、モバイルウォレットはバージョンアップを定期的に行うことも大切です。

セキュリティの問題点の修正など、セキュリティについて最新の状態にアップグレードしておくことで、セキュリティリスクを下げることができます。

機種変更には要注意

モバイルウォレットで仮想通貨を管理する場合には、機種変更にも注意する必要があります。

特に2段階認証で、Google Authenticatorを利用している場合、手順をしっかりと確認しておかないと、2段階認証を行うことができなくなり、引き出せなくなる恐れもあります。

ですので、機種変更の際には、より慎重にバックアップを行うようにしましょう。

iPhoneの管理やセキュリティ対策も必要

ウォレットの管理だけではなく、iPhone本体のセキュリティ対策も大切です。

ウォレットをしっかり管理していても、iPhone自体の設定やセキュリティが脆弱になっていた場合、不正アクセスをされる原因になります。

特にオンライン上で、秘密鍵などを管理していると、そのまま、仮想通貨を盗まれてしまう恐れがあります。

iPhoneは、基本的にアップル社がセキュリティ管理をしていますので、それほど簡単にセキュリティを攻略されることはありません。

ですが、アップデートをしないまま放置しておくと、それがセキュリティの穴になり情報漏えいの原因になってしまう可能性も十分に考えられます。

アップデートは、それほど時間がかかることでもないですし、万が一それでセキュリティが破られてしまったときの損害ははかり知れません。

ですので、最新のデータになっているかどうかは常に確認するようにして、定期的なバージョンアップを行いましょう。

1. まとめ

今回は、iPhoneで使える仮想通貨のウォレットについておすすめのものを具体的に紹介しました。

大まかにいうと、

  1. セキュリティと利便性を両立させたいなら、ビットフライヤー
  2. 仮想通貨の管理をしっかりと行いたい人はCopay
  3. シンプルで管理しやすいウォレットがよいならbreadwallet

といった使い分けがおすすめです。

また、iPhoneのウォレットで仮想通貨を管理するときの注意点についてもまとめてきました。

具体的には、

  • 定期的なバックアップが大切
  • 機種変更には要注意
  • iPhoneの管理やセキュリティ対策も必要

がありましたね。

これで、iPhoneで仮想通貨のウォレットを利用したいときに、どんなことに気をつければよいのか大まかにお分かりいただけたかと思います。

仮想通貨は、常にハッキングのリスクに晒されていますが、自分でしっかりと対策を行っていけば、ハッキングのリスクを大きく下げることができます。

この機会に、仮想通貨のウォレットを作成してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です