ベンチャー企業を支援する専門とする弁護士は集団控訴も対応するの?

握手

1年間の企業件数は合計で約50,000社以上あることをご存じでしょうか??そのベンチャー企業のスタートアップ支援を専門で行う弁護士も相当数存在しています。その他にも起業への指揮調達のアドバイスやマッチング支援など、支援事業を営む会社も多数存在します。この記事では、ベンチャー企業の支援を専門とする弁護士の活動範囲について深く掘り下げてご説明いたします。

1.ベンチャー企業のスタートアップ支援とは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

握手2

法人化することが以前より簡単になってから、1円でも起業することができる時代になりました。
国の政策もあり法人税の徴収を多くする意図があるという意見もありますが、自身で起業して好きな業務を行いながら自由に生活したい!という若手起業家が増えたのも事実です。
閉鎖的な環境よりも、よりオープンに事業を展開していくのが最近のトレンドかもしれませんね。

「ベンチャー企業スタートアップ支援」とは以下のように様々な項目があります。

・ベンチャー企業へ様々な面からサポートしハンズオン支援を行う
・立ち上げ当初のビジネスプランの内容検討とブラッシュアップ
・企業の業界に相応しいクライアントやパートナーとなりえるマッチングを推奨する
・将来的な事業展開を見極め、積極的にセミナーなどへの参加を推奨する
・経理担当者や税理士など専門的な分野の人材の推奨

上記のような項目以外にも、土地柄や仕事の分野によってその支援内容がことなってきます。
一つ一つの項目はタイトルのようなもので、それぞれに付帯する詳細がぶら下がり、支援事業に携わる人材は、起業経験者や現役役員などから構成される場合もあります。
特に事業的なトラブルなどを回避するためのアドバイザーとして、スタートアップを専門とする弁護士が活躍していることをご存じでしょうか?
次項にはそのとても大切なスタートアップを支援する弁護士の支援例をご紹介いたします。

2.ベンチャー企業のスタートアップを専門とする弁護士の例は?

コーヒー

弁護士というと事件性がある案件に対して弁護する、もしくは控訴された側に立ち、被告人を弁護するという、民事や刑事事件にのみ登場する人物という見方があります。
ここでスタートアップの支援をする弁護士が、どんな役割を担うかご紹介いたします。

・設立時の発行株数の確認と確定
・創業者間の持ち株数の提案
・資金調達の条件交渉の文書化
・議事録などの重要書類の管理推奨
・商標などのブランディングの底辺の定義と推奨
・業務委託の際の知的財産権についての補助と推奨
・労働条件や雇用契約書制作の補助
・労基署に届出するための就業規則の定義と推奨

上記はごく一部に過ぎません。その業態や規模によって弁護士の役割は変わってきます。また社労士や弁理士と組んで複数名による支援活動などが行われるケースがあります。
起業家は全員が司法や資金調達、知的財産権に詳しいわけではありません。様々なメディアと通して勉強することはできますが、決してプロフェッショナルな分野まで目が行き届かないのです。

そんな時には、弁護士をパートナーとして採用し、定期的にセミナーや勉強会に参加するのも、お互いの所存や会社運営自体を深く理解するための良い方法と言えるでしょう。社長業と経営業が違うように、若干ながらもその立ち位置が違うだけで、本来共有していた将来的な展望などがズレていく可能性があるからです。対になって事業内容を報告しあい討議することで、しっかりと地に足が着いた企業が構築されていくのです。

3.ベンチャー企業のスタートアップを専門とする弁護士は集団訴訟にも対応できるのか

ベンチャー企業の支援を専門とする弁護士は、集団訴訟の手助けをすることができます。具体的には、契約書の定義と作成、締結が行えるノウハウをもっており、様々な面で集団訴訟の足掛かりを構築し、弁護という面と指揮を執るという面で控訴側を補うことができるのです。

被害者一人きりでの訴訟となりますと、その費用や精神的労力と共に弁護士も共倒れし、物理的な資金がなくなるため、被害者を救うことができない図式ができてしまいます。
集団訴訟では、多数の被害者が集まり資金提供が出来るため、大手企業を相手に集団控訴のリーダーとして活躍できます。

事件事故などの民事事件を取り扱うのと同様に、多面にわたり状況確認と説明、弁護と主張を繰り返し行う、ベンチャー企業のスタートアップ支援弁護事業は、弁護士としての様々な知識と経験を踏襲させた取り組みとも言えるでしょう。
そういった経験値が高い弁護士が、集団訴訟の弁護人として活躍することは、被害者にとって心強い協力者であることは間違いございません。

ベンチャー企業のスタートアップを専門とする弁護士 まとめ

弁護士

ベンチャー企業の起業時は、様々なトラブルが発生する可能性があります。
実際の起業家や協力者が周りにいても、実際に法的な事や弁理士から学ぶ知的財産などの細かい問題点、社労士と相談する不動産などの財産管理など、一般的な日常の生活とは異なる項目に囲まれる瞬間が必ず発生します。

ベンチャー企業の開設時の起業管理をする適任者は、弁護士をはじめ、上記にあげた専門分野のスタッフと協力者に委ねることで、スムーズに起業することができるのです。

また、事業でのトラブルからの回避方法や、民事的な裁判になりかねない事業でのトラブルについても弁護士に頼ると良いでしょう。
起こってしまってからは解決がつきにくい状況もあるかもしれません。常にリスクと隣合わせの起業家という立ち位置を、平穏な暮らしへ導くのものパートナーとなる弁護士の立場の人間でもあります。

司法や経済の動向を深く理解し、優しく丁寧に教えてくれる「弁護士」という職種は、無限責任であるからこそ、儲けや心の裏を伺いなら接する、商業的職種ではないのです。
心のケアや起業家の人生をバックアップしてくれる、人道的な支援者として理解しても良いでしょう。

未来の経済と情報社会に繋がる雄大な企業育成のためにも、強い弁護団と企業家で形成される、創造的な人材育成が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です