蝶乃舞がミリオネアになりえた軌跡をたどる初期のアメブロ

女性の社会進出は珍しいことではなくなりましたが、蝶乃舞さんのように億単位のお金を稼ぎまくる女性となると日本でも有数ですよね。そんな彼女がブログやSNSを通して伝えたいことはいったいどんなことなのでしょうか?

1.蝶乃 舞の簡単な経歴

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

蝶乃舞さんの公式プロフィールに記載してある肩書だけでも

遊雅セレブリティ株式会社 代表取締役社長

一般社団法人インターネットビジネス適正機構協会 代表理事

一般社団法人日本作家協会 代表理事

まさにスーパーウーマンともいえる彼女ですが、決して順風満帆な人生を送ってきたわけではありません。蝶乃舞さんの本名は高嶋美里さん。幼少の頃からデキる子だったようですね。彼女は最近話題になることが多いリケジョ早稲田大学の理工学部出身です。大学受験でも独自で編み出した整理術で時間効率を追求、ここら辺からして普通の人とはちょっと違いますよね。普通の受験生ならば、自分のやり方なんか考えずに、本に書いてある誰かの勉強法のマネをしてしまう人がほとんどですから。こういったところに天賦の才というのが現れてくるのでしょう。

せっかく自分で効率的な勉強法を編み出した蝶乃さんは大学卒業してから予備校講師になりますが、体調を崩して退職。そしてウェブデザイナーに転職します。虚弱体質でも家で仕事を完結できる、そして自分のペースで仕事を進められるウェブの仕事は蝶乃さん曰く天職だったのですが、出産を機に退職してしまいます。彼女自身は育児をしながら仕事を続けたかったということですが、生まれたのが双子、そして障害をもっているということで仕事を続けられなくなってしまいます。やはり女性の社会進出のネックになっているのが子育てなんだなってつくづく感じてしまいます。

これほど能力の高い女性が仕事を続けられなくなるなんて、日本の社会にとっても大きな損失ですよね。仕事と育児を両立させるため、蝶乃さんは自らネットでビジネスを始めます。これが成功し、現在はコンサルタント業を中心とする彼女のビジネススタイルを確立しました。実際、ウェブデザイナーが天職ではなく、コンサルタントの方が彼女にとって天職だったのかもしれません。彼女の経歴を見ると人生の何が失敗でどこに成功が隠されているのか本当にわからないものだなって思いますね。

2.蝶乃 舞のアメブロは?

蝶乃舞さんのアメブロは

蝶乃舞のネットで億稼ぐビジネスモデルです https://ameblo.jp/chonomai/

アメブロ開設が2005年ということは蝶乃さんがネットでビジネスを開始した初期の頃のブログのようです。2005年の初めの方の記事を見ると「携帯で年収1000万円稼ぐ蝶乃舞です」なんて自己紹介がありますね。

目標はミリオネアになることって書いてありますが、この頃はまだ億を稼ぐ女性ではなかったんですね。それでもブログタイトルには億を稼ぐって言葉を使っているので、アメブロを始めた初期の頃でも自分のビジネススタイルが成功することを確信していたことがわかります。

現在の蝶乃さんの公式ブログは蝶乃舞オフィシャルサイト http://maifan.biz/に切り替えられていてアメブロの方は2008年で更新を止めていますが、まだ閲覧はできますので、デビューしてから億超えを達成するまでの蝶乃さんの軌跡をたどりながら読むのがいいと思います。

3.蝶乃 舞はSNSをやっている?

蝶乃舞さんはFacebookやTwitterなどのSNSでも情報を発信しています

Instagramのページは調べても確認できませんでした。

高嶋美里Facebook https://www.facebook.com/cibsjp

高嶋美里Twitter https://twitter.com/maitan18

Facebookでは、写真を掲載しながら蝶乃さんの日常の近況報告をしています。Twitterの方は近況報告というよりも、今思いついたことをどんどん発言してるっていう感じですね。Twitterのフォロワー数が3600人なのに対して、Facebookのフォロワー数というのが17000人。普通はTwitterとFacebookのフォロワー数って同じくらいになることが多いのですが、Facebookの方が約5倍のフォロワーがいるっていうところは、モデルのような容姿の蝶乃さんの写真が目当てでフォローしてる人が多いのでしょうか。

ファンククラブもありますから、ちょっとしたアイドルって感じですよね。ブログの公式プロフィールでは出身地も現在の在住地も記載されていませんが、Facebookのプロフィールを見ると、蝶乃さんが東京都港区出身で、今はシンガポールに住んでいるっていう情報もわかります。

まとめ

もともとデキる人だから成功したのかもしれませんが、蝶乃さんが目指しているのは自分と同じように育児しながらでも収入を上げることができる女性を育成していくこと、そう簡単にミリオネアの仲間入りはできないかもしれませんが、彼女のブログやSNSを通して声を聞くことで自分が成功するまでの道筋が少しづつ見えてくるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です