吉村圭悟の主催するTHE FINTECH2018に参加してみたいけど条件ってあるの?

THE FINTECH2018が話題になっているようですが、実際このプロジェクトってどんなものなのでしょうか?何も作業をしなくても毎日お金がもらえてしまうなんていきなり言われても、すぐには信じることができませんよね。前代未聞のプロジェクトという噂のTHE FINTECH2018がどういったプロジェクトなのかその中身に迫ります。

1. 吉村圭悟のTHE FINTECH2018ってなに?

吉村圭悟さんが主催するTHE FINTECH2018ですが、そもそも主催者の吉村圭悟って名前を聞いたことがないっていう人の方が多いんじゃないでしょうか?海外を生活そしてビジネス拠点としているため、日本ではあまり知られていない存在の吉村さん。まずは主催者である彼のことを知らなければなりませんよね。

1-1. THE FINTECH2018の主催者吉村圭悟

吉村圭悟さんは1963年生まれの54歳。日本ではサラリーマン、そして経営者として活躍していた人です。サラリーマン時代は、外資系企業のアリコジャパン(現メットライフ生命)に入社。知名度が低いというハンデがある外資系保険会社の中で、なんと3年連続世界一の営業成績を達成しました。アリコジャパン(現メットライフ生命)は、アメリカが本社。当然、ライバルたちはアメリカの営業マンになります。アメリカでは最大の保険会社として知名度があること、そして保険については日本の数十年先を行くという保険先進国の営業マンを寄せ付けず世界一の実績を達成できたのは、彼の営業が完全に顧客メインの営業だったからと言えるでしょう。

最初は飛び込み営業から始まった保険の営業でしたが、粘り強く顧客を獲得し、お客様に対して誠意のある営業を行った結果、次々に優良顧客を紹介してもらえるようになり、いつの間にか世界一の営業実績を上げることができたと吉村さんは話しています。彼の人生における座右の銘が「一期一会」ですから、それに忠実に従った結果ということになりますよね。やはり、目先の売り上げにとらわれることなく、お客様第一の営業をすることが遠回りのように見えても最終的には結果が出るのかもしれません。

アリコジャパンを退社後、相続税のコンサルタント会社そしてファイナンシャルプランナー専門会社を運営しますが、この時にバックアップしてくれたのも、アリコジャパンの顧客の一人であった三菱グループの社長だったということからも、吉村圭悟と言う人物がいかに信頼に値する人かわかると思います。経営者として実績そして人脈を形成してからは、トレーダーとして活躍しています。トレーダーで成功を収めてからはキプロスに移住し、トレードの傍ら世界各国から招聘されるセミナー開催に追われる毎日。

日本では、あまり知られていなくても海外のトレーダーで吉村さんの名前を知らない人がいないと言われるほどですから、世界中で吉村さんのセミナーに参加したいという人が溢れているそうです。そのため、彼が今までに指導した生徒は累計で10000人という破格な数!その中には億万長者になった人、有名なトレーダーとして活躍している人が多々存在しています。

1-2. 吉村圭悟のインテリジェントシステムで稼ぐ!

セミナーを累計3000回も開催している吉村さんでも、教えることができないものがありました。それが彼が成功しているトレードのノウハウです。理論的に教えることは可能でしょうが、市場と言うものは生き物です。絶えず姿を変えて動く相場に対して、セミナーで教えた知識やノウハウだけでは対応できない、それを主催者の吉村さんは誰よりも知っていました。彼がトレードで何年間も負けたことがないと言うのは、ファイナンシャルプランナー時代に培った緻密なプラン設計と、世界で右に出る者がいないと言われるほどの金融知識、そして世界でも有数と言われている極秘の情報網から成り立っているノウハウのためなので、例え、理論を教えてもらったとしても誰も真似できないものでした。

そこで、吉村さんが開発したのがAGI(汎用人工知能)を使用した完全自動売買システムです。人工知能に吉村圭悟のノウハウであるインテリジェントシステムを運用させることにより、参加者が初心者であろうと、全く金融に関しての知識がなかろうと稼げるというシステムを作り出しました。この汎用人工知能を使った完全自動売買システムが完成したことにより今回発表したTHE FINTECH2018のプロジェクトが可能になったそうです。

では、人工知能が運用するインテリジェントシステムとはどんなものなのか?これは3つのキーワードから成り立っています。仮想通貨、FXそしてAGI。AGIと言うのは今説明した汎用人工知能のことで、通常のAIとは違いマルチタスクを可能にする最新のAIとイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません。仮想通貨をレバレッジをかけてトレードすることにより、少ない元金で大きな利益を獲得することができる。そして運用はAGIで吉村圭悟の負けることがないトレードノウハウに基づいて行うので確実に資産が増やせるということになります。さらにTHE FINTECH2018では複利で利益を算出しますので、資産の増え方は雪だるま式に、まさに爆発的に増えていくということになります。

2. 吉村圭悟のTHE FINTECH2018では何をするの?

それでは、吉村圭悟さんのTHE FINTECH2018に参加したら、参加者は何をすればいいのでしょうか?答えは”何もしなくてもいい”だそうです。

トレードや資産の運用は全て人工知能で彼のインテリジェントシステムを運用する完全自動化されていますから、全ての参加者のトレードには、このインテリジェントシステムが適応されます。その為、参加者に発生する作業は全くない!これがこのプロジェクトのすばらしさですよね。

参加を希望する人の中には、家事に追われる専業主婦の方や、メインの仕事だけでは収入が不安だというサラリーマンの方も多いでしょう。政府はサラリーマンに副業を推進しているなんて言われていますが、副業に割ける時間があるサラリーマンなんてどのくらいいるでしょうか?そんな時間的余裕があるサラリーマンだとしたら、収入に関しても安定していて副業の必要なんて全くないのではないでしょうか?プレミアムフライデーだって同じこと、普通のサラリーマンでプレミアムフライデーが実施された人ってどのくらい存在します?本当一部の大企業そして公務員だけが恩恵を受けていると思いませんか?そんな時間がないサラリーマンにこそ副業が必要そして、副業をする時間すらないサラリーマンにとってこそこのプロジェクトが役に立つものではないでしょうか?

何の作業もすることがなく参加してしまえば、次の日から毎日7万円以上の配当とビットコインが手に入るというシステム。まさに前代未聞のシステムです。毎日7万円の収入ならば月収200万そして年収は2000万円以上になってしまいます。これはもう副業とは呼べない金額ではないでしょうか?そして、仮想通貨トレードがこのプロジェクトのメインワークになるので、どんどん拡大を続ける仮想通貨市場でトレードすることにより、配当も右肩上がりに増えることになります、複利での計算ですからさらに爆発的に利益が増えることもわかりますよね。最低月利100%で計算しているTHE FINTECH2018では参加したら1年後にはすでに年収1億円を超えるという計算になります。

現に、公開前にテストとしてTHE FINTECH2018に参加した人の人数は3000人。すべての人が毎日7万円以上の配当とビットコインを獲得しているのは事実ですが、テスト期間の5年間で参加者が稼いだ総額というのがなんと350億円。これだけの利益をもたらすシステムは他にはありませんよね。当然3000人の参加者の中から多くの億万長者が生まれているということも紛れもない事実です。

3. 吉村圭悟のTHE FINTECH2018に参加する条件や費用は?

吉村圭悟さんのTHE FINTECH2018が確実に儲かることはわかりましたが、どれだけ確実に儲かる、稼げることがわかっていても、大金が元金として必要ならば参加することができないと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。確かに、全てのトレードは資金が大きい方が有利。これに関しては変えようがない事実でもあります。

株式で説明したら一番わかりやすいでしょうか。例えば1株100円の株を元金10万円の人ならば1000株持つことができます。もしも元金が1000万円なら10万株を持てますよね。この株が5%上がった時、元金が10万ならば、105円×10000ですから10万5000円で5000円の利益しか生まれません。しかし1000万円の元金ならば105円×100000ですから、50万もの利益を上げることができるからです。しかし、吉村圭悟さんのインテリジェントシステムのキーワードにFXと言う言葉が入っています。仮想通貨にレバレッジを取り入れて利用することにより、少ない資金で大きな利益を得ることが可能になりました。

長々と説明してしまいましたが、それでは結局いくら元金が必要となるのか?答えはゼロです。資金に関しては全く必要はないそうです。元金は参加者が捻出するのではなく、運営側が出してくれるのです、まあ厳密にいえば、参加する人に渡す配当の一部がそのまま資金になる形といったらわかりやすいかもしれません。まさにゼロから始めることができる投資なんて今まで他にありましたでしょうか?

ただ、参加するときに参加費だけ支払うという条件があります。何故元金がゼロでいいのに参加費が必要なのか?この人工知能システムが完成したとは言え、永久にどんなトラブルも起こさずに運用されるという保証はどこにもありません。どんなに現在健康な人間でも、不意に病気にかかることがありますよね。それと同様です、完成したとは言え、システムには監視そしてメンテナンスが必要なのです。そのためにキプロスのシステム開発に携わったエンジニア達が24時間管理体制で監視を続けています。システム維持費とエンジニアへの報酬だけでも、参加する際に協力して欲しい、そのあとは一切お金がかからないということでした。

参加費は20万弱ということなので、毎日7万円がもらえるならば4日もあれば十分もとは取れる金額ですよね。それに早期参加特典では、すぐに現金50万円が作れるというプログラムもプレゼントされるので、4日も待たなくても作れるお金かもしれません。参加費さえ支払ってしまえば、あとは一生涯お金が振り込まれるのを毎日体験するだけ、ありあまった時間を何に使おうか、どんな人生を送ろうかと夢が膨らみます。

もう一つ条件がありました。吉村圭悟さんのLINE@への登録です。これは参加の前に、どうしても自分からシステムについて直接説明したい、その上ですべて理解をして参加して欲しいという吉村さんのたっての希望から参加条件になったものです。これに関しては、どうしても一歩踏み出すことができないなんて人でも、直接吉村さんに話を聞くことによって自分の参加もしくはやめることを判断することができますね。

そして、参加後には証券口座を作成することになりますが、そこは完全サポート体制で口座完了まで指導してくれるということですから、全く不安になるようなことはないでしょう。

まとめ

吉村圭悟のTHE FINTECH2018に参加した人は全てが成功者になれる!全てという言葉を使っている商材は他にないと思います。何故なら、全ての人が成功できるわけではないから逃げ道を作るためですね。この言葉を吉村さんが使うと言うことは本当に成功に導く自信と確信があるからにほかなりません。たった一歩踏み出すだけで、今までの人生が180度変わってしまう、そんな経験ができるのは今回が最後のチャンスかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です