参加するだけで毎日7万円とビットコインがもらえる「THE FINTECH2018」の評判は?!

「お金持ちになりたい」

そう思わない人はいないんじゃないでしょうか。

それも、毎日働かなくてもいいくらいお金があれば、どれほど素晴らしい人生が送れるでしょう。

「そんなこと無理に決まっている」

そう思う人はたくさんいますが、「無理」だと思う人にはやはり無理でしょう。

実際のところ、本当に何億円も稼いでリタイアしている人はたくさんいるんです。

そして、その人たちの中で、「無理」だと思った人は一人もいません。

億単位のお金を得て遊んで暮らしている人の中には、「億単位のお金を得て遊んで暮らす」ことが、「無理」だと思った人はいないのです。

さて、「億単位のお金を得て遊んで暮らす」ことを「無理」だと思わない方々にオススメするのが、今回の「THE FINTECH2018」です!

こちらは参加するだけで毎日7万円とビットコインが貰えるという、ちょっと意味がわからない企画です。

参加するだけで毎日7万円が貰えるってどういうこと?

参加費が100万円とかするの?

どうやらそんな必要もないようです。

参加に伴って必要なのは、LINE@に登録するだけでいいとのこと。

それだけで毎日7万円も貰えるなんて、どう考えても「詐欺」ですよね。

ところが、このTHE FINTECH2018のシステムの仕組みを知ってしまうと、「なるほど!」という内容。

ネズミ講などとは違って、誰に迷惑をかけることもなく、誰にはばかられることもなく、胸を張って参加できます!

たくさんの成功者が口を揃えていうのは、「成功するかしないかは、知っているか知らないかだけだ」ということ。

まさに、THE FINTECH2018を知っているか知らないかが、成功の鍵だと言っていいでしょう。

今回は、THE FINTECH2018の評判を踏まえて、その内容を詳しくご紹介します!

1.THE FINTECH2018とは?

「THE FINTECH2018」とは、スバリ「仮想通貨FX」です。

「あぁ、仮想通貨かー」

そう思った人も多いかも知れませんが、少し待ってください。

「仮想通貨」について、どれくらい知っていますか?

そもそも「仮想通貨」はどういう理由でつくられたかご存知ですか?

もちろん「投機」の対象として作られたわけではありません。

「仮想通貨」の創始者は、その実在さえ疑われている「サトシ・ナカモト」なる人物です。

この「サトシ・ナカモト」の発表した論文を元に仮想通貨は作られたのです。

海外旅行をしたことがあれば、誰でもわかるでしょうが、もちろん海外では「円」は使えません。

そのため、ドルやユーロに換金しなければなりませんし、現地で両替することも多かったのではないでしょうか。

両替しなくてもいい通貨があれば、便利ですよね。

個人が海外旅行をするだけでも、両替せずに世界中で使える通貨があれば、これに越したことはありません。

これが貿易レベルになるともっともっとその必要性は高まってくるでしょう。

両替によるタイムラグ、送金の遅れなど、現在でも問題はたくさんあるようです。

こうしたことを踏まえて作られたのが「仮想通貨」です。

「仮想通貨」は、「電子マネー」とはそう言った意味合いで全く違うものです。

「電子マネー」は、円をチャージして使うもので、実際には円が流通しているからですね。

「仮想通貨」はそれ自体が「通貨」です。

そのため、円やドルと換金することができます。

これが、「仮想通貨」が投資や投機の対象になる原因でもあります。

2009年に生まれた仮想通貨「ビットコイン」は、2009年当時、もちろん誰もその価値に気づかず、まったく値段のつかないものでした。

2011年には、少しづつその価値に気づいた人が出始めますが、値段は横ばい。

この全く価値のなかったものが、2017年12月、とんでもない高騰を起こします。

2009年から比べるとなんと250万倍という値段がついたのです!

1万円でも買っていれば250億円です。

この高騰で、1000億以上のお金を手にした人もいると言われています。

いったいどうしてこのような「高騰」が起こるのでしょうか。

それは「仮想通貨」の法整備が間に合っていないことが挙げられます。

「投資」には、株式投資や外国為替相場などがありますが、こうしたものには法整備がしっかりと行われていて、規制が厳しく、「ストップ高 ストップ安」というものがあります。

これにより、極端な高騰や暴落を防いでいるのです。

また、株式投資や外国為替相場では、多くのプロトレーダーが取引行なっているため、ちょっとしたことでは動じないこともあります。

その点、仮想通貨では多くの素人が参入しているため、簡単な噂などで大きく変動するのです。

これは「仮想通貨」のメリットでもあります。

現在は6000種類もあると言われている仮想通貨の中には、将来250万倍にもなるものがあるかも知れないということで、現在も注目を集め、たくさんの方が参入しているのです。

それでは、「FX」とはなんでしょうか。

こちらもよく聞く言葉ですが、投資に興味のない人は「言葉を知っている」程度なのではないでしょうか。

この「FX」には、円やドルを両替する時に出る差額で利益を上げる「外国為替相場」で使われる手法「レバレッジ」というものがあります。

これは「テコの原理」という意味を持っており、少ない資金で大きな取引ができるという意味です。

たとえば、資金が48000円あるとします。

これを使って外国為替相場で儲けようと思ったら、円が高い時にドルを48000円分買って、円が安くなったら買い戻すという方法で、差額を儲けるわけです。

レバレッジを使うと、48000円で約120万円の取引が可能なので、120万円分のドルを買って、円が安くなったら買い戻すということが可能なのです。

これより、差額が桁違いに大きくなることは言うまでもありません。

資金48000円で、120万円分の取引ができるのです。

この「FX」の手法を、「仮想通貨」に当てはめたのが今回のプロジェクトです。

それでなくても通常では考えられないくらいの伸びを持つ「仮想通貨」を、少ない資金でも大きく取引できると言うわけです!

さらに、今回は数ある仮想通貨の中でも「ビットコイン」を選択しています。

その理由は、これから「仮想通貨」においても法整備が進むことはもちろん考えられます。

現在は6000種類もある仮想通貨も、この中で淘汰されていくのは当然のことです。

ビットコインは、昨年は国内で6000店舗程度でしか使用できませんでした。

ところが今年に入って、約60万店舗で使用が可能となり、日常生活の中に揺るぎないものとしてすでに入り込んでいるのです。

こうした「ビットコイン」が淘汰されることは考えにくいですよね。

さらに、今年はじめ「コインチェック」から「ネム」という仮想通貨が500億も流出したという事件がありました。

この時、140万円程度の値段がついていた「ビットコイン」も、70万円程度にまで値下げ。

大暴落します。

にもかかわらず、わずか一月後には110万円台まで値段が戻るなど、「ビットコイン」に対する市場の信頼は厚く、今後も必ず大きな伸びをしめすと思われるのです!

2.THE FINTECH2018は他と何が違う?

ここまでの話をきちんと読むと、仮想通貨とFXのメリットにしか触れていないことにお気付きの方もいるのではないでしょうか。

「そんなうまい話はない!」「必ずなにか落とし穴があるものだ!」

そう思って当然ですし、おっしゃる通り、「落とし穴」はあります。

「仮想通貨」は、上げ幅が大きいことが最大のメリットです。

8年で250万倍にもなり、現在も、10倍、20倍といったことは常に起こっています。

ただし、これにはデメリットもあります。

上げ幅が大きいということは、当然下げ幅も大きいというデメリットがあるのです。

その証拠が先ほどもお話ししたコインチェックの問題です。

この時は、関係のない「ビットコイン」まで、半値まで下げたのです。

20万円の貯金があっという間に10万円になっていたら大変ですよね。

そうしたことが起こるのが「仮想通貨」なのです。

さらに、「FX」にも同様のデメリットがあります。

脱サラしたサラリーマンがFXで億単位を儲けたという話はどこにでもありますが、それを聞いた安易に手を出した素人が大きな借金をつくるのも「FX」なのです。

それは当然です。

資金は少なくても、取引自体は大きいわけです。

利益も大きいですが、損害も大きく、すぐに何百万円の単位で借金ができてしまいます。

さて、今回のTHE FINTECH2018が、他と違うのはここからです。

この大きなデメリットをそのままにしておいては、「プロジェクト」とは呼べません。

今回は、20億円もの資金をつぎ込み、「AGI」という最新式の「AI(人工知能)」を開発。

今までは「将棋なら将棋」「囲碁なら囲碁」と特化していたAIの柔軟性を高め、どのような事態にも対応できるAGIという新しい人工知能を開発したのです。

これによって、24時間取引を全自動で行います。

いいタイミングで取引をしてくれるので、負けることがありません。

仮想通貨とFXのデメリットを、これによって完全にカバーすることができるのです。

さらに、いくら最新式のAGIといえども、対応できない不測の事態は起こるかもしれません。

そうしうた場合も想定して、取引を行なっているキプロスでは、24時間体制で、選り抜かれたプロトレーダー100名が取引を監視。

完璧な体制で、このプロジェクトを支えているのです。

この「ビットコイン」「FX」「AGIによる全自動売買」を「インテリジェットシステム」と呼びます。

これが、THE FINTECH2018の真髄です!

3.THE FINTECH2018に参加するメリット

参加するだけで毎日7万円がもらえるというのは、このインテリジェントシステムを駆使して出る、安定的な利益のおかげだったというわけです。

だとするならば、このプロジェクトに参加しない方がおかしいですよね。

仮想通貨投資は利益を上げれます。

1日でも、上がったり下がったりするので、安い時に買い、高い時に売るだけで、利益をあげることができます。

海外で取引を行うことで、高い手数料を払う必要もありません。

こうしたポイントを踏まえても、このプロジェクトに参加するメリットは十分にあるといえます。

4.THE FINTECH2018の評判

このプロジェクトは、まだ準備の段階です。

そのため、ネット上には評判はまだ出回ってはいません。

ただし、その実験は5年も前から始まっていて、参加者はこの5年で3000名にもおよぶそうです。

この3000名の方が、この5年間毎日7万円以上の利益を受け取っていると言います。

さらに、キプロスで実際にこの取引を見守る100名のスタッフは、誰もがみんな口を揃えて「大絶賛」しています。

今後、プロジェクトが正式にスタートし、評判となる日が目に見えるようですね。

まとめ

今回は、THE FINTECH2018の評判を探しながら、その全体像を見てきました。

このプロジェクトのポイントは「ビットコイン」「FX」「AGIによる全自動売買」をミックスした「インテリジェントシステム」です。

この3つを組み合わせることによって、利益を拡大し、デメリットをカバーし、勝ち続けることができるシステムを作り上げたと言えるのです。

投資は、簡単ではありません。

資産を銀行に預けるよりマシだと、投資に費やして放っておきっぱなしであれば、素人もプロも関係ありませんが、「何億円も稼ぎたい!」と思ってやるなら、素人はやめた方がいいです。

どこかできちんと学ぶか、こうした機会にプロのトレードを、「知識」「経験」「技術」とも、習得するといいでしょう。

今回のプロジェクトでは、知識も学べ、経験もつめ、技術も習得でき、おまけに毎日7万円も利益が出るというもの。

これから投資を始める人は絶対ですし、そうでない人も参加するべきプロジェクトであることは間違いありません!

是非とも、今後の動向に注目して見守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です