THE FINTECH2018の被害にあっている人はいるのか?その真実は

吉村圭悟という人物が立ち上げた一大プロジェクトである「THE FINTECH 2018」。これは仮想通貨投資をFXの技術を応用して、何倍ものレバレッジをかけながら非常に大きな利益を安定して出していくためのプロジェクトになっています。最近ではそのプロジェクトに賛同し、参加をしている人が非常に多くなっていると言われています。

参加した人の多くからは「THE FINTECH 2018」で大きな利益を得ることができた。安定した利益を得ることができたなどの、非常に高評価である声が上がっています。

しかし良い評判が広がるほどそこには裏があるかもしれません。本当に吉村圭悟の「THE FINTECH 2018」は確実に利益を得ることができるプロジェクトなのでしょうか。その真実をネットの評判などから探ってみました。

1. THEFINTECH2018の被害者っている?

THE FINTECH 2018の評判は、すでにネット上で大きく広がっており、ツイッターや各種のソーシャルネットワークサービス(SNS)、また匿名掲示板の代表格である2チャンネルなどでも探すことができます。

ただし匿名掲示板の書き込みのよくある傾向として、どうしてもネガティブな評判を書き散らし人が多くなります。なぜそのようなネガティブな評判を広げたがるのかと言うと、それはTHE FINTECH 2018が非常に優れたプロジェクトだからだと言えるでしょう。

1-1. THE FINTECH2018はどのような点が優れているのか。

THE FINTECH 2018はその名前の通り、2018年になって吉村圭悟が立ち上げたプロジェクトです。仮想通貨に対してレバレッジをかけて、安定した利益かつ莫大な利益を生み出していくことを目的としています。

仮想通貨投資においては、日本国内で運用をするのは税金が高いなどあまりメリットがないので、立ち上げた当事者である吉村圭悟は地中海に浮かぶ島、キプロス島にオフィスを構えてTHE FINTECH 2018の運用を行っています。キプロス島は日本よりも仮想通貨の取引に課税される税金が非常に安く、さらに気候が良いために電力も安く、コンピューターの冷却も非常に簡単にできる環境になっています。

今中国が仮想通貨のマイニングに非常に熱心と言われている背景としては、中国は電気代が安いといった理由がありました。しかしさすがに中国政府でもそういった電力が過剰に仮想通貨投資のために使われている現場を重く見て、どうやら規制を入れ始めた様子です。お隣の韓国でも同様の規制が入っているとの報道があり、今後はアジアで仮想通貨投資家マイニングを行っていくのは、あまり得策では言えないという状況になりました。

また電気代と同様にコンピューターを冷却するためのクーラー代もかかります。そこでもともと気温が低い場所の方がコンピュータが安定稼働して、マイニングはしやすいと言われています。そういった理由から最近ではカナダや北欧などの国でも仮想通貨投資が盛り上がっているのです。

この地中海のキプロス島という島は、日本よりは北緯がかなり高いために、気温が低く安定してコンピューターを稼働させやすいというメリットがあります。マイニングをするのにも適していますし、法人税も低いので利益を得たとしても国に持っていかれることが少なく、吉村圭悟から安定して多くの投資家等に対して利益を提供することができるのです。

なぜ仮想通貨投資がレバレッジをかけることにより安定した利益が生まれるのかと言うと、それはレバレッジをかけてその直後に相場が上昇すれば、一気にその利益は何倍にもなります。また逆にもちろん下がってしまうこともあるのですが、その場合は一瞬で証拠金が0になります。証拠金で投資をしている場合は相場が下がるのは仕方ないとしても、そのダメージは非常に少なくすることができるのです。

できるだけダメージは小さくして、そして稼げるところは大きく稼いでいくことができるのが「THE FINTECH 2018」の良いところなのです。

1-2. THE FINTECH2018になぜ誹謗中傷が起こるのか

THE FINTECH 2018で実際に利益を出している人は非常に多いようです。それはネット起業家のネットワークなどでも明らかであり、THE FINTECH 2018に今参加をしない人はまさに時代に遅れていると言えるでしょう。

そんな環境の中で「THE FINTECH 2018」は先着でしか参加できないと考えている人がいるようです。人間おいしい話は独り占めしたいものであり、なかなか他の人には知って欲しくないと思うのかもしれません。

それはこのプロジェクトを立ち上げた吉村圭悟の考えとは相反するものなのですが、自分勝手に利益を独り占めしたいと思う人間が匿名掲示板などに、THE FINTECH 2018に参加するとお金が儲からない。逆に詐欺られると言った悪評を広めて、THE FINTECH 2018に参加する人間を少なくしようとしているのかもしれません。

2. THEFINTECH2018の2ch情報ある?

ではそんなTHE FINTECH 2018の2チャンネルの情報はどのようなものが広がっているのでしょう。良い評判見ていると、投資家の掲示板などから本当に毎日現金が振り込まれてきており、一ヶ月間で200万300万の利益を得ることができたという人もいるようです。また同時にビットコインを少しずつもらえるので、そのビットコインを自分で投資対象にまわしてもいいですし、すぐ換金をすればまた現金収入を得ることも可能になります。

投資センスのある人にとっては、ビットコインで儲けることによって毎日もらえる現金以外の収入がまたすぐ100万円規模になってきて、月あたりで500万円儲かった人もいるということです。

なかなか自分が儲かった話というものは、本来ならば黙っておいた方が良いなのかもしれませんがついつい人に自慢したくなってしまう人もいるものです。そういった人間の気持ちというものは非常に率直で正直なものが現れているため、実際に信頼できるものなのかもしれません。

ただし同様に悪評に関しても積極的に広まっているので、広めている人間がいることが2チャンネルの情報では分かってきます。大体同じような文体で毎日コピペのようにTHE FINTECH 2018は良くないという評判を書き散らし、ネガティブな噂を広めようとしているのでしょう。

やはり投資に対して積極的に自信を持っていける人は、初心者は少ないものです。特にTHE FINTECH 2018は普通では考えられないような非常に儲かりやすい話になっていますから、ネガティブな評判の方を信じてしまって結局は投資に踏み切れないということもいるのでしょう。初心者は確かに投資に対しては慎重になるべきという意見もありますが、それと同時に時には積極的かつ大胆に攻めていかないといけない、危ない橋をわたっていかないという投資もしないと、絶対に大きく勝つことができません。

締めるところは締めて、きちんとしていかなければいけませんし、大胆に振る舞うべき時は自分の考え方を信じて大きく飛躍していかなければいけないという時もあるのでしょう。そしてTHE FINTECH 2018に関しては非常に良い評判が信じられる筋には広がっているので、石橋を叩いて渡るのではなく、石橋を駆け抜けるぐらいの気持ちで挑戦していかなければいけません。

3. THEFINTECH2018ってどんな内容?

ではTHE FINTECH 2018とはどのような内容の投資手法なのでしょうか。THE FINTECH 2018を運用しているのは、人工知能を超えた存在である人工汎用知能、アルファベットではで略称がAGIというものになっています。人工知能を使った投資というものは最近では一般的になってきており、人工知能に運用をまかせた自動トレードを用いている投資信託やFX取り扱い会社の提供するプログラムなども増えてきています。

人工知能の最大のメリットは、やはり人間のように感情や体調コンディションによって取引内容が左右されないところでしょう。

3-1. なぜ人工汎用知能は優れているのか

どんなに優れたトレーダーだとしても、やはり集中力が途切れるときはありますし毎日が絶好調の体調であるわけでありません。人によっては病気になることも多いですし、深夜や早朝などはやはり判断力・決断力というのは鈍ってしまうものです。また相場を見ても人間ならではの思考の依頼が存在するために、それはプラスに働く時もあるのですが多くの場合はマイナスに働いてしまうのです。

ただし人工知能も当然ながら万能ではありません。人工知能に学習機能があるとしても、それは過去のビックデータを集積したものであり、これから先の判断に過去のビッグデータが全て適用できるとは限らないのです。特に相場の暴落というものは人間の心理状態によって大きく下落幅も変わってきますので、ビッグデータ以上の動きを示すことも頻繁にあります。

そして人工知能もある一定の取引トレードしかできないということがあるので、FXと仮想通貨を両方併せ持った特性のある投資については不得意と言える面もあるのです。

しかし吉村圭悟が開発した人工汎用知能は汎用とついているだけに、様々なシーンに対して適切な行動と学習を行っていける人工知能になっているのです。吉村圭悟はこの人工汎用知能を100人単位のプロジェクトチームを結成して動いています。

そのメインの開発者はMT4と呼ばれる人工知能プログラムの先駆け的存在を作った人間であり、吉村圭悟は惜しみない報酬をその開発者に与えて現在プロジェクトチームを動かすことに成功しています。

吉村圭悟のリーダーシップについては参加したメンバーからも非常に高い評価が与えられており、それは彼がこれまで培ってきた経験、そして経営者としての手腕を遺憾なく発揮している結果と言えるでしょう。

4. THEFINTECH2018の成功率は?結局参加しない方がいい?

THE FINTECH 2018の成功率は現在非常に高いものになっています。吉村圭悟はこのプロジェクトを公にする前に、すでに3000人に対してTHE FINTECH 2018の前身、2017年に運用していたのでフィンテック2017と言うべき存在で利益を絶え間なく提供し続けていました。

4-1. 3000人に利益を与えた結果は

吉村圭悟がTHE FINTECH 2018で3000人に利益を与えた結果は、吉村圭悟が発表している動画などから確認することができます。多くの人が安定した収入を得ることで自分の人生に対する目標を不安なく叶えることができるようになりました。

そういった2017年時点での成功の結果を受けて、吉村圭悟もTHE FINTECH 2018を一大プロジェクトとして公に公開することに踏み切ったのでしょう。このプロジェクトに参加した方々の評判も現在見ることができます。

多くの人が毎日10万円近い現金を受け取って、もはや毎日やら仕事に心配をすることなく自分のやりたいことをやって生きられるように人生を自分のために捧げられるようになっているという評判が多くなっています。

未だにTHE FINTECH 2018を怪しいと言って参加しないという人もいますが、参加するしないは確かに個人の自由でしょう。しかしその結果後悔をしてまた自分が得に生きられる人生を歩みなくなってしまうというのも自分の責任になります。

せっかく目の前に自分を自由に解放してくれる絶好のチャンスが広がっているのに、他人の評判だけを信じてそれに全く参加をしようとしないで、相変わらず苦しい生活を続けていては結局人生を終える時に非常に大きな後悔が広がってしまうことでしょう。

THE FINTECH 2018は今のあなたを大きく作ってくれる存在です。毎日10万円あれば衣食住、何の心配もする必要がありません。吉村圭悟は自分がこれまで得てきた利益を、多くの人に提供して自分がお金のためだけに生きてきた人生をある意味贖罪しようとしているのです。

それはある意味では吉村圭悟自身の個人エゴにすぎません。吉村圭悟に利益を得て出してもらっているから言って、彼に遠慮する必要ありませんし、吉村圭悟もどんどん利益を出して欲しいと思っているのです。

ですからTHE FINTECH 2018で被害を受けるなどとつまらないことを考えるよりも、ノーリスクでこのプロジェクトに参加ができるのですから、どんどん自分が吉村圭悟を利用しようというつもりで参加をしてみましょう。

そうすれば1年後のあなたの人生は、かつてなかったような自由と幸福を得られて変わってきているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です