投資する際は慎重に!トレードコインクラブから学ぶ投資リスクを解説

みなさん。
こんにちは。仮想通貨の登場は、多くの投資家たちを魅了しています。

仮想通貨投資は、少額の投資金額で大きな利益を得ることができる可能性を秘めています。
そのようなことを聞くと、仮想通貨の投資を始めてみたいなと思う人はいるでしょう。

実際に、1万円分など手頃な金額で投資をはじめている人は多くいます。

そんな仮想通貨の投資をしていた人達が、2017年に話題にしていた投資が、トレードバイトレード社のトレードコインクラブです。
自動売買によって、高配当がもらえると大きな話題を集めていました。

しかし、2018年になって雲行きが怪しくなってきており「トレードコインクラブに投資したお金がすべてムダになるのでは?」と話題を集めているのです。

この記事では、トレードコインクラブについて徹底的に紹介していきます。

 

日本国内で仮想通貨投資に魅了されている投資家は多い

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨を保有している人は日本人が多いことをご存知ですか?
なぜ、日本国内で仮想通貨は人気を集めているのでしょうか?ここでは、日本国内の投資家を魅了する仮想通貨の魅力について紹介をしていきます。

仮想通貨の投資によって、大きな利益を見込める

投資家から仮想通貨が人気を集めている理由は、大きな利益を得られるというメリットがあるからでしょう。
ビットコインは登場してから、約400倍の価値に高騰しました。

ビットコインを購入して億万長者になった人もいると騒がれるぐらいです。
仮想通貨は投資するリスクもありますが、うまくいけば、他の投資よりも大きな利益を見込めることができます。

仮想通貨は、いつでも取引することができる

仮想通貨の取引は、仮想通貨取引所で行われます。
仮想通貨取引所を利用するためには、身分証明の提出が必要になってきて、審査に通過しなければ利用することができません。

しかし、審査に通過することができれば、24時間いつでも取引をオンライン上で行うことができます。
また、現在ではチャートがすぐに確認できるようなアプリも登場しているので、さらに取引が簡単になりました。

どこでも、いつでも、気軽に取引ができるので仮想通貨の取引は人気を集めているのです。

仮想通貨は少額から投資することができる

他の投資とは異なり、仮想通貨は少額から投資することができます。
投資にかける初期費用がそんなに用意できない人でも投資をはじめることができます。

また、他の投資の場合は、初期費用に応じて儲け額がある程度決まってきますが、仮想通貨の場合の儲け額は未知数です。
少ない金額で、大きく稼ぐことも夢ではありません。

市場としての将来性がある

仮想通貨の技術は、金融機関や企業で採用される可能性を秘めています。

とくに、仮想通貨のイーサリアムのブロックチェーン技術は注目を集めています。
1度は耳にしたことがある人がいるのではないでしょうか。

ブロックチェーン技術を採用すれば、どのような取引内容も自動に登録されます。
このような技術が進んでいくことで、海外送金などがスムースになったり、第三者機関を通さずに送金ができるようになったりとさまざまなメリットがあるのです。

仮想通貨は将来性があるので、金融機関や企業で採用された場合、その価値は高騰していきます。

 

日本にまで上陸してきたトレードコインクラブの評判や魅力について

仮想通貨の投資の魅力について、これまで紹介してきました。
2017年1月に日本に上陸をしてきた「トレードコインクラブ」が人気を集めています。

長期的に仮想通貨の投資をしたい方にオススメの投資会社です。
ここでは、トレードコインクラブの評判や魅力について紹介をしていきます。

トレードコインクラブの基本情報について

「トレードコインクラブってなに?」という質問に関して、最初に回答をしておくと「主要10銘柄の仮想通貨をトレードしていき、それによる売上を出資者に還元する投資方法」のことをいいます。

トレードコインクラブにお金を預けていると、儲けに応じた配当金をもらうことができるのです。
トレードコインクラブの運営会社の代表取締役は、アルモンドという人で2005年からFXの会社trade by tradeを起ち上げています。
Trade by tradeは、世界各国で業績を伸ばしています。

Trade by tradeを設立して、投資会社として軌道に乗せていたアルモンドが、ビットコインの自動売買システムを開発。

一般の人にも、システムを提供して配当を得られるようにしたサービスが「トレードコインクラブ」なのです。
2017年1月にトレードコインは日本に上陸をしてきて、多くの方がサービスを利用しています。

トレードコインクラブが人気を集めている理由

2017年1月に日本に上陸をしたトレードコインクラブは、日本国内の投資家から大きな支持を集めているようです。
その理由は下記の通りです。

利益率が高くて安全運営されている

トレードコインクラブの日利は0.6%~1.2%となっています。

今、人気を集めている投資案件は平均2%~4%ですが、それに比較すると日利は低く感じてしまうかもしれません。
しかし、日利が低いのは、安定した投資をする上では非常に重要なのです。

運営側がムリのない運営を行うことで、運営会社が倒産する可能性はグンと下がります。
安全な運営をしている投資会社に共通するのは、日利1%未満であることなのです。

資金がショートする可能性がない投資会社を選らぶことは非常に重要なことなのです。

運営側が稼げる仕組みをシッカリと構築できている

先ほどもお伝えした通り、他の投資会社と比較すると配当額は低いかもしれません。

しかし、投資会社を選ぶ際は「自分がどれぐらい稼ぐことができるのか?」だけではなくて、投資会社の倒産リスクも考えることが非常に必要です。
投資会社が倒産してしまったら、共倒れになってしまう。

そのような観点からも、会社を選ぶことは非常に重要なのです。

情報公開がシッカリとされている

投資会社の中には、悪質な投資会社も存在します。
そのような悪質企業にお金を預けてしまうと、どのように資金が運用されているのか情報が公開されることはありません。

また、主催者が誰なのか、事業内容はなにか、事業所の場所などが嘘である場合もあるのです

しかし、トレードコインクラブは、それらの情報がすべて公開されています。
また、仕事場の風景なども随時情報として公開されているので、安全性が高いです。

 

トレードコインクラブの紹介システムは儲かる

トレードコインクラブが人気を集めている理由として、紹介システムで大きく儲けられるという点が魅力を集めています。

紹介した人がトレードコインクラブに入会をすると、その人の投資額の10%をもらうことができるのです。
この紹介システムを直接紹介といいます。

また、直接紹介だけではなくて、トレードコインクラブには間接紹介があります。
紹介した人が誰かを新たに紹介した場合も紹介料をもらうことができるのです。

また、紹介した人で結ばれるチームがあり、チームボーナスというものも存在します。
このようにトレードコインクラブでは、紹介システムによって大きく儲けている人もいるのです。

トレードコインクラブが危険と評判になっている理由について

これまで、トレードコインクラブの魅力について紹介をしてきました。

資金の運用方法についても公開されて、会社が倒産するリスクも少なく、安全に投資をすることができます。
また、紹介することによって大きく稼ぐことができるのも魅力です。

しかし、近頃はトレードコインクラブが「危険」と評判になりつつあるのです。
ここでは、トレードコインクラブが危険と評判になっている理由を紹介していきます。

トレードコインクラブが破綻すると騒がれている

これまで、倒産のリスクが少ない投資会社として有名だったトレードコインクラブですが、ここにきて「破綻するのではないか?」と噂になっています。その理由は、下記の通りです。

トレードコインクラブの事業所在地が怪しい

トレードバイトレード社の事務所が入っているビルは、ユニセフが入っているビルと同じだと大きな話題を集めました。
実際に、ビルの写真も公開されていたのです。

しかし、詳しく調査をしていくとトレードバイトレード社が入っているとされていた部屋は、2016年時点で空室だったと騒がれているのです。
正確なことはわかりませんが、トレードバイトレード社のすべての情報を信用するのは控えたほうがよいでしょう。

トレードコインクラブの投資プランは少額では儲けることができない

トレードコインクラブですが、少額の投資では大きく儲けることができません。
たしかに、高い配当や紹介料をもらうことができますが、取引手数料などが高額などで、儲けた分は、トレードコインクラブに吸い取られてしまうのです。

投資金額が大きい人は儲けることができますが、投資金額が少ない人は儲けることができない仕組みとなっています。

トレードコインクラブがTCOINを発行して雲行きが怪しくなる

トレードコインクラブが、新たにTCOINを扱うようになりました。

実際に、TCOINは2018年3月に上場している仮想通貨です。
しかし、TCOINを購入するにはビットコインをTCOINに交換する形でしか購入することはできません。

つまり、運用しているビットコインをTCOINに交換するのです。

また、TCOINを扱いはじめてから、投資した金額はTCOINでしか換金することができなくなったのです。
ビットコインを現金にすることはできず、TCOINに変換してから現金にしなければいけません。

これは、非常にまずい展開です。
ビットコインは価値が下がったといっても、まだ仮想通貨では価値が高い通貨です。

しかし、TCOINは登場したばかりの仮想通貨で価値はありません。現在では、TCOINの価値は急落しているのです。

評判を見て大至急知りたい!トレードコインクラブの退会方法

トレードコインクラブが、TCOINを扱うようになり、雲行きが怪しくなってきたことは理解いただけたでしょうか。

実際に、トレードコインクラブを退会したいと思う人もいるでしょう。
退会するには、ビットコインをTCOINに変換してお金を換金しなければいけません。

しかし、おそらくTCOINには価値がないので、換金したところで損をしてしまうでしょう。
また、トレードクラブは退会手数料が発生します。
総投資額の50%となっているため、退会する場合は損してしまいます。

トレードコインクラブは最初から詐欺を行うような悪質業者ではありませんでしたが、TCOINを主要通貨として扱うようになり、雲行きが怪しくなってきました。

また、このような投資の流れを公式に発表していたかは不明です。
このような取り決めを投資家に向けて発信していなかったので、「トレードコインクラブは詐欺なのか?」と話題になっています。

投資資金を失ってしまったら「集団訴訟」もオススメ

契約時にトレードコインクラブの運営方針に同意して投資を始めたと思います。
しかし、突然、運営方針が変わり損をしてしまうのは誰でも許せないものです。

とくにTCOINに交換しなければ、お金を換金することができないというのは酷い話ですね。
自動トレードの魅力は、知識や技術がなくても配当を得られるというところです。

それなのに、「知識がないと騙されてしまうのか」と理不尽に思う人も出てくるでしょう。
そんな人には「集団訴訟」がオススメです。

集団訴訟を起こすと下記のメリットを得ることができます。
・弁護士費用や裁判費用を折半することができる
・訴訟を起こす不安が低減される
・詐欺にあった辛さを共感しあうことができる

少ない費用と労力で、相手を訴えることができる「集団訴訟」は注目を集めているのです。
日本国内では、集団訴訟は認知されていませんが、ITが普及しているアメリカでは主流になってきています。

インターネットで全国の人と繋がれる時代だからこそ「集団訴訟」ができるようになるのです。

まとめ

トレードコインクラブとはなにかを理解していただけましたか?
インターネット上では「詐欺」と謳われていますが、TCOINを主要通貨として扱うようになり、会社の経営が危なくなってきてしまったのでしょう。

このままいくと、トレードコインクラブは経営破綻するとも推測されているのです。

お金を騙し取られたとは言い難いですが、信頼していたお金をムダにされてしまうと悔しいものです

。日本では、民事訴訟で誰でも相手を訴えることができます。

TCOINではないと換金できないことや、退会手数料が高額であるなど納得できないことは訴訟してもよいかもしれません。
その際は、少ない費用と負担ですむ「集団訴訟」を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です