ビジネスに燃える小野たつなりさんの素顔は?2chでの評判は?

小野たつなりさんは、WEBマーケティングを中心にセミナー活動も積極的に行いながらビジネスを展開されています。最近では、暗号通貨アドバイザーとしての活躍も目覚ましく、4そのセミナーでは、最大数千人を集めるという大規模なもので、小野さん人気はすごいです。ここでは、小野たつなりさんのプロフィールや2chでの評判などについてご紹介します。

小野 たつなりの年齢は?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

小野たつなりさんは、1986年に埼玉県浦和市に誕生されました。若い頃から自ら独立することを意識し、2008年、明治大学に在学中に、ネットビジネスのメルマガアフィリエイトで稼ぐことができることを学び、ビジネスを展開され始めました。ですから、小野さんは22歳で起業し、現在は32歳ということになります。

小野 たつなりのプロフィールは?

「メルマガアフィリエイトで稼ぐことができる!」そう知ったのは大学在籍中のこと・・・もちろん、就職先はIT企業でした。その会社では、短い期間でITというものについて学び、「ガラケーユーザー向けの情報商材を完成させ、販売、6000万円もの売り上げに成功されています。

その勢いに乗って、商品開発を進められ、実に200種類もの商材を販売されることになります。その商材の販売をしっかりと行うために株式会社バリューブレインの代表取締役となり、小野さんのビジネスはますます加速していくことになります。小野さんによって起業に導かれた方は、ほとんどが成功されていることにも注目です。

そして、小野たつなりさんの集大成ともいえるプロダクトローンチ(商品を買ってくれそうな人に対して、商品情報を少しずつ送り購買意欲を高めるという方法)をマーケティングに取り込むというビジネスによって2億5千万円というとてつもない額の利益を得られたのです。

小野たつなりさんのプロフィールをご紹介する時に、小野さんが小学生の頃から持っていたという夢の中の三つのことは伝えておかなければなりません。

・「学校を作る」という夢
小野たつなりさんは、10歳の頃から「お金をたくさん稼ぐ」という目標を持ってこられました。自己啓発本をたくさん読まれたようです。そんな中で持たれたのが「学校を作る」という夢でした。若いころから、ぜひビジネススクールを開校したいという強い思いを持っておられたようです。

・「塾を作る」という夢
情報化社会を先読みされた小野たつなりさんは、自身が講師となってセミナー塾を開くという思いも持たれていました。若い頃からビジネスを学んでおけばどんな時代になっても対応できるという考えからです。

・「カジノで100万円負ける」こと
「カジノで100万円勝つ」ではないところに、小野たつなり流の考え方があります。「カジノで100万円勝った!」よりも「カジノで100万円負けた!」と言える方がカッコいい感じがするという表現をされています。

このような夢を100個ぐらいは持っていたという小野さんです。その夢に向かって、ネットビジネスを始められてからは、相当な努力をされたようです。そして今、時にはスタッフに仕事を任せてレジャーに出かけるという成功者だからできる日常を手に入れられたのです。

小野 たつなりの2chでの評判は?

小野たつなりさんは、ご紹介しましたように、多くの実績を残してこられています。では2chでの評判はどうなのでしょうか。プロダクトローンチは初心者には難しいとか、高額だという点で、少し批判のようなことを書かれている方もおられますが、他の起業家の方のような、詐欺や中傷的な文面は見当たりません。

基本的には、直接プロモーションを仕掛けることも少なく、若くして成功を収めたマーケッターという表現で紹介されていることが多いです。このように、2chにおいても悪評はなく、成功された塾生も多いですから、小野たつなりさんという人物は十分信頼できるといっていいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。ところで、小野たつなりさんが教育者の一面をのぞかしてもいます。過去に公開された「インプレスタ」という動画では、長い時間のセミナー映像を無料公開されています。起業家の方からは「こんなセミナー動画が無料で公開されていることには驚きます。

ビジネスを行う上でのノウハウがいっぱい詰まった動画で、みなさんに勧めています。」という声が届いています。プロダクトローンチの価値が上がったのもこの無料動画があったからなのでしょう。これからもいろいろな目標をお持ちの小野たつなりさんのネットビジネスには注目していかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です