田中保彦の情報はアマゾンからもわかる?何を見れば一番確実なのか

元インフォトップの社長、そして現在は自分で会社を起こして経営者を務めている田中保彦。彼は情報商材の販売会社であるインフォトップの社長を務めていただけあって、日本の情報商材業界の中でも特に事情通として知られる人間です。

その彼が最近ではまた新しいビジネスを起ち上げるという噂が立っています。田中保彦ほどの人間が手がける投資手法であればかなり確実に儲けられるのではないかと歓迎する人がいる一方で、やはりどうしても怪しいし、本当に大丈夫かと疑う人がいます。

そこで田中保彦という人間をよく知るために、彼がこれまで書いてきた本や現在運営しているサイトなど見ていきたいと思います。そういった点をチェックすれば、田中保彦が信頼に足る人物なのかどうかがよくわかってくるでしょう。

田中保彦のアマゾン情報

田中保彦がこれまで書いてきた本は一冊あります。その本はアマゾンで詳しい情報を見ることができます。

夕方5時から「社長」になる!
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%95%E6%96%B95%E6%99%82%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%8C%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%BF%9D%E5%BD%A6/dp/4763131834

この「夕方5時から社長になる」という本は彼がインフォトップの社長を務めていた時に書いた本であり、まさにビジネスが軌道に乗って上り調子の時だからこそ書けた本とも言えるでしょう。

日本のサラリーマンは滅私奉公と言われた時代からそれほど意識の変化がなく、一つの会社に勤めたて、ずっとその会社で勤務をして、その会社だけから収入を受け取って生活をしていこうという考えの人がまだまだ多いです。

おそらくアンケートを取れば90%以上がそう言った生き方をしようとする人が多いのではないでしょう。

起業をしようとする若者に対しても、その親世代は危険だからやめておけ、稼げるわけがない、続けられない、路頭に迷う、安定した生活が一番などの言葉を投げかけることが多いです。しかしそれだからこそ、現在今日本から画期的なビジネスが生まれずに、情報社会から取り残されているのかもしれません。

この本が書かれたのはもう6年近く前になりますが、田中保彦はそんな現状に危機感を持ち、もっと自分だけでビジネスを起こそう、自分が生きていくため良い生活を送るためには多少のリスクをとっても自分が社長となってビジネスを作り上げていくという、経営者感覚を持たなければいけないと訴えていたのです。

またアマゾンの本の情報の中には、田中保彦の詳しいプロフィールが書かれています。彼は1972年生まれで2018年には46歳になるということも分かります。

このようにAmazonの田中保彦のページから彼について詳しい情報を集めることができます。

田中保彦はインフォトップを退社!?この本は役立つの?

ところでこの本が書かれたのが2012年、そして田中保彦がインフォトップを退職したのも2012年です。そこが気になる人もいるのではないでしょうか。

田中保彦はインフォトップに就職をしてからわずか1年8ヶ月で社長の座に上り詰めました。こんな短期間で社長になれる会社は普通に考えたらありません。その理由としてはインフォトップにはそれまで営業部というものはほとんどなく、営業部を大きくすることに貢献して売上を何倍にも拡大したのは田中保彦だったからです。

しかし結局インフォトップの中では、田中保彦は雇われ社長にしか過ぎません。創業者オーナーではないのです。上に会長がいれば、会長に従わなければいけない時もありますし、株主の意向を聞かなければいけないこともあるでしょう。

社長と言っても結局はサラリーマンより多少権力やお金をもらっているだけの存在であり、本当に自分のやりたいビジネスができていたのかと言うと、田中保彦といしては大きな不満があったようです。

そういった背景もあって田中保彦は自分の信頼できる人間だけどビジネスをしてみたいと思い、インフォトップから独立をしました。

本業社長を勤めている人間が5時から社長というのもまたおかしい話ですが、田中保彦は決してインフォトップをクビになったわけではなく、本人の意思でインフォトップを退職して、自分でまた新しい会社を立ち上げていたのです。

田中保彦の情報はどこを探せばわかる?

では田中保彦は今何をしているのでしょうか。まず彼のFacebookページは定期的に更新がされているので、田中保彦の最新情報をチェックすることができます。

田中保彦のFacebook

https://www.facebook.com/yasuhikotanaka1972?ref=br_rs

このFacebookページの田中保彦のプロフィールを見ると今は四つの会社と関係を持っていることがわかります。

  • アドバンスドキャピタルパートナーズ株式会社代表取締役
  • 株式会社アドバンスドキャピタル代表取締役
  • 株式会社AdvancedLinks代表取締役
  • ベンチャー・インキュベーション・ホールディングス代表取締役

4つの会社の代表取締役を務めており、それぞれベンチャー企業への支援やWebマーケティング、また海外との金融取引や投資などお金を稼ぐということに対して非常に鋭利なセンスを持つ人間であることが分かってきます。それぞれのホームページへのリンクがしてあるので、会社の情報も細かくチェックすることが可能です。

もう一つFacebookよりも更新頻度が高いSNSといえばTwitterです。田中保彦もツイッターのアカウントは所持しています。

田中保彦のTwitter

しかし残念ながらこのTwitterアカウントを見ると、それほど更新頻度が高いわけではなく最後に書き込みがあったのは2017年6月となっています。一年未満の間に運用されているので決して死にアカウントというわけではないのですが、あまり田中保彦はツイッターで情報発信を行っていないのかもしれません。

田中保彦の現在を詳しく教えて!

それでは気になる田中保彦ですが現在はどのようなことをしているのでしょうか。なんと彼は新しい投資ビジネスを立ち上げたようです。

その名も「黄金の国ジパング 金と銀プロジェクト」というものです。これはまさに前代未聞の内容であり、なんと金と銀の取引相場のわずかなゆらぎを利用して、ノーリスクで莫大な利益を上げていくというビジネスになっています。

その内容もすごいのですが、さらに参加した人間全員が間違いなく利益を取れる、絶対に年収を増やすことを打ち出している、前代未聞のビジネスになっています。

まさに投資世界のビッグバンともいえるでしょう。

彼がこのプロジェクトに関して触れている動画を見ると、アビートラージ取引という投資手法を使っていることがわかります。世界中の金と銀の取引所を利用して、相場がわずかに動いた時、その相場の変動が少ない時に買って大きい時に売るなどの取引を繰り返し、コツコツと利益を得る手法です。

これは莫大な資産を持つ田中保彦だからこそ、確実に利益を出す豪語できる投資手法になっています。

自らいくつもの情報商材をインフォトップの社長を務める中で見てきたという田中保彦。そんな彼ですが、今回のアミートラージ取引による投資手法はこれまでなかったと言っています。それだけにどんなものか、期待が高まるところでしょう。

まとめ

田中保彦はインフォトップの社長を退いた後も現役バリバリの起業家として活躍をしています。アマゾンでは彼の著書がまだ買えるので、そこで彼の考え方や実績を確認してみても良いですし、現在の情報をチェックして今彼が起ち上げようとしているビジネスに興味を持ってみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です