業界騒然!あのインフォトップ田中保彦の知られざる退社理由とは

田中保彦さんという方をご存知でしょうか?

今億万長者を輩出し続けているインターネットビジネス業界。そんなインターネットビジネス業界において「情報を販売する」という新しいビジネスモデルを一般的なものにした会社であるインフォトップ。時代を作ってきたといっても良いそんなインフォトップの社長を務めてきた方です。

インフォトップは、情報販売においてそれをブログやサイトで紹介してもらう「アフィリエイト」というビジネスを支援するための広告仲介業のような形をとっているのですが、世の中にはたくさんの情報販売希望者がいます。

何といっても、情報を販売するということは、商品を作成する際にお金は必要ありません。システムを作成したりするのにコストがかかることはあるでしょうが、一度作り出しさえすれば、商品は無限に増やすことだってできます。

さらに、売り切れたりすることもありませんから、お客さんが来たのに儲けを逃すなんてこともありません。ですので、売り上げを短期間で爆発的に上げることが可能なのです。

そんな非常に熱い業界でもあるインフォトップの社長を務めていたのにも関わらず、田中保彦さんは、社長を突然退任してしまいまいました。その行動には業界中が疑問の声を挙げていましたが、今回新しくプロジェクトを立ち上げることになって、その真実が明らかになりました。

今回は、そんな田中保彦さんのインフォトップの社長退任についてお話ししたいと思います。

1.田中保彦さんが退社した理由

インフォトップの仕事の一つとして、「情報コンテンツの審査」というものがあります。

情報を販売するのに、資格もいりませんし特殊な技術や技能も必要ありません。自分の持っている情報を動画やpdfなどのデータにして送ることさえできるのであれば、どのような形であっても販売することが可能になります。

逆に言うと、どんな人が販売しているのかわからない分、わけのわからない商品というのも多数存在します。これが、インターネットビジネス業界が中々日の目を見ることがなかった原因でもあるのですが、誰もが販売することのできる情報コンテンツ。

さらに、その商品の性質上購入前にどのような内容なのかということはあまり公開することができません。概要は説明できたとしても、具体的な内容を公開してしまっては、その商品に価値が無くなってしまいます。

例えば、おもちゃであれば外から中身をいくら見られても商品としての価値が失われることはありません。むしろ、そのおもちゃに興味を持ってもらおうと思うと、どのような機能がついていて、どのように遊ぶのか、どのような対戦が可能なのかといったその商品に対する細かい説明をすることが商品を売るときには必要になります。

一方情報コンテンツは、例えば「物販で月10万円の利益を出す方法」という趣旨は説明できたとしても、その具体的な方法を購入前に説明して、商品を購入せずにその方法を実践してしまっては困るのです。

だからこそ、事前に第三者にチェックを入れてもらわないと、詐欺商材がたくさん販売されることになるのです。そんな詐欺商材かどうかを色々と審査しているインフォトップは、その基準が非常に高いことで有名で、だからこそ詐欺商材が減って、業界が日の目を見るようになったのです。

田中保彦さんは、日々の業務でこういった審査をして実際に商材の中身をチェックしていました。

その経験は非常に良いものだったようです。日本中のありとあらゆる稼ぎ方を網羅することができ、しかもその中でも最高の投資を見つけたようです。しかもその方法は、例え10年、20年いや、100年たったってしっかりと稼ぐことができるようで、それを知ってしまった田中保彦さんはインフォトップで社長をする一つの理由を失ってしまったのだそうです。

もちろん、働くことの意義は他にもたくさんあったことでしょう。その一方で働くことで嫌な思いもたくさんしていたようです。退任した理由として、「好きな人とだけ仕事をする」ということを挙げられており、インフォトップではそれが叶わなかったのでしょう。

独立したとしても、この最高のノウハウを使えば、お金なんていくらでも入ってくるという確信があったようで、あっさりと社長を退任してしまいました。

2.田中保彦さんが退社するまでの経歴

実は、田中保彦さんが社長を退任するときに、その裏事情を全く公開していません。

田中保彦の『成功の秘訣』
https://ameblo.jp/infotop-tanaka/entry-11265382081.html

こちらが田中保彦さんが利用されていたブログなのですが、この記事でもあるように会社の都合上その一切を伏せていたようです。

そのため、経緯の部分に関しては知ることができないのです。

3.田中保彦さんの評判は?

田中保彦さんの評判としては、これまであまりインターネット上に書き込まれたようなケースはありません。

もちろん、田中保彦さんを知るインターネットビジネス業界の方々からの絶大な支持は得ています。情報起業という今の日本経済を支えるといっても良い業界を造ってきた方ですから、当然のことでしょう。

ただし、SNSをほとんどされていないので、その人柄などはわかりにくいですし、一般の人とのコミュニケーションをとる場所がほとんどないのが残念なところです。

4.田中保彦さんは退社して何を始めたの?

そんな田中保彦さんは、社長退任の後に自分で会社をされています。元々WEBマーケティングなどに非常に高い能力を持っていました。さらにインフォトップでの経験も活かしたのでしょう。

株式会社アドマーケティングという会社を運営しています。

その後ほとんどご自身が前面に出てくることはなかったのですが、今回社長退任の理由も含めて述べられた新しいプロジェクトが存在します。

それこそが今インターネットビジネス業界で話題になっている「金と銀プロジェクト」というオファーになります。

このプロジェクトは、先ほど社長退任の理由に「これ以上ない最高のノウハウ」を知ってしまったから辞めたと述べました。そのノウハウをシステム化して全自動で稼ぐ方法を完成させていたのです。

このノウハウを一般の人にも使ってもらうためのオファーが今回のプロジェクトになります。

その内容は非常に優れたものでした。このオファーで利用するのは「金や銀」といった実物資産になります。実物資産の投資価値は非常に高く、今でも人気の上位に来る投資対象です。

世の中に現存する金の量は非常に少なく、しかも日々製品に利用されているため、その量は減っていく一方です。そんな金や銀という限られた資源を利用するのですから、その価値は一国の通貨が暴落しようとほとんど影響されることはありません。

そのため、「無国籍通貨」なんて呼ばれることもあるのですが、金や銀を利用する投資は、仮想通貨などのような投資対象とは違って高騰・暴落を繰り返すようなものではありませんので、長期的に見ても安定した利益を上げることが可能になっています。

しかも、そんな実物資産投資を短期的にも結果が出せる方法。それが今回の投資の肝でもあるアービトラージという取引手法なのです。これらの非常に優れたものを組み合わせた新しいビジネスに注目が集まっています。

まとめ

今回は突然の社長退任で当時話題騒然だった田中保彦さんが当時のそのリアルを語るとともに、業界に復帰し、さらにはまた新しく業界を変えるであろうビジネスを展開しています。

こんなチャンスは滅多にないでしょうから、是非あなたもチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です