話題騒然!億万長者多数輩出の田中保彦新プロジェクトとは一体・・・?

田中保彦さんという方をご存知でしょうか?
元インフォトップの社長であり、現在株式会社アドマーケティングという会社を立ち上げていらっしゃる経営者の方です。

インフォトップと言えば、情報商材を非常に多く扱っていることで有名な企業ですが、数万点という非常に多くの情報商材を見てきた田中保彦さんが、今回新しく「金と銀」を利用した最新プロジェクトを行うことになりました。

そんな今一番注目されているビジネスについて、いち早く知ることで、その可能性を見極め、本当にすごいものなのであれば、是非とも参加してみたい!

そう思った方のためにこのプロジェクトの詳細について説明したいと思います。

1.田中保彦さんの最新プロジェクト「金と銀」ってなに?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

さて、今回のプロジェクトである「金と銀」ですが、その正式名称は、

「黄金の国ジパング 金と銀プロジェクト」

というのが正式名称になります。

黄金の国ジパングといえば、社会の教科書でも見たことがありますよね?
マルコポーロの東方見聞録に出てくる日本のことを表すものです。

黄金の国というのは、聞いた印象からしても非常に豊かな国だと感じますが、現在の日本の社会にはそんなものは感じられません。

長引く不況の影響で、サラリーマンの給料はほとんど上がることがありません。
ここ数年で多少平均年収が上がっているとされていますが、その一方で社会保険料の値上げであったり、消費税の増税などによって、払うべき金額も増えています。

統計では、増えた収入の半分が税によって徴収されているので、その実手取りの収入に関しては、あまり増えたことを実感できていないというのが本音のところでしょう。

では、なぜ黄金の国だなんて呼ばれていたのでしょうか?

実は昔はたくさんの金が日本には存在していたようです。

しかし、その価値を理解していなかった日本は、簡単に海外の人に金を売ってしまっていたのです。

小さな島国で独自の進化を遂げてきた日本。
他の国の価値観などを知ることもなく物の価値に関しても非常にあまり知らなかったようです。

江戸時代の金と銀の取引レートは、
金1に対して銀5で取引されていました。
一方ヨーロッパでは、
金1に対して銀15が支払われていたといいます。

ということは、
日本で銀5を金1と交換して、その後にヨーロッパで銀に交換すると15の銀が手に入ります。
更にそれを日本に持ってきて金3と交換することができます。

これを繰り返すと、たった一回の取引でその量は3倍になっていきますので、あっという間に大富豪になることができます。

日本はその価値を知らなかったがために、こういった非常に不利なレートでの取引を続け、世界一豊かだった国は、いつの間にか1億総貧乏などと呼ばれるくらいになりました。

この話は非常に残念な話ですよね。

この話は、日本人のお金に対する今の価値観を作っているとも言われており、お金持ちを悪者扱いするルーツになったとも考えられます。

しかし、本当に豊かになろうと思うのであれば、この価値観というのは邪魔になるばかりです。

本当はお金を稼ぎたいと多くの人が思っているはずです。
しかしその一方で、お金持ちに対しては悪いイメージを持っています。

映画で登場するお金持ちは、その多くが悪役ですし、時代劇においてもお金を持っている悪代官は常に悪だくみをしています。

反対に主人公はお金がないが努力をして何とか夢を手に入れる(その夢はお金では買えない愛や達成感・・・などが多いですよね)

そうやってお金を遠ざけているのです。

心の底ではお金を悪いものとして捉えているのにも関わらず、お金を稼ぎたいと思う。

こんな矛盾がある状態で稼ぐことが本当にできるのでしょうか?

いえ、できません。

こういったお金に関する価値観を変えることがこのプロジェクトの名前の由来であり、最終的なゴールということになります。

2.田中保彦さんのプロジェクトの具体的な内容は?

さて、このプロジェクトの趣旨については説明してきましたが、では一体どのようなプロジェクトなのでしょうか?

このプロジェクトは、名前にもある通り、「金と銀」を利用した投資になります。

これまた投資に関してはあまり良い印象を持っていないのが今の日本人でしょう。

FXで大穴を開けた話は誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。
更に現在流行の仮想通貨に関してもコインチェックでは580億円という金額が盗み出されるは、中国の取引停止などによって数分の一という金額まで暴落するわで、良い印象がないことも理解できます。

しかし、このプロジェクトで利用するという詩は、「金」「銀」という実物資産による投資なのです。

金はその価格が安定して上がってきていることは意外と知られていません。

何となく高いイメージがあるとは思いますが、その実、ここ20年ほどで数倍になっていることは知らないでしょう。

さらに、銀も金と同様に値上がりをしており、あのリーマンショックをはじめとする世界恐慌の時期においても、金は高騰、銀は少しだけ値を下げたもののほとんど金額は変わりませんでした。

もしもこの時期に資産を全て金に換えていた人は、国の通貨が軒並みだめになっていただけに大儲けすることができたかもしれませんね。

それくらい世界情勢であったり、通貨不安になった時にも安定して値上がりしているので、「無国籍通貨」などと呼ばれることもあります。

この金と銀を使ってアービトラージという取引手法で投資を行っていくのですが、このアービトラージという手法も、安定的に利益を得ることのできる代表格のような取引方法です。

というのも、アービトラージは価格が上がっても下がっても利益を得ることのできる非常に優れた方法です。

金と銀の価格差を利用するのですから、相場が上がっても下がってもある一定の価格差をキープしている金と銀では、こういった安定した取引をすることが可能で、事実この方法を使って運用をしている田中保彦さん自身は5年間という長期間、一度も負けたことがないという手法です。

しかも今回のプロジェクトでは、その取引をすべて自動化。
どんな状況の人であっても完ぺきに利益を出すことのできるこの方法で、プロジェクト開始前のバックテストとしても、341名の方がすでに結果を出しているという優れ物です。

3.田中保彦さんのプロジェクトに参加する条件や費用は?

今回の金と銀に参加する条件は、実際に動画を見た上で、参加を表明するだけになります。
お金はかかりますが、参加することで与えられる専用のサイトから、口座の登録を行います。

それだけで後は、日々お金が入ってくるのを確認することができるのです。
費用としては298,000円になります。

この金額を高いと取るのか、安いと取るのかは人によって感覚が違うでしょうが、今回のプロジェクトでは、「日給最低1万円」というのが保証されています。

ですので、普通にいけば、1か月で回収できる金額ですし、その後も永久的にこのシステムを利用できるということですから、見かけは高い買い物のように見えますが、その実非常にお買い得商品なのではないでしょうか?

まとめ

今回は、田中保彦さんの新プロジェクトについて説明してきました。
ここまで読んでくれたあなたであれば、なぜ業界で話題になっているのかということが理解できたのではないでしょうか?

多数の申し込みが予想されますので、もしも興味があるのであれば、すぐにその要項を確認することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です