田中保彦のことを知りたい!ブログはどこにある?

ネット業界では2000年代から有名人として活用してきた田中保彦。インフォトップの社長を務めるなど輝かしい経歴を持つ彼も、現在ではその名前は記憶から消えてしまっている人もいるかもしれません。

最近ではあまり表舞台に出てこない田中保彦ですが、ブログなどの情報発信はしているのでしょうか。気になる田中保彦の現在を調べてみました。

田中保彦はどんなビジネスをしているの?

田中保彦はこれまでどんなビジネスをしてきたのでしょうか。それは彼のインフォトップ時代のブログや彼の著書などから知ることができます。

1972年に生まれて甲南大学を卒業し、最初はそれほど大きくない会社で普通の営業マンをしていたということです。しかしインターネットの可能性に着目し、ネット業界で海外では多くの人間が富豪にまで成長していることから情報商材の必要性を認め、株式会社インフォトップに就職をしました。

それからわずか2年弱の期間で営業の才能を認められ、社長に就任することになりインフォトップが情報商材販売でも最も大きな会社として知られる存在にまで成長をさせたのです。

しかし2013年を前に、自分の信頼できる仲間とできれば会社を作りたいと言って、会社を去り、今では自分たちの仲間と作った会社で運営を行っているようです。

田中保彦のブログの内容をわかりやすく教えて!

田中保彦が書いてきたブログですが、2012年までのインフォトップ時代に自分で書いていたブログまでしか今は見つけることができません。

これと同じぐらい田中保彦を知るために役立つものして、彼が書いた本である「夕方5時から社長になる」という本があります。これはサラリーマンでありながら副業することで、サラリーマン以外の収入手段を持ち、自分の生活を豊かにするだけではなく、将来に対する備えを持とうという意識を伝えるための本になっています。

田中保彦はインフォトップで出世しましたが、それは途中入社からの社長であり、経営しているときにはなかなか内部でライバルになる存在がいたり、社内での生存競争が激しかったということです。

そのような環境で不愉快な思いをしながら生きて行くよりも、自分自身が最終的には興した会社で社長になれば自分の思うようにビジネスができ、充実した人生を送れるということを伝えているのです。ブログでもそういった内容を多くの人に広めるようなことを書いており、彼のブログに刺激を受けた人は非常に多かったということです。

田中保彦のブログを読むだけで成功できる?

ブログでは自分の人生を変えるきっかけを見つけることはできますが、具体的に行動を起こすためにはまだまだ情報が足りないかもしれません。

無料で得られる情報には当然限界があり、無料でしか情報を得ないようとしない人間では、結局自分の何かしらの犠牲を払ってもで儲けたい、という覚悟が足りません。

そのため田中保彦のブログを読んで意識を変えることはできても、具体的な行動や人生を変えるだけの大きな意欲を呼び出すことは、誰でもできることではないのです。

それまでネット企業の知識を持っていなかった人間が、ネットで起業していくためにはブログを読むだけではなく、具体的なテクニックやSEOはどうすればいいのかなどを、お金を支払ってでも学びたいという意欲が同時に必要になってきます。

田中保彦の情報発信はブログ以外に何がある?

田中保彦の情報発信はかつてはブログ中心でしたが、最近者個人名義で連載をしているものはFacebookがあるようです。

Facebookでは彼の日頃の生活や仕事の様子を知ることができます。田中保彦の今をリアルタイムに近い感覚で知ることができます。

Facebook経由でメールを送ればアプローチもしやすいので、彼が気になった人はまず彼のFacebookを覗いてみると良いのではないでしょうか。

田中保彦から学ぶならどれがおすすめ?

田中保彦からさらにもっと具体的なことを知りたいと思うのならば、彼が経営しているアドマーケティングという会社に相談してみるのも良いでしょう。

アドマーケティングは彼と彼の仲間たちによって作られた会社であり、社員の大半もアフィリエイトで資産を形成してきた人間です。アフィリエイトなどネットで稼ぎたいという人間にとっては、頼りになる先輩でもあり、具体的なテクニックを教えてくれる存在です。

まとめ

田中保彦はインフォトップの第一線から退きましたが、今でも数々の情報発信を行っており、会社の経営も行っています。

その意味ではまだまだ現役バリバリのネ起業家であり、これからの活躍が見込める人間と言えるでしょう。彼の教えを受ければ十分に稼げるようになることも可能かもしれません。

インフォトップの社長として有名だった田中保彦。最近では名前を聞くことも少なくなってしまいましたが、彼は今でもブログで情報発信などを行っているのでしょうか。その点に迫ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です