高木伸雄のプロフィールからマネーモンスターの信頼性を紐解く

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) 金融
高木伸雄(たかぎのぶお) プロフィール

情報商材の世界の有名人と言ったら、どんなイメージが浮かぶでしょうか?ヒルズ族、豪華な生活、美女や女子アナとの合コン。

情報商材の成功者たちの生活は本当に派手で羨ましいですよね。そして派手な生活をすればするほど、それがまた宣伝になるというまさに一石二鳥の生活を送っています。

しかし、そんな有名人たちはどうしてそこまで有名になれたのでしょうか?毎日派手な生活を送れる巨万の富を築き上げたのでしょうか?

答えは簡単です。

情報商材が売れたので、それだけ儲けることができたからです。それでは、そういった有名人たちが出した情報商材の中で稼げるものはどれだけあるでしょうか?

実際の話、成功者と言えども、本当に稼げる商材を販売できたのは1つ、多くても2つというくらいです。
あの与沢翼氏でも、そんなものでしょう。

情報商材の世界は、演歌の世界と同様。1つのヒットがあれば、あとはその名前だけで商売ができる世界なのです。そんな有名人たちの名前をネットで検索してみたら、どれだけ稼げないと憤っている人たちがいるのかわかります。

そう考えると、情報商材を販売者の名前だけで購入するのはかなりリスクがあるのではないか?と考えてしまいますよね。逆に、今名前が売れていない販売者や始めて情報商材を手がける人にとっては、その商品が成功しなければその後は全く仕事をすることができなくなるのでs、全身全霊をかけて商品を開発し販売します。

つまり、情報商材の世界は青田買いが正しいということになるのではないでしょうか?

今回紹介するマネーモンスターの開発者高木伸雄さんも、金融界では実績がある人ですが、情報商材の世界では無名に近い人物です。

そんな彼が、全てをかけて販売するマネーモンスターとはどんなものなのでしょうか?そして高木伸雄という人物はどんな人物なのでしょうか?

1.話題のマネーモンスターって何?

今回、高木伸雄が販売するMONEYMONSTER(マネーモンスター)とはどんなものなのか?
簡単に言うと、仮想通貨のトレードを完全自動で行うシステムのことです。

なんだ、それだけのことか?と思われるかもしれませんが、トレードはシンプルなのが一番。価格の低い時に買って、高い時に売ることができれば確実に利益を出すことができます。その二つができるならば、難しい仕組みを知る必要もありませんし、複雑なシステムである必要もないのです。

しかし、この基本的なことができないのがトレードというもの。全ての人が、低い価格で購入し、高い価格で売却できるわけではありません。まず、多くの人はどの価格が低いのか高いのかそれすらわからないでしょう。

昨日の価格と比較して、価格が下がったから買いのタイミング?そんな単純なものではありません。確かに昨日の価格より下がった価格が底値ならベストなタイミングになるでしょう。

しかし、翌日に価格がさらに下がった場合、その価格で購入した金額との差額が損益となります。どこまで下がるのか?そしてどこまで上がるのか?それを的確に予測するために複雑なシステムが必要ということです。

高木伸雄のマネーモンスターは、購入のタイミングを判断するのに統計学を利用しています。統計学というのは、長年蓄積されてきた膨大なデータにより、未来を予測するという、人類の歴史が生み出した英知と呼ばれている学問です。

例えば、AとBという現象があったとします。100回の間にAとBがどのような確率で出現するか統計を取り、101回目にAが出現する可能性は何パーセントであるかということを予測するということです。

当然、データの数が多ければ多いほど精度は高くなります。仮想通貨のトレードの歴史は浅く、膨大なデータを取りそろえるまではかなりの時間が必要でした。少なくとも5年分の取引データがなければ結果は出すことができないと考えていた高木伸雄は、開発に5年の期間を設けてようやく完成に至りました。

マネーモンスターのトレードの基本は、やはりビットコインになります。数ある仮想通貨の中でも、ビットコインの安定性に並ぶコインはないこと、そして将来の成長も考えるとビットコインがメイントレードとなるのは当然のことです。

しかし、ビットコインだけの取引では、毎月30%の月利を達成することはできません。
マネーモンスターでは、価格の低い草コインにも注目し同様にトレードを行うことで、利益を確定していきます。草コインのトレードを行うのは、単に価格が低いという理由だけではありません。過去の統計を見ると、ビットコインが価格を下げた時には他のアルトコインも同様に価格を下げることがほとんどです。

しかし、草コインの中にはビットコインが価格を落とした時に、価格が上昇するものもあるのです。ビットコインの取引と並行し、草コインのトレードを行うことで、トレードチャンスは2倍になり、全てをビットコインに依存してしまうというリスクを避けることもできます。

しかし、草コインは無数にあり、そのなかから的確に銘柄を選出するには膨大な時間を要しますし、選出している間にもトレードの流れは変わってきてしまいます。つまり、人間の作業でこのトレードを行うことは不可能ということ。
高木伸雄のマネーモンスターは、銘柄の選定からトレードまで全てを自動で行ってくれます。最初に設定を行った後は、完全放置でも月利30%以上の高い利益を維持できるというものなので、どんなに初心者でも、知識がない人でも確実に稼ぐことができるのです。

2.マネーモンスターの販売者高木伸雄のプロフィール

それでは、MONEYMONSTER(マネーモンスター)を開発した高木伸雄がどんな人物なのかプロフィールを見てみましょう。

2006年に外資系保険会社アリコジャパンに入社。アリコジャパンでは営業トップの成績を数年間維持するという、トップクラスの営業マンとして活躍しました。

彼が営業で成功した理由が数字への徹底的なこだわりと、情熱を持って仕事をするということですから、営業の天才というよりも、どちらかというと努力家のイメージが強いかもしれません。大手の保険代理店、それも外資系の企業の営業活動は、本当に熾烈です。

ライバルは競合の同業者以外にも、同じ会社の営業員が全てライバルと言う中、営業成績トップを維持するというのは並大抵のことではないことがわかると思います。

2009年にアリコジャパンを独立し、個人で金融業に携わります。彼のプロフィールでは相続関係や税務関係を得意としてという言葉があるので、保険代理店での経験と知識を活かしたコンサルティングをおこなっていたようです。

その後は、金融だけでなく、物流やIT企業そして太陽光発電システムの会社の取締役を歴任しています。金融業だけではなく、他の業界にも精通しているということが、その後、彼がアジア地区でトップクラスのプライベートバンカーとして活躍する下地となっているのではないでしょうか?

金融業界しか知らない人ならば、コンサルできるのも同じ金融業だけ、昔ならそれだけでもやっていけたかもしれませんが、今の時代は違います。全ての産業がリンクしているとも言えるので、確実なコンサルティング活動を行うならば、深い知識と経験はもちろんのこと幅広い経験が必要とされるのです。

10年間日本で金融コンサルタントを行った彼は、日本を飛び出してアジア各国で活躍する場を得ます。香港や韓国、台湾といった国で、日本の企業の誘致活動を行い大きな実績を上げてきました。

日本の企業の評判は海外とくにアジア諸国では最高値とも言えるものなので、それほどの企業を国に誘致する高木伸雄の評判が高まったのはこの時期と言えるでしょう。

現在は、あるICO企業のCEOとして活躍。ブロックチェーン技術を利用しての不動産市場の情報不均衡問題を解決し、平等に不動産の取引ができる市場の設立を目指してプラットフォームを開発しているとのことです。

ここまで見ると、まさに一握りのエリートのイメージがある高木伸雄ですが、プロフィールには掲載されていない失敗も多々あるようです。

高木伸雄の失敗の人生

人間は誰でもしっ敗があるもの、これほど華々しいプロフィールを持っている高木伸雄でも、若い頃には何度も失敗を繰り返していたようです。

まずは、地元の友人にお金を騙し取られた経験。この金額は6000万円だとのことですから、普通の人ではもう立ち上がることもできない痛手になりますが、高木伸雄は、この失敗から立ち直っています。

彼曰く、お金を取られたということよりも、信じていた友人に裏切られたことの方が大きなショックだったと言っています。もう人間不信になってもおかしくないような出来事なのですが、その後もマネーモンスターなどで困っている人を救おうという意思を持つことができるのは、彼のメンタルが非常に強いことを物語っていますよね。

その後の大きな失敗は投資の失敗です。

日経225所謂先物取引で7000万円の被害を被った経験もあるようです。彼のような金融に精通していて、知識も経験も豊富にある人でも投資に失敗してしまうことがあります。そのため、マネーモンスター参加への注意書きでも、投資にリスクがつきものということが理解できない人は入会しないでくださいと話しています。

他の商材で、100%の成功率を誇るなんていう宣伝文句の商材がありますが、そんなものはあり得ません。投資する限り、必ずリスクがついてくるのです。大事なのは、リスクを恐れて投資を諦めるのではなく、回避できるリスクの事前情報をキャッチすること、そしてリスクが現実になった時に、いかに被害を最小限に抑えるかということなのです。

高木伸雄が勤務していたアリコジャパンとは?

高木伸雄が勤務していたアリコジャパンは現在メットライフ生命という名前に変わっています。日本で初の外資系企業として誕生したアリコジャパンは、日本での企業歴も長く、すでに40年の歴史があります。

資本金が2200億、7兆円を超える総資産というまさに世界的な保険代理店と言えるでしょう。世界各国に支店があり、就業する従業員の数は8000人を超えています。

それだけのライバルの中で日本人の高木伸雄がトップレベルで活躍したというのは、本当に凄いことだと思いますよね。

3.高木伸雄は金融界でどれだけ実績があったのか?

高木伸雄のアリコジャパンでの実績は凄いですが、彼が本当に名前をあげたのは、アリコジャパンから独立し、個人で金融業界に進出してからです。

最初に彼が手がけたのは日本国内でのコンサルタント業。実際、独立してもすぐにコンサルタント業で活躍するのは難しいことです。実績もないし知名度もないので、そんな人物にコンサルを頼む企業はないでしょう。

高木伸雄が独立してすぐにコンサルタントで活躍することができたのは、アリコジャパンでの営業から獲得できた顧客が多く存在していたのではないでしょうか?
保険業出身というのも成功できた要因になるでしょう。様々な案件を扱い、多種多様な業界の知識を得ていなければ、保険営業員はつとまりません。

アリコジャパンでの勤務が3年間という時間は短いですが、その3年間がその後の高木伸雄の人生には重要なポイントとなっていることがわかります。

そして彼の名前が大きく知られるようになったのが、香港や韓国での企業誘致活動やプライベートバンカーとしての活躍です。海外への企業進出が盛んな時期でしたから、起業誘致の話は珍しくありませんが、多額の資金と、大きなリスクも考えながら海外進出を果たさなければなりません。

そのコーディネーターとして活躍するには、各企業からの信頼はもちろんのこと、国と国の繋がりの話になるので、経済界のトップや政治家とのつながりも必須でしょう。彼がアジアで成功できたのは、知識、経験、人脈、人柄と全てを兼ね備えた人物であったからと言えるのではないでしょうか?

プライベートバンカーとは?

香港や台湾でプライベートバンカーとして大きな実績をのこした高木伸雄さんですが、プライベートバンカーってあまり聞いたことがないという人も多いかもしれません。

プライベートバンカーを知らなくても、ファイナンシャルプランナーという言葉を聞いたことはありますよね。
個人の資産を総合的に運用するという点においては、ファイナンシャルプランナーと、プライベートバンカーは似ていると言えるでしょう。

ただ、ファイナンシャルプランナーを利用するのは一般の人が多いのに対し、プライベートバンカーを利用するのは富裕層の人達に限られています。

その理由は、富裕層だけが利用できるプライベートバンクへの紹介や運用を行うことができるのがプライベートバンカーであるからです。

保険や金融だけの運用だけではなく、総合的な資産運用が任されますので、不動産の知識も豊富でなければなりません。

高木伸雄が現在、不動産の情報不均衡を正すために新しいプラットフォームを開発しているというのも、プライベートバンカー時代に思い立ったのではないかと思われますね。

4.高木伸雄は日本より海外での評価が高い?

日本ではあまり知名度が高いとは言えませんが、アジア諸国では高木伸雄の名前は広く知られているようです。

やはり長年にわたって、プライベートバンカーを務めた実績があり、富裕層での人脈形成。そして、日本の企業の海外誘致も数多く手がけていることから、財界や政界にもかなりの人脈を持つ人物であるからでしょう。

実際、海外で活躍していた時に、取引企業からマネーモンスターの情報を得たようですが、この時のマネーモンスターは今のように完成されたものではなかったようです。
やはり、仮想通貨トレードが始まったばかりで、データが少ないという弱点があったので、その当時の精度はどのようなものだったのかわかりませんが、販売に至るまでの完成度ではなかったのでしょう。

マネーモンスターの情報を仕入れてから、高木が開発を手がけた期間が5年間。この間には仮想通貨の世界でも様々な出来事がありました。その全てのデータを統計学で分析しようやく販売するに至ったということです。

日本で販売される前は海外でテスト運用をしていたマネーモンスターですが、仮想通貨のトレードに対して、日本よりも積極的ですから、マネーモンスターへの注目は高く、開発者そして販売者である高木伸雄の名前が広く知られたということになります。

5.高木伸雄はいままでにどんな商材を販売している?

高木伸雄(たかぎのぶお) プロフィール

高木伸雄は今までに情報商材を販売したことはなく、今回のマネーモンスターの販売が初めて手がける情報商材になります。

所謂、情報商材屋ではないので、今後高木伸雄が情報商材を販売するかどうかについてもわかりません。実際に、彼が今手がけているのは、ブロックチェーンの技術を利用して、不動産市場の情報の偏り、不均衡を是正することに尽力しているので、マネーモンスターが最初で最後の情報商材販売になるかもしれません。

情報商材屋ではない彼がなぜ、マネーモンスターを販売するに至ったかは、彼のプロフィールを見るとわかります。今まで何度も失敗を繰り返し、信頼していた仲間には裏切られ多額な負債を抱えながらも、第一線級で活躍することができた経験を他の人にも分け与えたいという気持ちが強かったからです。

取引先で紹介されたマネーモンスターを見たときに、これは多くの人を救うことができるものだと強く感じたそうです。

マネーモンスターで救うことができるのは、お金の面だけです。お金が人生の全てではないから、多くの人を救うことはできないのでは?そう思われる方もいるでしょう。

しかし、お金の問題が解決するだけでどれだけ多くの人を救うことができるでしょうか?お金のために自殺したり、犯罪を犯したりすることを防ぐことができます。

そしてお金の心配がなくなれば、他のことに精力を向けることが可能です。彼の願いは、お金の面だけでも、苦しんでいる人を救いたい。自分の人生を諦めていない人たちを応援したいということなのです。

最初で最後の情報商材の販売となるかもしれないマネーモンスター。今回の機会を逃してしまったら、いつ人生をやり直すチャンスが訪れるのでしょうか?

6.経歴を見て高木伸雄って信頼できる?

高木伸雄のプロフィールを見て、彼がどれくらい信頼に値するものか考えてみましょう。
まず、営業力。

アリコジャパンで3年間の間トップを守り続けた営業力は、相当なものと言えるでしょう。日本の企業でトップを取ることですら難しいのに、世界各国に広がる外資系企業でトップセールスを維持するのは並大抵の努力ではできません。

数字に拘ったからと彼は語りますが、それだけで達成できるものではないでしょう。達成するには、努力はもちろんのこと、類い稀な営業力を持っていなければ実現できないものだと思います。

金融知識についても、プライベートバンカーを長年経験していることで、金融だけではなく、総合的な資産運用の知識が備わっていることがわかります。

実際、仮想通貨というものは既存の貨幣や電子マネーとは違い、貨幣価値にプラスした付加価値を持つものが多いです。例えば、不動産取引のデータを利用する、ゲームの世界での通貨として利用するなど、金融の知識だけでは仮想通貨に対して性格に把握することができないでしょう。

高木伸雄の総合的な知識が、草コインの選出においても、AI技術を通しより的確な判断として自動トレードを行なってくれるベースとなっていると思います。

人柄については、友人に裏切られて大金を失った経験がありながらも、まだ困っている人を救おうとしている姿は、悪い言葉で言えば、お人好しと言えるかもしれません。

しかし、そのお人好しとも言える性格が、多くの人を集め、数々の企業誘致のプロジェクトや、プライベートバンカーとしての成功を招いたとも言えるのではないでしょうか?

日本で知名度が低いからという理由だけで、マネーモンスターは信頼できないと思うのは、本当にもったいない話だと思います。

高木伸雄を信じることができるのならば、この先、1年後には今とは全く違った人生を歩むことになっているでしょう。

まとめ

エリートサラリーマンを経験し、富裕層を相手にプライベートバンカーの実績を積み上げてきた高木伸雄でも、投資に失敗したり、仲間に騙されたりするという失敗がありました。

しかし、今の彼があるのは、そこで諦めることをしなかったからです。人間諦めなければ必ずチャンスが訪れます。問題は、そのチャンスを確実にモノにできるかということではなく、訪れたチャンスに気づくことができるかどうかということです。

高木伸雄は、人生を諦めた人にはマネーモンスターをおススメすることはできないと断言しています。いくらお金があっても、先の人生に希望を持てない人には、大量の富も無用の長物となってしまうからです。

しかし、諦めてない人にとっては、このチャンスが最大のチャンスとなるのではないでしょうか?今まで何度も投資に失敗した人。なぜ失敗したか考えてみてください。

マネーモンスターは今までのトレードシステムとは全く違います。今まで失敗を繰り返したのは、マネーモンスターを使っていなかったからではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です