高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)とそのカラクリ徹底調査

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) 金融
高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) カラクリ

このまま仕事を続けていて良いのだろうか?

特に若い人に関しては、このように考える機会は多いのではないでしょうか?

私の友達の多くも転職を経験していますが、そのほとんどは現状の収入や仕事内容に不満がある人たちです。

「自分にはもっと高い給料をもらうだけの価値のある仕事をしている」
「何の成長もない会社で伸び盛りの20代を過ごせない」

そういったポジティブな理由で転職をする人もいれば、

「上司がキツくて嫌だ」
「残業代が出ない」

などのネガティヴな理由で転職する人もいるでしょう。

理由はどうあれ、私たちは生活のほとんどを仕事に使っています。

時間にして8時間とすると、1日の3分の1は仕事をしていることになります。

そんな私の友達を見ていて思うのは、
「別の収入源があれば、もっと自由な職業選択ができるのに」
ということです。

例えば、副業で月に30万円を得ている人にとっては、職業選択の際に収入の優先順位は下がるでしょう。

それよりも自己成長ややりがいといった部分を重視した転職ができるはずです。

副収入というのは、サラリーマンをやっている人には生活の余裕を、転職などをする人にとっては職業選択の自由を与えてくれるものなのだと思います。

そんな中でも特に私は「投資」をオススメしています。

投資は、サラリーマンとして働らく生活リズムを損なうことなく、大きな収入を得ることのできる数少ない方法になります。

もしもサラリーマンとしての仕事の後に、コンビニのアルバイトを副業でやる場合には、時間も労力も必要ですし、何よりも体力的にかなり厳しい状況になってしまいます。

本業であるサラリーマンとしての仕事にも影響し兼ねませんし、ストレスも多くなるでしょう。

そういった働き方とは違って、投資には極論時間は必要ありません。

ですので、私はサラリーマンにこそ、投資をオススメしています。

投資の中でも、現在最も注目を浴びているのが
「マネーモンスター」
という投資になります。

この投資は、現在成功率100%の投資でありながら、他を圧倒する

「最低月利30%」

という驚きの数値を叩き出している投資になります。

今回はこのマネーモンスターの稼げるカラクリについて見ていこうと思っています。

1.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)って何?

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) カラクリ

今回のマネーモンスターは、非常に優れた投資商品になります。

私自身最初に見た時には
「最低月利30%」
という数値に

「絶対嘘」

と思っている1人でした。

というのも、私自身これまで投資を色々経験してきており、かなり苦い経験をしてきました。

いくつかの投資には成功した経験はあるものの、その時の利率を考えても
「海外の社債を100万円分保有して、2年で140万円になった」
という投資でかなり好成績でした。

2年で40%ですから、単純計算年利で20%です。

投資の世界では、これでも高い方だと考えていました。

しかし、今回のマネーモンスターは「月利」で30%なのです。

現在の100万円は、来月に130万円になり、現在の1000万円は来月には1300万円になるということです。

そんな都合の良い投資があれば、誰だって成功する。

そう考えると同時に、かなり疑ってかかりました。

1-1.投資対象は仮想通貨

このマネーモンスターにおける投資対象は、仮想通貨に限定されていました。

仮想通貨といえば、2017年に非常に人気になった投資対象です。

日本でも国に正式に通貨として認められ、法律が変わるという出来事も後押しし、数倍・数十倍の値上がりを見せた通貨もありました。

しかし、その一方でコインチェックの流出事件をはじめとして、2018年にはかなりの暴落を経験しましたよね?

かなりの損をした人も多かったのではないでしょうか?

現状もその状態から中々上振れる様子もないので、世間的には
「もう仮想通貨の時代は終わった」
という空気さえ出ているのが正直なところでしょう。

しかし、そんな仮想通貨を使って、今でも安定的に月利30%を叩き出しているのですから驚きです。

1-2.自分は何もしなくても良い!自動売買システム

このマネーモンスターでは、自分で取引をする必要はありません。

最初に手続きと設定さえすれば、後はシステムが自動的に収益を上げてくれるというのです。

月利に加えて、この点もかなり怪しいですよね?

「何もしなくて稼げますよ」

なんて宣伝文句につられて騙された人は、私の周りにもかなりの人数います。

このマネーモンスターも、そういった詐欺商材の一つなのだと思っていました。

1-3.利益が利益を生む圧倒的な複利効果

このマネーモンスターのすごい点は、これだけの月利を保証していながら、これを複利で運用できるというのです。

複利とは、利益に対しても月利が働く点で、よく「雪だるま式」などと表現される増え方になります。

圧倒的な利率である月利30%がもしも複利で運用できたら。

たったの1年間投資をするだけで資産は23倍以上になります。

100万円は2300万円になり、1000万円は2億を超える計算になります。

どの話を聞いても、夢物語のように聞こえますし、怪しい情報商材と同じような匂いがしますよね?

2.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)が稼げるって本当?

さて、そんな怪しいマネーモンスターが、本当に稼げるのか?

これが参加を検討しているあなたが最も気になるポイントでしょう。

実は、このマネーモンスター本当に稼げているようです。

私がそう考える理由は3つです。

2-1.悪い評判がない

インターネットビジネスにおいて、他のビジネスと大きく違う点としては、ネット上でその内容が非常に細かくアップされる点ではないかと思います。

もしも悪い商材だった場合には、
「騙された!!」
というような内容が非常に多く表示されます。

また、過去のインターネットビジネスの商材の中には、消費者庁からの注意喚起がなされたような商材も存在します。

しかし、マネーモンスターにはこういった口コミや噂がないのです。

悪い評判を書いているのは、極々少数且つ、その人たちは自分の商材を宣伝したいがためにマネーモンスターを批判しているというものになります。

いわゆる売名行為のようなもので、ユーチューバーなどの人気を集める必要があるビジネスであってもかなり行われているようです。

他人の商材を批判して、不安になっている人に
「もっと良い商品知りたくない?」
といって勧誘してくるのです。

この方法は、モラル的には良い方法とは言い難いですが、かなり効果的な方法であるのは間違いありません。

マネーモンスターが、非常に大きな結果を提示しているだけに、ほとんどの人が最初は怪しいと感じていたり、疑いの目を持って見ています。

そんな状態で批判サイトが出てくれば、他の商品の高倍率は一気に上がります。

これを狙っての悪評だったりするわけです。

私のリサーチでは、こういった売名行為のサイト以外に批判的な意見は上がっておらず、かなり信ぴょう性の高い商材なのだということがわかりました。

2-2.内容に説得力がある

詳しくは後述しますが、単純に投資手法としての説得力がありました。

私もいろんな投資を見てきましたし、ビジネスにも携わってきました。

その経験からも、今回の投資には非常に大きな期待ができると感じました。

2-3.無料利用期間がある

このマネーモンスターには、7日間の無料利用期間が存在します。

この「無料利用期間」というのが、この投資が本物である証拠ではないかと思っています。

無料でツールを使用させるというのは、かなりのリスクがあると思いませんか?

もしもツール自体が存在しなければ話になりませんし、たまたまそのタイミングでは失敗する可能性だってあるわけです。

もしも本当に稼げなかったとすると、参加者からお金を受け取ることだってできませんし、何よりも自分の名前に傷がつきます。

今後商材を出すときに
「〇〇という詐欺商材を出した人」
というレッテルが貼られるのは、経営者としては絶対に避けなくてはならないのです。

そんな状態の中での無料利用期間を設定しているのは、その期間に稼がせることができるという自信と、これまでの実績の結果に他ならないのではないでしょうか?

3.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)が稼げるのはカラクリがある?

さて、このマネーモンスターが稼げるという事ですが、そこにはいくつかのカラクリが存在します。

3-1.現在価値のない草コインに投資をする

まず1つ目のカラクリとしては、投資対象に対してです。

投資対象としては仮想通貨なのですが、仮想通貨には
・ビットコイン
・アルトコイン
という二種類が存在します。

アルトコインとは、ビットコイン以外の全ての仮想通貨のことを表していますが、このアルトコインの中にも非常にたくさんの種類が存在します。

数百種類は存在するこのアルトコインは、現在価値が様々です。

イーサリアムやリップルなどのある程度世間的に知られているアルトコインは、かなりの流通量がありますが、一方で新しく出てきたアルトコインであったり、まだ世間的に需要が見込まれていないアルトコインも存在します。

現状価値のほとんどないアルトコインのことを草コインと呼びます。

マネーモンスターでは、この草コインに対して投資を行っていくようです。

「世間的には価値が無いと思われているのになぜ?」

と思った人もいるかもしれません。

しかし、人気のある通貨には大きなリスクがあります。

それが暴落です。

一気に値段の上がった通貨ほどその後、一気に値段が下がる危険性があります。

仮想通貨の値段は、あくまでも需要と供給の関係にあります。

つまり、多くの人が買えば金額は上がりますし、多くの人が売れば金額が下がります。

既に人気のある通貨は買っている人の人数が多いので、その分今後売る人の人数も多くなる可能性があるという事です。

ですので、暴落のリスクがほとんどない草コインに投資することで、リスクを最小限に抑えることができるのです。

3-2.ファンダメンタルズ分析によるAI

しかし、草コインは暴落のリスクがない代わりに、価値が上がるという保証もありません。

多くの人がそのまま見向きもしなければ、結局価値が無いままですので、高騰するのかという事が稼げるポイントになります。

この稼げる草コインを探すためにマネーモンスターではAIを使っています。

また、その分析方法が「ファンダメンタルズ分析」と呼ばれている手法になります。

投資における分析手法には
・テクニカル分析
・ファンダメンタルズ分析
が存在します。

テクニカル分析とは、チャートなどの指標のみから値動きを予想するもので、反対にファンダメンタルズ分析とは、社会情勢などで値動きを予想するものになります。

さて、このファンダメンタルズ分析ですが、一般的にはAIなどのシステム化は難しいとされています。

テクニカル分析であれば、
・価格がこの金額を超えたら買う
・この指標がこの数値を出したら売る

といったように、数値で指定することが可能です。

しかし、ファンダメンタルズ分析ではそうはいきません。

例えば、トランプ大統領が就任してから価格は上がるのか?下がるのか?

と考えた時に、その答えを考えるのは非常に難しいですよね?

トランプさんの発言一つで状況は一変しますし、今後の政策次第では大きく世界が変わることになります。

また、数値化が難しいのでシステムトレードには適用できないのです。

このファンダメンタルズ分析を行っているのが今回のマネーモンスターという投資になります。

3-3分散投資による.資金管理を徹底

マネーモンスターで徹底しているのは、単に売買の手法だけではありません。

投資において非常に重要になってくるのは「資金管理」です。

例えば、1つの草コインに全額を投じて、もしもその草コインが世間的に価値を認められなかったら・・・
一瞬にして全財産を失う結果になります。

どれだけAIがたくさんの知識や経験を積み重ねたとしても、100%値上がりするとは言えないでしょうし、それは高木伸雄自身も言っています。

その中で、1つの草コインに投資する金額の上限を設けたり、全体の資産額の何割までしか投資に利用しないといった資金管理をしながら投資を行っているようです。

初心者が投資をする上でも最も失敗しやすいのが資金管理です。

ちょっと値上がりしそうだからといって、全財産を投じた結果、下がってしまってどうしようもないということをよく耳にします。

少し前にも、私の知り合いで仮想通貨が上がりそうだからといって、消費者金融から50万円の借金をして全額をリップルに投資した人がいました。

結局、その後リップルは暴落したので、資産が4分の1程度になった時に損切りをしてしまって、最終的に借金だけが残るという羽目になりました。

この資産管理を徹底しているというのも、今回のマネーモンスターの強みではないかと思います。

4.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)にはリスクもあるの?

このマネーモンスターは、非常にすごいもののように感じます。

草コインという暴落のリスクが最小限の投資対象を利用することや、資産管理をしっかりとして、複数の草コインに分散投資するなど、優れた部分はたくさん見えます。

一方でリスクも存在するのでしょうか?

もちろん、リスクのない投資など存在しません。

例えどれだけ今回のAIが学習しても、どうしても対処できない部分というのは出てきます。

例えば仮想通貨業界全体が悪くなった時です。

将棋のAIは、将棋ではプロにも勝てる実力があるわけですが、このAIがチェスで勝負すると・・・

全く勝負にならずに負けてしまうでしょう。

現状AIは、色々な分野で画一的に結果を出せるわけではなく、将棋なら将棋といった一つの分野でしか活躍できない状態です。

ですので、マネーモンスターにおいても、もしも仮想通貨業界が世間的にも信頼されないような事態になれば、
「勝手に仮想通貨以外の投資対象を探してくれる」
といった行動には出ないはずです。

あくまでも仮想通貨の良し悪しを見るだけのシステムになります。

もちろん、現状仮想通貨がなくなるということは考えにくいです。

しかし、
・マウントゴックス
・コインチェック流出
・ザイフ流出

などいくつかの事件が起こっているのは事実です。

これらは、現状仮想通貨自体の信用を失墜させるに値していないものの、今後も同様の事件が起こるようであれば、
「仮想通貨は危ない」
という認識が広がる可能性もなくはありません。

仮想通貨も通貨ですから、信用が全てです。

信用がなくなったら何の価値もないのです。

こういったリスクは当然存在します。

また、他にも現状国内には草コインに投資をできる口座はほとんど存在しません。

そのため、今回のマネーモンスターでも海外の口座を利用することになると思います。

もしかしたら、日本の仮想通貨取引所と海外の仮想通貨取引所は法律が違う可能性があります。

日本では現状マイナンバーの登録がどんどんと必要になってきていますが、海外では違うでしょう。

また、仮想通貨自体が新しいことから税金を始めとして、日本でも法改正の動きは起こっています。

それは日本だけではなく、海外でも同様でしょう。

そのため、海外の取引所のルールが突然に変わったり、日本の法律との間に不整合が起こったりといったリスクは存在します。

ですので、法律の改正情報については常にチェックが必要かと思います。

6.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)の参加費用は?

マネーモンスターには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?

開発費が1億円もかかっているという事ですから、相当の参加費用が必要だと思った人も多いのではないでしょうか?

実は、マネーモンスターの参加費用は約15万円になります。

インターネットビジネスの商材やコンサルタントの相場としては30万円~50万円位が多いですから、それに比べて非常に安い金額です。

月利30%という結果を出しているのですから、高木伸雄自身がこのシステムを利用して、すでにお金は必要ないような状況なのかもしれません。

その上で、なぜ参加費用が必要なのか?

それは、参加者の本気度を測っているのかもしれません。

例えば、無料セミナーというのは、有料のセミナーに比べて参加人数は多くなることが多いです。

しかし、その一方で参加申し込みはしたものの、結局当日サボる人や、事前アンケートを登録しなかったりと、主催者にとって好ましくないユーザーが集まることも多いのです。

今回の15万円という金額は、インターネットビジネスの中では非常に安いものですので、こういった参加者の質を一定に保つためだけに用意されたものなのかもしれません。

今回のシステムであっても、全く何もしないわけではありません。

取引用の口座を作る必要はありますし、最初の設定も必要でしょう。

もしも何もしなくて稼げない人がいたとしたら、マネーモンスター自体の再現率を下げてしまう結果にもなりかねませんし、そういった人たちのために、システムのリソースを用意すること自体が運営サイドとしては不本意なのかもしれませんね。

もしかしたら、ほんの少しの手間さえ面倒くさがってやらない人もいるかもしれません。

15万円を払って、全く何もしないということはないでしょうから、そういった抑止力のための参加費用なのではないでしょうか?

高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)の儲けのカラクリまとめ

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) カラクリ

今回は、高木伸雄のマネーモンスターの詳細と、その稼ぐためのカラクリについてお話してきました。

これまでの投資と全く違った「ファンダメンタルズ分析によるシステムトレード」という新しい投資方法には、多くの人が驚愕したのではないでしょうか?

特に、これまで投資経験がある人ほど、今回のマネーモンスターのすごさが理解できるのではないでしょうか?

何といってもAIという新しい技術を使いつつ、テクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析を重視するというのは、正直不可能だと思っていました。

私自身も色々と投資を勉強・経験してきましたが、ファンダメンタルズ分析というのは非常に難しいです。

たくさんの要素が絡み合って値動きに影響してきますし、ファンダメンタルズ要因で動いたと思っていても、実は別の要因だったということもあります。

ですので、今回のマネーモンスターのファンダメンタルズ分析は、プロのアナリストが付いているからこその結果だと思いますし、統計学の権威が参加していないとあり得ないものにあります。

また、無料利用期間が7日間もあるという事からも、今回のシステムの自信のほどが伺えます。

非常に多くの人が参加を表明することは予想できますが、システムの締め切りや人数制限は、現状発表されていません。

ですので、もしも少しでも気になっている人がいれば、すぐに行動を起こすことをお勧めします。

また、このマネーモンスターでは、LINE@を利用していますので、もしも気になる点があれば、LINE@から質問してみるというのも良いと思います。

疑問に思っていることや、不安に思っていることは、自分一人で考えていても中々解決しませんので、この記事を読んでもわからないことは、直接運営者に聞くのが早いでしょう。

是非チャンスを逃さないでほしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です