高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)は嘘っぱち!?金融商品としての価値は?

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) 金融

「あと数万円自由に使えるお金があれば・・・」

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

現在の日本では、お金を持っているか否かで、多くの選択肢が違ってきます。

たまの休みに近所へ買い物に行くのか、国内旅行へ行くのか、海外旅行へ行くのか。

そういった選択から、子供の進路選択を公立にするのか私立にするのか。

人生の中で大小に関わらず、選択する際の基準としてお金が大きな影響力を持っています。

そんな中で、給料が上がらない日本では副業が注目されています。

大手企業が続々と副業を推進し始めているというのは多くの人が知っているでしょうし、副業を紹介しているニュースもあります。

今回は、今非常に注目を集めている
「マネーモンスター」
という物について見ていこうと思っています。

1.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)は金融のプロが選んだ最高レベルの投資

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) 金融

今回お話するマネーモンスターは、仮想通貨を利用した自動売買システムになっています。

システムの具体的な内容を知る前に、いくつか前提となるものについてお話しします。

1-1.仮想通貨とは

仮想通貨とは、国の通貨とは違って、インターネット上で管理することのできる全く新しい通貨になっています。

ブロックチェーンという技術を利用しており、誰から誰にどのくらいの金額が移動したのかを常に監視しています。
その履歴がきちんと残っているからこそ、偽造できない安全な通貨として運用することができるというもので、2017年には日本でも通貨として法律的に認めるという動きがあったため、非常に値上がりました。

また、仮想通貨は国が運営する通貨と違って、どこかの国に依存することのない通貨です。

例えば、円で言うとお金の量自体は日本銀行が管理していますし、国の信用がなくなればお金の価値が無くなります。

しかし、仮想通貨は国によって運営されているわけではありませんので、リーマンショックなどの影響を最小限に抑えられる可能性があります。

世界共通で価値が存在するという事も仮想通貨の大きな特徴でしょう。

1-2.自動売買システムとは

次に、今回のマネーモンスターは自動売買システムという事ですが、実は投資の世界において自動売買システムというのは、珍しいものではありません。

仮想通貨ではなく為替を利用したFXでは、システムトレードと言われ、かなり前から普及しています。

決まった条件に対して機械が自動的に売買をするので、人間の判断を完全に排除したトレードが可能になります。

これまで投資を経験したことがある人であれば、経験したことがあるでしょうが、投資をする上で、人間の感情というのは非常に邪魔な存在です。

指標を見てみると、値上がりするのがほぼ確実であったとしても、感情的には
「今すぐ利益を確定させたい」
と思ったりするのです。

少しの利益が出たら確定させたいと思ったり、ちょっとでも損失が出てしまうと終わりにしたいと思ったりすることは多々あります。

そのような感情は、本来のトレードとは違った売買をしてしまいますので、失敗の大きな要因になります。

その感情を排除してトレードすることができるのがシステムトレードなのです。

しかし、まだ安定的に稼ぐことのできるシステムは非常に少数派で、一般的には長期的に稼ぐことは難しいとされているジャンルですが、今回のマネーモンスターでは、最新技術とAIを利用することで、圧倒的な結果を出すことができるようになっているようです。

1-3.マネーモンスターの特徴

さて、先ほども少しだけ触れましたが、今回のマネーモンスターでは自動売買をAIを利用しています。

AIは人工知能の略で、自分で考えることのできるシステムということになります。

前項で紹介したシステムトレードですが、実は長期的に稼ぐことのできない理由は、市場は常に変化しているということにあります。

一定のルールの下で取引を繰り返して利益を出すシステムトレードですが、市場は数か月から数年をかけて少しずつ変化し、そのルール自体が変わっていきます。

そのため、そういった市場の変化に対応できなくて稼げなくなるというのがこれまでのシステムトレードでした。

この市場の変化に対応することができるのが今回のAIなのです。

AIは、ディープラーニングと呼ばれる機能を使い、自ら経験値を溜めていきます。

例えば、Aというルールを試してみて、上手くいけば(利益が出れば)採用し、失敗すれば別の方法を試す。

このように少しずつ経験を積んでいくことで高い精度を出すことができるようになります。

実際、AIはプロ棋士を相手に将棋の分野では勝利を収めています。

過去の膨大なデータから類似するパターンを見つけ出したり、それを少しずつレベルアップさせたりするには、多くの情報を素早く処理する必要がありますので、AIが注目されているのです。

しかも、このシステムが他の自動売買システムと圧倒的に違う部分としては
「ファンダメンタルズに対応している」
という事です。

システムトレードや自動売買システムと呼ばれるもののほとんどは、
「テクニカル分析」
を元にしたものになります。

投資の分析には、大きく分けると
・ファンダメンタルズ分析
・テクニカル分析
に分かれます。

ファンダメンタルズ分析は、国の政策や金利の変動、その他事件や要人の発表などによって価格が変動する要素を分析する方法で、反対にテクニカル分析は過去の値動きやこれまでの価格の平均値などによって未来を分析する手法になります。

システムトレードで行う上では、テクニカル分析の方が確実とされてきました。

要人発言などは、どのような内容が市場にどのような影響を与えるのかというのが非常に難しく、ルール決めをすることが不可能だったからです。

しかし、マネーモンスターではこういったファンダメンタルズの部分について、専門家を含めたチームがAIに記憶させているという事です。

市場への影響力という意味では、テクニカル分析よりもファンダメンタルズの方が非常に大きいとされています。

例えばリーマンショックやギリシャショックでは、非常に大きな値動きがありました。

一般的なテクニカル分析では、予想できないことですし、これだけの暴落を見せるとは誰もが思わなかったことでしょう。

そしてもう一つ特徴的なのは、
「マイナーな仮想通貨に分散投資していく」
という運用ルールでしょう。

仮想通貨は、2017年に非常に大きな高騰を見せたものの、2018年に入ってからはかなり厳しい状況になっています。

大きな損失を出した人もいるでしょう。

そんな仮想通貨の中でも、人気のビットコインやリップルといったメジャーなコインではなく、草コインと言われる非常にマイナーな仮想通貨に対して投資を行うというのです。

投資のリスクの一つが、高騰している人気の投資対象を選んでしまったために、高値を掴んでしまい、その後は暴落によって大きな損失を生み出すという事です。

そういったリスクを避けるために、マネーモンスターではまだ高騰していない通貨に投資していくという事です。

また、マイナーな仮想通貨には、最終的に高騰せずに消えてしまうというリスクも存在します。

安いうちに購入したとしても、結局その通貨の価値が市場に認められなかったら1円の利益も生みません。

そのためマネーモンスターでは、これらの草コインに対して少額の投資を数多く分散させることでリスクを最小限に抑えるといった形での投資を行っているようです。

2.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)にはどのようなリスクがある?

さて、非常にリスクを抑えた形での投資が可能なマネーモンスターですが、動画ではわからなかったリスクについてもお話ししましょう。

2-1.結局草コインが利益を生まない可能性もある

数多くの草コインに対して分散投資を行っていく今回のマネーモンスターですが、草コインが高騰する確率というのは非常に小さいです。

そのため、結局どの通貨も値上がりしないという可能性もなくはないと思っています。

もちろん、それを調べるためのAIであり、現在毎月の利益がしっかりと出ているという事ですから、大丈夫だとは思いますが、そのロジック自体は社外秘の情報になりますので、参加者としては多少なりともリスクになりうるのではないかと考えています。

2-2.法律が変わる可能性がある

仮想通貨が日本で通貨としても認められて、まだ1年くらいしか経っていません。

それだけ仮想通貨という存在が新しいものですし、これまでの通貨とは大きく違っているのです。

そのため、現在は良くても今後は大きく法律が変わる可能性も捨てきれません。

例えば、仮想通貨から日本円への換金に制限が付いたり、仮想通貨取引を禁止するような動きになってしまった場合には、このマネーモンスターで得た利益も使い道がなくなる可能性があります。

さすがに、それほど大きな法改正はないとは思いますが、建築業界でも耐震構造などの基準が変わったり、カジノ法案ができたりと、大きな変化は歴史的に見ても起こっています。

そのため、リスクとして考えておく必要性自体はあるでしょう。

2-3.仮想通貨自体の人気がなくなる可能性

これも、可能性の低いリスクではあると思いますが、仮想通貨自体の人気がなくなるという事も考えられます。

仮想通貨は、その名前の通り実物としてみることのできないデジタルなお金です。

仮想通貨の価値はあくまでも世界の需要と供給の関係のみで成り立っています。

ですので、もしも世界中の人が仮想通貨をいらないと判断すれば、全ての仮想通貨に価値が無くなってしまうことも考えられます。

また、コインチェックやzaifが仮想通貨を流出した事件では、日本中がその動向を気にしていましたが、仮想通貨自体の安全性はブロックチェーン技術によって担保されていたとしても、それを扱う業者によって危険にさらされるという可能性があります。

国の信用がなくなると、その国の通貨は紙切れ同然の扱いをされるのと同様に、仮想通貨も信用がなくなれば価値を失う可能性があります。

こういったリスクも踏まえた上で仮想通貨には投資する必要性があるでしょう。

3.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)に参加するメリット・デメリット

高木伸雄 MONEY MONSTER(マネーモンスター) 金融

ここでは、マネーモンスターに参加することのメリットとデメリットを考えたいと思います。

3-1.メリット

マネーモンスターに参加することのメリットとしては、当然稼げるということが挙げられます。

しかも、その稼ぎ方としては個人的に非常に推奨している
「現在の生活を変えることなく稼ぐ」
ということを基準に考えられています。

よく、副業で稼ごうとする人の多くが陥ってしまう失敗は、副業で収入を得るのは良いものの、その結果時間が無くなってしまうという事です。

お金は、現在の世の中では必要ですし、たくさんあれば選択肢は広がります。

しかし、その一方で時間の大切さは軽視されがちです。

本当は、お金があっても時間がなければ何の意味もないのですが、副業を考えている人は、そこまで意識が回らないことも多く、結局何がしたかったのかわからなくなることだってあります。

マネーモンスターでは、自分の時間を使うことなく、システムが稼いでくれます。
ということは、現在の生活を極力変えることなく、収入だけが増えるということになります。

これは非常に重要であり、大きなメリットです。

3-2.デメリット

マネーモンスターに参加することのデメリットとしては、お金の使い方がわからない人にとっては、「働くことの意義」を見失う可能性があると思っています。

最低月利が30%という事ですから、100万円の初期投資があれば、毎月の収入は30万円になります。

つまり、サラリーマンとしての収入以上の金額が何もしなくても手に入るという事も簡単なのです。

今までは、
「生活のために、いやでも働く」
という状況だった人にとっては、急にお金が入るようになってしまうと、働くことの意義を見出せずに辞めてしまう可能性があります。

その先にやりたいことがあったり、目標を持てれば良いですが、買い物も旅行も、ある程度楽しんだら飽きてしまうでしょう。

その先に人生の目標を見つけることができなかったとしたら、お金があってもむなしさを感じる可能性もあるのではないでしょうか?

個人的にはこのようなデメリットが隠されているのではないかと考えています。

4.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)はどのくらいの利益が出る?

マネーモンスターでは、最低月利が30%と言われています。

最大で月利100%という事ですから、1か月で倍になる可能性もあるようです。

非常に大きな利益ですが、それ以上に肝心なのはこれが「複利」によって運用することができるという点です。

複利とは、利益に対してもさらに月利が発生するもので、100万円は1か月で130万円になり、2か月目には169万円になります。

1か月目よりも2か月目の方が9万円も多い利益になっていることがお判りでしょうか?

たったの1か月でそれだけの利益が上乗せされるのですから、それが1年・5年・10年となれば、使いきれないほどの金額になることも夢ではありません。

5.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)は長期的に稼ぐことは可能?

このマネーモンスターにおいて、注意しておきたいのは
「長期的に稼ぐことが可能なのか」
という事かと思います。

どんなに成績が良い投資であったとしても、それが1か月しか続かないのであれば、正直あまり意味がありません。

投資というのは、長期的に稼げてこそ複利の効果を得られるのです。

さて、このマネーモンスターでは、長期的に安定した投資を行う事を目的にしています。

というのも、AIというのはシステムに学ばせることが重要であり、人間がそうであるように、知識や経験が増えれば、より良い成績を出すことが可能になります。

マネーモンスターでも同様に、AIがどんどんと新しい知識や経験を積んでいくごとに投資成績は良くなっていくでしょうから、長期的に稼ぐことが可能になっています。

しいて言うのであれば、このマネーモンスターのAIをメンテナンスしていくエンジニアなどが、不足するといったトラブルや、リスクの所でお話した「仮想通貨自体の信用や需要がなくなる」といった事態が起こらない限りは、長期的に稼ぐことができるでしょう。

6.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)の参加費用は?

今回のマネーモンスターの参加費用は、148000円という金額になります。

この金額は、システムの保守費用として使われるのでしょうが、開発費1億円と5年という開発期間を考えると非常に安い金額ではないかと思います。

また、約15万円の初期投資をしたとしても、10万円で月に3万円以上の利益が出るわけですから、少ない金額しか用意できなかったとしても半年もあれば、全額を回収できる計算になります。

個人的には最初に100万円位を一気に投資して、一気に回収する方が理想だと思っていますが、それぞれの経済状況があるでしょうから、無理をしない範囲での投資が望ましいでしょう。

7.高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)で失敗した人はどのくらいいる?

今回のマネーモンスターでは、失敗した人というのはいるのでしょうか?

現在ネットの書き込みを始め、どこにも失敗した人の情報はありません。

インターネットビジネスでは、結果が出るのが早いというのは多くの人が理解しています。

また、このマネーモンスターでも月利最低でも30%という事を謳っていますから、1か月目で利益が出ているのが当然だと思っているユーザーは多いことでしょう。

そういった状況の中で、少しでも損をした人がいればすぐに掲示板などに書かれる可能性が高いです。

匿名での投稿が可能なインターネットでは、そういった悪評はすぐに広まります。

しかし、マネーモンスターの投稿は現状見られず、失敗した人は存在しないのではないかと思っています。

ネット上に悪評自体は存在します。

しかし、その情報すべてが、実際にマネーモンスターに参加したことのない人の投稿でした。

また、そういった悪評を流している人は、自分の商材を持っていたりします。

「こんな詐欺商材を購入するのはやめて、私の商材を買いませんか?」

このように勧誘してくるのです。

これらを「叩き系サイト」などと呼びますが、この叩き系サイトは、他人の商材の良し悪しに関係なく悪評を書きます。

最終目的は自分の商品を売ることなのですから、他人の商品がどう思われたとしても関係ないのです。

そのため、ネットでの悪評を見つけたら、その人がどのような人なのかということは確認が必要でしょう。

でないと、あなたにとって本当はチャンスである情報であったとしても、偽物の悪評によって、チャンスを逃すといったことも考えられます。

個人的にも、このマネーモンスターの投資方法は納得がいくものでした。

私自身も過去に投資を経験してきましたが、出来高に注目するといった点や、システムによる自動売買で、テクニカル分析ではなくファンダメンタルズ分析を中心にAIが判断するという点において非常に可能性を感じます。

なぜなら、テクニカル分析でのシステムトレードは現状たくさん存在しますが、長期的に稼げるものには出会ったことがないからです。

さらに、現状は草コインと呼ばれるほとんど価値のない仮想通貨をAIを利用して、価値の上がる確率の高いものに分散投資していく。

理にかなっていると思いますし、実際に結果が出ているのですから、疑う余地はないのではないかと思っています。

高木伸雄のMONEY MONSTER(マネーモンスター)は金融商品?まとめ

今回は、高木伸雄のマネーモンスターを見てきました。

個人的には投資対象としては非常に素晴らしいと思っていますし、システムによって自動的に売買が行われるというのも、評価ポイントとしては高いです。

お金と時間というのは、現在多くの日本人を悩ませている原因になっています。

その両方を手に入れることができる今回のマネーモンスターには、非常に大きな期待をしています。

もちろん、リスクがないわけではありませんし、動画内でも損切りをすることもあるといっていました。

しかし、統計的に考えて利益を得られるというロジカルな考え方や、これまでの投資とは全く違うAIを利用した投資方法など、注目するべきポイントが非常に多い投資ではないかと思っています。

単に「最低月利が30%」という利益率を考えても魅力的ですが、分散投資や統計学・AIといったしっかりとした根拠のある投資手法が魅力的だと個人的に感じています。

また、販売している高木伸雄自身も金融関連の知識や経験が非常に豊富ですし、国内外に非常に幅広い人脈も持っています。

動画内でもプライベートバンクにお金を預けているという話もあった通り、高木伸雄が本物の成功者といっても良いだけの実績があります。

私自身も高木伸雄が言っているように
「何をするのかよりも、誰とやるのか」
というのがビジネスや投資において重要だと思っていますし、話している内容的にも高木伸雄が信用できると思っています。

ですので、マネーモンスターには非常に大きな期待を持っていますし、あなたにも是非検討してほしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です