泉忠司さんの歌って覚えるシリーズとはどんな本?効果はあるの?

高校時代偏差値30でありながら、高校2年の秋から高校3年の春にかけてのたった半年間の勉強で全国模試1位を獲得した泉忠司さん。全国模試1位ということは偏差値は70以上のはず!たった半年で偏差値が2倍に伸びたのは自分で勉強法を編み出したからです。

そんな泉さんが実践してきた勉強法を本にして出版した「歌って覚える」シリーズとはどんな本なのでしょうか?そしてその効果はどれほど?

1.商品説明

泉忠司さんの「歌って覚える」シリーズは、青春出版社から発行されている学習参考書です。現在出版されているのは、「歌って覚える英文法完全制覇(CD付)」「歌って覚える英熟語完全制覇」「大学受験歌って覚える英単語完全制覇 (最重要編)」の3冊が発売されています。歌って覚える英文法にはCD付と表記されていますが、他の2冊にもCDは付属しています。

この歌って覚えるシリーズはどういう本なのかというと、泉さんが高校生で偏差値30しかなかった頃に編み出した勉強法を本にまとめた学習参考書ですね。この勉強法で偏差値30から全国模試1位に到達したのです。本の内容は、泉さんが歌っているCDを聞き、自分で歌いながら英文法や英単語を覚えていくというもの。

人間ってリズムがあると覚えやすいんですよね。ただ整然と羅列された英単語を覚えるのは苦痛ですが、子供の頃に聞いたような童謡の歌詞なんか、数十年経って大人になっても覚えています。そんなに繰り返し歌った覚えはないんですけど、それでもメロディーやリズムに結び付けられて脳裏に焼き付いてしまうのでしょう。受験勉強って人生からしてみたらほんの数年で短いものですが、当事者の受験生にとっては永遠に続くような長い期間に感じてしまいます。

そんな毎日、暗記のような単純作業で苦痛をあじわいながら勉強していても、効果なんかさっぱり期待できないことでしょう。昔のような根性論では、現代の受験戦争には通用しません。そこで泉さんが覚えることに苦痛を伴わない歌って覚えるシリーズを出版しました。CDでは、泉さん自身が歌っているといった熱の入れよう、俳優、そして音楽活動もしていた泉さんだから歌もうまいです。効果に関しては、こんな実験内容が掲載されていました。

【ある大学(偏差値50くらい)の1年生にお願いして、CDの効果を試すような 調査を実施。クラス全員にある章の原稿と当該部分のCDを渡し、1週間後に試験を 行いました。問題は日本語部分だけを書いてあり、全部英訳しろというもの。 簡単に言うと、歌詞の英語部分をどのくらい覚えられるかというものです。 結果は想像以上のものでした。全体の7割が満点。全部覚えているのです。 2割が60点以上の出来。残り1割は勉強しなかったようで、まったくできて いませんでした。これほどまでの「暗記率」を実現させるCDを付属できることは 本当に嬉しい限りです】

ほとんどの生徒が満点に近い成績をあげるって凄いことですよね。そして大事なのは9割の生徒がこの歌って覚えるのCDを一週間継続して聞くことができたということです。試験結果よりもこっちのほうが重要だと思います。苦痛と感じるならば、これほど多くの生徒が一週間継続してCDで学習できるはずはありませんからね

2.本を買った人からの評判は?

歌って覚えるシリーズの評判は、やはり覚えやすい、そして偏差値が大幅に上がったというものがほとんどです。一つだけ疑問を寄せられる点というのは、何故英語の勉強なのに、ネイティブの人間に歌わせないのか?ということ。歌っているのが日本人の泉さんであることに対しての疑問です。しかし、これは泉さんが狙ってのこと、実際、ネイティブよりも泉さんの発音やリズムは英語に関しては劣っているかもしれません。

しかし、聞きやすいんです。外国の人と会話したことがあるなら実感できると思いますが、英語を母国語としているイギリス人や、アメリカ人の英語って非常に聞き取りが難しい!しかし、アジア系やラテン系の人の英語って本当に聞き取りやすくて理解しやすいんです。それが泉さんの狙いでした。

この本が、海外に渡航したり移住するための英会話を学ぶ本ならば、ネイティブの歌ったCDを付属するべきかもしれませんが、あくまでも歌って覚えるシリーズは学習参考書。受験突破のための手段に絞って発行されたものです。そこまで手段を絞っているからこそ効果も高いのだと思われます。

3.その他のおすすめ本は?

歌って覚えるシリーズ以外で受験生に是非読んで欲しいおすすめの本と言えばやはり「泉忠司の合格日記 偏差値30から、たった半年で全国1位をとった僕の勉強法」です。

これは泉さんの代名詞ともいえるベストセラーです。歌って覚えるシリーズが実用的な学習参考書だとしたら、こちらの本は、学習自体の概念を形成するための本。泉さんの勉強法を真似しながら自分なりの勉強法を作り出すための本といった位置づけになるでしょう。歌って覚えるシリーズで泉さんの学習法に興味を持たれた方は是非一読をおすすめします

まとめ

自分なりの勉強法を編み出した受験生は強いです!しかし誰もが自分なりの勉強法を編み出せるわけがない。それならば、受験に成功した人のまねをするそれが受験に合格する近道なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です