噂のビッグプロジェクトTHE FINTECH2018は本当に稼ぐことができるのか!?

今話題のTHE FINTECH2018をご存知でしょうか?

業界でも騒然となっているその情報をいち早く掴んだので、是非シェアしたいと思っています。

このページにたどり着いたあなたもこのTHE FINTECH2018に興味があったのではないですか?

何と言っても2017年は仮想通貨が非常に脚光を浴びた1年でした。

投資をしていない人であってもその話は聞いたことがあるでしょう。

数倍・数十倍という値上がりをしたビットコインを横目に、

自分も仮想通貨をやっていれば今頃・・・

なんて想像もしたことでしょう。

そんな時にあなたの前に現れたのが今回のTHE FINTECH2918だと思います。

仮想通貨投資は、2018年も非常に話題になっています。

高騰の後の暴落に続き、コインチェックを始めとしてNEMなどのコインの流出事件。

こう言ったニュースを連日見ていると、

本当に仮想通貨は今からでも稼げるのか

ということに疑問が出てきても不思議なことではありません。

あなたは、

  • 仮想通貨投資に対する興味
  • 現在の状況からの仮想通貨市場に対する不安

この二つの気持ちで揺れていることでしょう。

では、今回のTHE FINTECH2018というビジネスはどのようなビジネスで、その中身としてはどうなのか?

そう言ったことを中心に話していきたいと思っています。

 

1.THE FINTECH2018とは?

THE FINTECH2018とは、吉村圭悟さんが仕掛ける今世紀最大の仮想通貨ビジネスです。

FINTECHとは、金融を意味するファイナンスと、技術を表すテクノロジーの複合された言葉で、2017年にはフィンテックを話題にした本もたくさん出されていましたね。

いまいちどのようなものなのかということを理解できていない人も多いことでしょう。

ここでは、長くなってしまうので、フィンテックの説明については省かせていただきますが、ようは全く新しい技術である仮想通貨による投資だということだけ理解していただければ大丈夫かと思います。

2.THE FINTECH2018ではどんなビジネスを学ぶのか?

さきほどから話してきていますが、今回のTHE FINTECH2018は仮想通貨ビジネスを学ぶことができます。

いえ、「学べる」という表現には少しだけ語弊があるかもしれません。

というのも、今回のTHE FINTECH2018では、作業というものが存在しないようです。

単純にお金を受け取るシステムのようです。

本当にそんな都合の良い話あるのでしょうか?

それを知るためには今回のビジネスがどう言った仕組みで収益を生み出しているのかを知る必要がありそうです。

2-1.手法は仮想通貨のFX

今回のプロジェクトの一つの肝となるのは、仮想通貨によるFX取引を行うということです。

FXは、これまで海外通貨の取引でのみ使用されるものだと思われてきました。

そして、その印象としては悪いものではないでしょうか?

というのも、FXはレバレッジと言われる特殊な取引によって自己資金の数十倍の金額を動かすことができる投資になります。

そのため、日本でも非常にメジャーな投資方法にはなってきているものの、まだまだ危険なイメージも多いFX。

しかし、しっかりとしたプロが運用してくれるということですから、損をする確率は非常に低いのではないでしょうか?

2-2.さらに現在注目のAIを搭載

どの業界でも最近はAIという言葉を聞くようになりましたよね?

丁度今日私は新システムの展示会に参加してきたのですが、一番人気はAIを始めとしたプログラムによって業務改革をするという分野に人気が集まっていました。

しかし、そんなAIも実用化こそされてきているものの、まだまだレベルの低いものになっています。

AIの最大の特徴は、自分で考える能力があるという部分です。

ディープラーニングと言われる手法で、過去のデータを蓄積、分析していくことで少しずつその精度を上げていくことが本来のAIの姿ですが、まだ日本の技術力ではそれを実現するのは難しいようです。

しかし、今回のプロジェクトでは、そんなAIでの投資が可能になっているようです。

というのも世界的なエンジニアたちがこぞって今回のプロジェクトに参加しているようで、そこに大きな資金を使っていると話されていました。

そのため、維持費もすごいようですが、そのおかげで非常にレベルの高いシステムが完成したのだそうです。

メンバーが100人規模の開発なんて、大手企業でも難しいのではないでしょうか?

それをトレードのためだけに集中して利用している企業なんて世界を探しても存在しないことでしょう。

だからこそ今回のプロジェクトは注目されているのです。

3.THE FINTECH2018のメリット

THE FINTECH2018には、多数のメリットが存在します。

しかし、その中でも最も大きなメリットは、

自由な選択ができるようになる

ということではないでしょうか?

このように、8年間という長い期間、負けることなく勝ち続けてきたのですから、信頼できるシステムだと思います。

だからこそ、毎日7万円という金額が保証されているのですが、これだけの金額があれば、どんな選択だってできるのではないでしょうか?

例えば住む場所。

本当は都心に住みたいのに、給料が安いからという理由で郊外から会社に通勤している人もいるでしょう。

この場合は、サラリーマンとして働かなくてはいけないために、職場の選択肢は首都圏になり、給料に縛られているために郊外に住むことを強要されています。

しかし、本当にお金があるのであれば、仕事に行く必要もありませんし、住む場所だって国内外含めて自由に選択できるのです。

これだけでも普通の人にとったらかなり大きなメリットですよね?

さらに、やってみたかった趣味。

これに関してもお金や時間を理由に多くの人が制限を受けています。

自由なお金さえあればサーフィンをしたいのに。

自由なお金さえあれば楽器の一つもやってみるのに。

なんて思っている人がどれだけいることでしょうか?

きっと数えきれないほどに多いことでしょう。

あなたももしかしたらそういった状況になっているかもしれませんね。

だからこそこのプロジェクトに参加するべきなのです。

時間もお金も自由になる生活ができるのですから、これまで我慢してきたことを全て行うことができるのです。

そうすることで日本の経済も成長するでしょうし、不景気から脱する手助けもできます。

ミクロの視点からもマクロの視点からもそのメリットは非常に大きなものです。

4.THE FINTECH2018のデメリット

さて、そんなTHE FINTECH2018ですが、もちろんデメリットも存在します。

それは、あなたのお金を扱うスキルについてです。

宝くじに当たった人の末路という話を聞いたことがあるでしょうか?

宝くじに当たった人の多くが実は将来的に破産すると言われています。

それはなぜか?

そのお金をうまく使うことができないからです。

お金を扱うということは非常に難しいものです。

これまで扱ったことのないくらいに大きな金額を急に手にする。

これは、最悪の場合人柄さえ変えてしまう可能性があります。

これまで謙虚だった人が、急にお金を持ったことで他人を見下すようになっていたり、金がある人が偉いという勘違いをするようになってしまうケースです。

そして、急激に上がった生活レベルになれてしまって、さらに高い買い物をするようになっていくのです。

そういった人が破産するという統計データなのですが、これはTHE FINTECH2018についても同じことが言えるのではないでしょうか?

急に1日7万円という不労所得が入ってきたら、普通の人であれば、生活レベルが上がってもおかしくありません。

そして、どんどんと高い買い物をするようになってくれば、さすがに収入が追い付かなくなる可能性があるのではないでしょうか?

もちろん、そのお金を新たにビジネスに利用したりすることができればなんの問題もないと思いますが、一定数そういった人がいることもまた事実ですので、それはデメリットかなと思います。

5.企画者の「吉村圭悟」さんはどんな人物か?

今回の企画者である吉村圭悟さんですが、元々は保険会社に勤務している営業マンだったようです。

しかし、保険を売っていく中で、現在の日本の保険の状況には落胆していたようです。

会社が利益を上げるための仕組

それが現在の保険の姿だと。

本来であれば、保険に入る必要のない人というのは一定するいるものです。

しかし、営業マンも売り上げを上げたいですし、会社からノルマも出されていることでしょう。

しっかりと売り上げを上げないといけないので、仕方なく売るといった場面も多かったようです。

そのため、必要のない人にまで売っていたようで、そういった人は長いスパンで見て2,000万円近くも無駄金を使っているのです。

それだけの保険料を払って結局その恩恵を受けることなく、最終的に老後破産をする人だっているのですから、無理に保険に入る必要はないのではないか?

そういった思いもあったために、ファイナンシャルプランナーを志したようです。

ファイナンシャルプランナーは、特に個人の家計を助けるために日々勉強やアドバイスをしている人たちです。

その人の生活状況を見て、保険が必要なのか。それとも今ある貯金を投資に回すべきなのか?

そういったことを見ているようです。

その後は、投資家としても活動しており、現在世界的にも有名な証券会社から毎年オファーをもらうくらいの実力をつけているようです。

さらに詳しいプロフィールはこちら。

年間161億円を売り上げた?!「THE・FINTECH」の吉村圭悟のプロフィールをチェック!

6.THE FINTECH2018で成功している人はいるのか?

THE FINTECH2018での成功者はすでに3,000人もいるようです。

これだけの人数に結果を出させるなんてすごいことですよね?

だって、すでに3,000人は億万長者なのですから。

もちろん、その収入には元々の資産や投資に使える金額などによって、個人差があるでしょうから具体的にいくらかはわかりませんが、最低7万円というオファーなのですから、1か月で210万円。

1年で見ると2,500万円ほどの金額になるはずです。

それだけの金額を得られている人は、成功者と呼んでも良いのではないでしょうか?

しかも、誰一人失敗することなく成功させたというのは非常に素晴らしいことなのではないでしょうか?

よく、巷のエセコンサルタントは、たった3人の人を稼がせたからと言って(それも正攻法ではないようなグレーな手法)全体の人数がたった3人にも関わらず、

再現率100%

を謳っていたりします。

しかし、3人中3人なんて、単純にたまたまうまくいったという可能性も十分にあります。

そういった言葉の綾で、騙してくるような人をたくさん見てきましたので、こういった話は個人的に母数を大切にしています。

1人中1人稼いでいるよりも

10人中10人稼いでいる方が確実なノウハウでしょうし、

100人中100人が稼いでいるのであればかなりしっかりとしたものでしょう。

母数が増えれば増えるほどにしっかりとした内容であるのは明白なのです。

ましてや3,000人もの人数が成功しているのですから、母数としては日本で一番だと思っています。

7.似ている商材のまとめ

今回の商材に似ているものを探してみたのですが、実際に見つけることができませんでした。

FXをAIで投資するものなどはいくつか商品が存在するのですが、どれもまだAIというにはふさわしくないレベルのもののようです。

そして、仮想通貨自体がかなり新しい投資対象ですので、まだ類似の商品がないのが現状です。

まぁ、個人的な意見としてはエンジニアを100人も導入して開発したシステムなのですから、そんなにポンポンと類似商品が出るとは思いませんし、もしかしたら当分似ているものなんて出てこない可能性だってあります。

単なるAIではなく、AGIというマルチタスクを可能にしたシステムということですが、恥ずかしい話、AGIという単語は初めて聞きました。

AIが一つのことしかできないという話を聞いて始めてそんなことを知りました。

それだけに、業界を知り尽くしつつ、その中でも最高峰の技術力を終結させていることは明白なのではないでしょうか?


あわせて読みたい記事


吉村圭悟は現在どんな仕事をしているの?お金は稼いでいるの?

世界を震撼させる新プロジェクト!吉村圭悟のビジネスに迫る!

情報起業家の吉村圭悟は詐欺師?壮大なプロジェクトを探る!

吉村圭悟のセミナー被害にあったら返金を受けられるのか ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です