養育費未払いに関しての専門弁護士の選び方とその際の弁護士費用

養育費未払いになる原因は、支払い側の経済状況の悪化だけでなく様々なことで発生します。どうしても両者の話し合いでは決着がつかない場合は、法的に詳しい弁護士に依頼することで早く決着がつくことも多いでしょう。その場合の弁護士の選び方や弁護士費用を調べてみました。

1.養育費の未払いに関する弁護士費用の相場は?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

養育費の内容とは

養育費とは、子供が社会人となるまでに必要な費用です。どういったものが養育費なのかその内容をみてみますと、衣食住の経費から、教育費、医療費、娯楽費なども含みます。子供が社会人になるまでのそれら全てを養育費といいます。

また子供が社会人になるまでというのは年齢で言うと20歳まで、もしくは子供が高校又は大学を卒業するまでとなっています。年齢で言うと18歳のケースと22歳のケースがあるということです。

養育費の算定

養育費の金額の算定は、養育費を支払う側と受取る側の経済力で決まりますし、また生活水準によっても変わってきます。基本的に両者の収入に見合った養育費を算定することとなります。養育費は慰謝料などと違って一括で支払うことはなく、基本的に定期的に支払うこととなります。

また養育費の算定額を決めるのは簡単にはいかないこともありますが、後になってトラブルが起きないようにするためにも、両者でよく話し合って決めておく必要があります。また一度決まった養育費でも、支払う側の倒産や失業、減収などの収入の増減、子供の進学問題や医療費問題、再婚による状況の変化などによって変更することができます。その際、養育費の変更は、正当な理由があれば請求時点にさかのぼって認められるケースもあります。

養育費未払いは早めに弁護士に依頼

養育費は、子供を育てていくために必要なお金ですが、もし約束を破って支払いが止まってしまったらどうすればいいのか?実際に養育費の支払いが滞ったりしているケースもあります。実際、母子家庭の15%が該当するという調査結果もあります。支払う相手が養育費を払わなくなった場合、その原因に経済的に困難になったために支払えなくなったということもあるでしょうし、別の原因があるのかもしれません。

相手との連絡が途絶えてしまったり、相手との話し合いが上手くいかない場合、弁護士に依頼することもあるでしょう。弁護士はこうした養育費の未払いに関して、法的にどうやって対応すればいいのかよく分かっていますから、問題が深刻化する前に早めに相談する必要があるでしょう。

養育費未払い発生での弁護士費用

養育費未払いという深刻な問題について、どうやって対処すればいいのか一般の人にとっては難しく、弁護士に頼むのが一番いいと思うでしょう。またそのためにかかる弁護士費用のことを考えて尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか?養育費未払いの問題で、強制執行する場合に弁護士費用はどれくらいかかるのか?相場としては、着手金が10万円ほど、成功報酬が1割程といったデータがあります。

また実際の養育費の支払い額は毎月数万円ほどであるケースが多く、強制執行できたとしても弁護士費用の方が回収費用の額よりも高くなってしまうこともあります。ですから、結果的に養育費を強制執行しても、手元にあまり残らないというリスクを考慮しておく必要があるでしょう。いずれにしても、正確な弁護士費用はネットの情報だけでは分かりません。実際に会ってから交渉することをすすめます。

2.相手に弁護士費用を負担させることはできる?

訴訟にかかった費用や弁護士費用を相手に負担させられる?

たとえば養育費の未払いで強制執行する場合、不払いになっている養育費の他に手続きでかかった費用も相手に請求することができます。しかし、手続きにかかった費用は、申立てをしたときに支払った収入印紙代や必要書類で実際にかかった費用のみとなります。ですから弁護士費用を相手側に請求することはできません。

つまり弁護士に依頼した当人で全て負担することとなります。弁護士に依頼するときに、弁護士費用は全て自分で負担しなければなりませんから、そのことを前提に費用の事を充分確認してから弁護士に依頼したほうがいいでしょう。そうでないと、後々もめることにもなりかねません。

3.自分が訴訟や集団訴訟を起こす際に信頼できる弁護士の選び方は?

信頼出来る弁護士をどうやって選ぶのか

もし自分が実際に訴訟問題や集団訴訟を起こすような事態になったとき、まず信頼できる弁護士を探すことから始めなければならないでしょう。費用を低く抑えたい場合は、無料である法テラスを利用するのもいいかもしれませんが、時間の制限や収入による制限もありますから、よく調べて利用することをすすめます。

また今はネット上でも弁護士事務所や個人の弁護士でHPやブログで、必要な情報を得ることができます。そうしたHPやブログなどでは、どうしても営業目的が主体のものも多くあります。あまりにも広告を多用しているサイトでは、サイトの作成目的そのものに不信感を抱いてしまうケースもあります。しかし、知人に弁護士がいない場合はどうしてもネットによる情報に頼らざるを得ないといったこともあります。

自分なりの情報収集によって信頼できそうな弁護士を選択するしかないのかもしれません。最終的には、実際に会って話をしてみなければ、その弁護士が信頼できそうなのかは分からないでしょう。ですから理想としては数名の弁護士と話をしてみて選ぶのがいいのではないでしょうか。

養育費の未払いに関する弁護士費用 まとめ

養育費の未払い問題は、子供の成長を考えると深刻な問題です。両人では話がつかずにこじれてしまうケースもあります。そんな場合は法的に詳しい弁護士に依頼して、なるべく早い解決方法をみつけるべきでしょう。その際に、そういった養育費未払い問題などに詳しい弁護士や信頼できる弁護士を探すことが重要になります。

また費用に関しても事前に調べておいた方がいいでしょう。自分にとって良い結果が得られて、信頼出来る弁護士の選び方というのは非常に難しいかもしれまえせん。しかしネットなどである程度の知識を身につけておくことで、悪質な弁護士に依頼してしまう可能性が少なくなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です