白石達也のメルマガについて

 

白石達也のメルマガの概要や評判についてまとめています。また、プロフィールや起業についても詳しくご紹介しています。

まず、「メルマガ」とはメールマガジンのことを言います。発信者が定期的にメールで情報を流し、読みたい人が購読するようなメールの配信の一形態です。MM、と略される事もあります。

1. 白石達也のプロフィール

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

白石達也さんの父は某大手航空会社のサラリーマン、母は外資系会社のコントローラーと、エリート家庭で育ったと言います。

自身も進学校に進み早稲田大学の商学部を卒業していますが、彼自身は学校でイジメにあい自殺を考えたり、つらい学生時代を過ごしていたようです。

また既存の学校教育に対する強い疑問を抱く。そんな中出会った自己啓発やビジネスセミナーにはまった白石達也さんは自由を獲得した喜びを得ました。

これからの時代は既存の学校教育や仕事のライフスタイルではなく、人々が幸福と自由を手にすることができる教育を作ることが大切であると考えた白石達也さんは20代で億単位の資産を構築し、iroas(イロアス)を創立した若き革命家となりました。

現在「IROAS」の創業者としてミリオネアライブや2000名セミナーのメイン講師もつとめており、自身のフェイスブックでは「EducationTechnologyを通じて教育革命を成し遂げ世界に幸せと自由を届けます!」と語っています。

また、白石達也さんは「株式会社alchemation」の顧問としても活動しています。

1-1.  早稲田大学在学中に起業

白石達也さんは早稲田大学の商学部へ6年通っていました。

早稲田大学の在学中には「僕は早稲田大学在住ですが、自力で稼ぎだしたので中退したいと話したら両親に泣かれて大学に行かざるを得ない状況です。親孝行のために大学を卒業してくれと言われました。就職活動しないと決めた身なんで大学に行く意味がわからず全然授業に身が入らないので、大学革命プロジェクトを立ち上げました。」とTwitterに呟かれています。

この時から既に光るものを持っているように感じられますね。

また、「伝説のFXブログ村」というブログを立ち上げており、「このサイトは誰にも知られたくない」と、嫉妬されるくらいのコアな人気がありました。

「【孤独】な為替取引をチーム戦へ。のコンセプトのもとに立ち上げたノアの箱舟プロジェクトを作ります。自力で稼げるようになって、自分を守りましょう。」

と謳っており、大学生ながら稼げる仕組みを作り上げている事が分かります。

2. 白石達也のメルマガ概要

白石達也さん、自身の公式サイトではメルマガ会員数「48920名」(2017年現在)となっております。

また、LINEフォロワー数は「45517名」(2017年現在)となっています。

白石達也さんのメルマガの概要としては、「自分があなたリストに日刊でメールを送り、あなたのアフィリエイトのタグでメルマガアフィリエイトする」という内容です。

また、「あなたはただ一つのビデオ商品をアップロードするだけで、そのビデオが無料であったとしても、自分が日刊でメルマガアフィリエイトするので15万の権利収入を見込むことが可能になる。」とも謳っているようです。

その購入者リストに対し、ファンタジーテンプレートを使うことにより、少ないリスト(100リスト)であったとしても、次の月には200万の報酬を見込める仕組みとのことです。

また、白石達也さんは「最終的には数億円、兆単位の資産を築くことが可能になってきます」とも言っていますが、兆単位なんて本当に可能なのでしょうか…気になります。

2-1. Amazon

「Amazon型情報販売ビデオプラットホーム」これによって誰もがリスト共有の輪に入れるそうです。

そもそも「Amazon型情報販売ビデオプラットホーム」というのはま”動画教材販売サイト”のことです。

Amazonという名前がついていますがけっしてAmazonのサービスではありません。

Amazonのように一度利用してくれた方に、関連商品、またはおすすめな商品を提案していく。というような仕組みを取り入れているという事のようです。

2-2. 白石塾

白石塾では大量のアクセスを共有することにより、リストを共有するとメールアドレスが自動で集まります。

メルマガアフィリエイトも白石さんがしてくれるので月額15万円の権利収入が見込めるということになり、それが白石塾の売りになっているようです。

3. メルマガの評判

ネットにある声の中に「参加者全員に月額15万円の権利収入が見込める根拠がわかりませんでした。」
とあります。

たしかに、参加者全員のアフィリエイトタグを
、白石さんがどのように、またどのくらいの頻度で使うのかという所が現時点では説明されていません。

また、「白石さんに一番リストが集まる仕組みになっていると思いますので、利用されているような印象も無きにしもあらずです。」という声も上がっており、その点の説明などは今の所ないようです。

無料オファーでは、多くのアフィリエイターに動いてもらい、見込み客リストを大量に取得しますので、利用されていると考えるのが正しい気もします。

まとめ

もちろん賛否両論どちらの意見もありますが、お金を稼ぐ仕組みというのはかなりハッキリとしているようですので他の業界人よりは評価が高いイメージです。

億単位、兆単位と、スケールの大きな話をされる点では蓋を開けて見なければ分からない部分でもあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です