白石達也は早稲田出身?名門だから凄い!

ユーチューブを使った情報商材の販売家として知られる白石達也。特に最近ユーチューバーが注目される中でYouTube商法に早くから着目をしていたことは、情報販売家の中でも先見性があった人間として、周りからも注目されています。その白石達也は学生時代はどんな人間だったのでしょうか。彼のように成功するために、学生時代は何を学んでいけばいいのかを考えてみました。

1. 白石達也が通っていた大学はどこ?

白石達也は出身としている大学はプロフィールを見ると、私立大学でも非常に人気の高い早稲田大学です。早稲田大学時代は理工学部に通っていたようであり、研究室などの活動の中で早くから情報商材に着目をして、学業とビジネスを両立させ頑張っていたことがプロフィールや本などに書いてあります。
早稲田大学は今では推薦入試も増えていますが、やはり理系で入試を突破するのはなかなか簡単なことではありません。高校時代に受験勉強にしっかり取り組み、基礎学力と応用力を身につけた上で受験に取り込まないと、普通の人ではとても合格できない難関大学、そして難関学部といえます。
その早稲田大学理工学部では、学業の中で情報技術の最先端に触れることができます。そういったことを学業の中で、学んでいく時に、白石達也は情報商材に注目をしていたのではないでしょうか。
早稲田大学といえば高田馬場に校舎があることでも有名ですが、白石達也はまだその付近に住んでいるとFacebooに記載をしています。白石達也にとっても、早稲田大学にはまだまだ愛着があるために、そう言った場所で生活をしているのではないでしょうか。

2.大学時代で彼の人生に役立ったもの

白石達也は早稲田大学の理工学部で習うことで、まず多くの人脈を築いています。早稲田大学に入学をしてくるような人は、都心の出身、地方の出身に関わらずそれなりのお金を持ってる人や学業がいい人が多いので、卒業後の進路も一流メーカーや政財界などに進む人がいます。理工学部は研究室にこもりがちなので、特に研究室内では非常に濃密な人間関係を築くことができます。そういった濃密な人間関係を築いたことで。大学の卒業後も友人達と連絡を取り合ってビジネスを拡大することに成功しやすくなるのです。
ビジネスで成功を収めていくためには自分自身の発想力はもちろんですが、その発想を実際に行動で生かすための人脈なども大変重要になってきます。資金繰りを行うのにも人脈があれば資金を調達しやすくなりますし、コネがあればさらにそこから大きく人脈を広げていくことも可能なのです。早稲田大学のような名門大学に通っていた人間は非常にコネが強く、政治家との繋がりも持ちやすいのです。
そしてもちろん理系学部ですからコンピューターに関する技術を学ぶこともできます。理系はしっかりと出席しないと単位も取れませんから、白石達也は大学時代にしっかりと学んでいたために、そこが今のビジネスにも十分生きていると考えられます。

3.卒業後の経歴とは

白石達也は大学を卒業した後は、どういった企業に入ったかの具体的な経歴は明らかになっていません。むしろ大学時代から情報商材ビジネスなどの動画で稼ぐことに気づいていたので、わざわざ企業に就職するまでもなく自分で会社を起こし、そこの代表者を務めていったと考えられます。彼は情報商材を使って、何と一つの商品で8億以上を売り上げたという実績があります。情報商材販売サイトとして知られるインフォトップでも何と1位を獲得した実績もあるなど、その情報商材の質は非常に高く評価をされています。

何と言ってもYouTubeが広告を取り扱い始めた頃からそれに着目し、動画を使っていかに魅力的な商品情報を見せてファンを獲得、質の良い動画を投稿することで広告でどんどん稼げるということを証明していました。
現在こそHIKAKINなどの登場で有名になったユーチューバーですが、2010年頃はまだまだマイナーな存在であり、とてもYouTubeで食べていくなど考えている人は少なかったのです。
白石達也は2008年頃からすでに動画マーケティングに着目していたので、神龍マーケティング商材などたくさんの情報商材を著しています。

まとめ

白石とっては最近では表立ってみなった情報商材の販売はおこなっていませんがFacebookなどを確認していくど金が現在もバリバリの起業家として活動していることが分かってきます。もう莫大な資産を築いたために、それほど表立った行動をしていないとも考えられますが、こういったエネルギーあふれる起業家は、また新しいチャンスがあればどんどん活動の枠を広げていくものです。白石達也の活動に常に注意を払っていけば、彼の注目した商材に自分も投資することで、同じように稼げるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です