ストーリー構築のプロ|下山裕斗さんのセミナーで学べることは?

いたって普通…それ以下だったフリーター時代。。。人生に希望を感じていなかった下山裕斗さんが思い出したのは、幼いころの夢「映画監督」でした。大人になってから夢を追いかけるのは無謀のようにも感じましたが、その経験が彼の人生を変えるきっかけとなったのです。そんな下山裕斗さんのセミナーが気になったので調べてみました。

下山裕斗はどんなビジネスをしている人?

下山裕斗さんは、1987年12月9日横浜市で生まれ、東京都で育ちました。彼は高校を卒業してから進学せずに職を転々とし、その当時ははみだしものとしてレッテルを張られていたようです。しかし、幼い頃に持った夢である映画監督への気持ちが再燃し、その夢を叶えるために映画学校に入学。しかし、そのハードルの高さに挫折してしまいますが、「プロダクトローンチ(製品やサービスのビジネス販売・インターネットビジネスで、顧客へのアピールとレスポンス獲得による、爆発的な報酬成果を目指す手法)は映画と一緒」という言葉に救われ、映画制作のスキルとプロダクトローンチを組み合わせた映像制作を手掛け、「ハリウッド式動画ストーリーテラー」というメゾットを確立し、大成功を修めました。現在のビジネスはこのメゾットを基本とした、セミナー講師・コンサルタント・スピーカー・著者など、話すことを仕事としている人にプログラムを提供しています。言葉を使って仕事をしている人のための講座で、IT関係の仕事は、セミナーや講座なども収入減の一つとなり、話す内容によって収入が増えるかどうかのカギとなります。そのような人たちのトークスキルを構成することが、下山裕斗さんのビジネスと言えるでしょう。

下山裕斗のセミナー一覧

下山裕斗さんは、コンサルタント・コーチ・著者・スピーカーなど、ストーリーを語ることが必要な人向けに、1ヶ月以内にストーリー構築をすることができる、ハリウッド式ストーリーメソッドプログラムを提供しています。このプログラムでは、ストーリーテリングのエキスパートとなり、自信を持って人前でストーリーテリングをすることで顧客が増え、セミナーでバックエンド商品をスムーズに売る流れを作ることが出来るそうです。そのためセミナーでは、下山裕斗さんの専門的な分野である、映画監督としてのストーリー構築の技術と、プロダクトローンチのスキルを伝授しています。その下山裕斗さんのセミナーは「最強ストーリー構築セミナー」と言う名前で開催しているようですので、ストリーを構築する必要がある職業の人は、是非チェックしてみてください。

下山裕斗のセミナーで学べることは?

「最強ストーリー構築セミナー」では、ストーリーの重要性、なぜストーリーがそこまで聞き手に影響を与えるのかということを、ワークを交えて体感し、学ぶことができます。このセミナーで興味をもった方のみ、ハリウッド式ストーリーメソッドプログラムへと進んで行くことができるようです。参加費用も3、000円と、ネットビジネスの中でも良心的な金額となっていますので、興味がある方は参加してみるといいかもしれませんね。

下山裕斗のセミナーにはどんな人が参加しているの?

下山裕斗さんのセミナーには、コンサルタントやコーチ、著者、スピーカーといった、ストーリーを構築して人に伝えなければならない業種の人だけでなく、映画を分析的に見れるようになるということから、映画好きにも人気のセミナーとなっています。趣味を深めたいという人も多く、「起業したい」「収入を上げたい」「営業の成績を上げたい」といった、仕事を目的とした人だけではないのも、参加しやすいポイントではないでしょうか。映画というのはこれからもずっと続くもの。無くなることがないという点でも、趣味の一つにリストアップしておくのも、生活を充実させる手段かもしれませんね。

下山裕斗のセミナーに参加する価値はある?

起業する…となると資本金が必要となり、結局諦めてしまう。。。という流れがありますが、下山裕斗さんのセミナーでは◎初期投資ゼロ!◎撮影機材ゼロ!◎専門知識ゼロ!◎人脈ゼロ!で始められると謳っているので、どのような内容か気になります。他にも、「ガラ空き市場」で著名人の動画撮影をするだけで60日後、月収60万…なんて言葉が並んでいます。実際に下山裕斗さんは2年で13億円を稼ぎ出しています。スマホレベルの撮影でお金になる知識を教えてくれるという事なので、そのような稼ぎ方に興味がある人は、セミナーに参加してみる価値があると思います。

まとめ

下山裕斗さんは初めから成功をした人ではなく、どちらかというと挫折が多かった青年時代でした。いつ変わるのか…何がしたいのか…それを感じる時が、下山裕斗さんのように成功へと歩む一歩なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です