仙道達也ってどんな人?アメブロはやっているの?

メールを利用した集客システムを使うことで知られている仙道達也。その彼のテクニックを学べるためのアメブロは、今でも運営されているのか、その点を調べてみました。

インターネット上での集客には今でも数々のメールマガジンや配信のためのメールスタンドを使うことが効果的であると言われています。特にそのテクニックを駆使して、多くの人から支持を受けている起業家の一任が仙道達也です。

仙道達也のメールマガジンテクニックを学びたいという人も多くいるでしょうが、彼の情報を知るには公式サイトやアメブロといった情報発信媒体をチェックしなくてはいけません。彼は今でもアメブロなどで情報発信しているのでしょうか、その点をチェックしてみました。

1.仙道達也の簡単な経歴

仙道達也は自分では詳細な経歴を明らかにしていません。生年月日などはFacebookにも記載もしてないので年齢の詳細については不明です。

ただしこれまでの大まかな経歴はわかります。株式会社マーケティングフルサポート代表取締役社長であり、大分県立日田高等学校に在学経験あり。現在は東京都渋谷区在住で、出身は大分県日田市となっています。

年齢に関しては、外見から推測する限り30から35歳までの30代前半ぐらいの年齢であることがわかるでしょう。経歴としても2000年代からト上で活躍しているだけにすでに、10年近い経験があります。20代のうちからネットビジネスに乗り出したと考えると、今は30代であると考えられるでしょう

今では会社の代表取締役を務めるようになり、ネット起業家業界においても、一定の存在感を放つ人間として活躍を続けています。

2.仙道達也のアメブロは?

そんな仙道達也アメブロですが、「仙道達也 アメブロ」という検索ワードで検索をすると彼がこれまで連載をしていたアメブロサイトを発見することができます。ただしそのブログでの書き込みは2015年でストップしており、もう2年以上も更新されていません。実はこのアメブロは現在の公式サイトからリンクも貼られていますが、旧ブログ扱いとなっているために、これまでに集めた情報がチェックできるという状況であるだけです。

そのため新しい情報は書き込んではありません。ネット業界の広告手法にも、長年続けられるものと、その時その時のタイミングで新しい手法を取り入れていくものという、二つのケースがありますが、仙道達也のアメブロに関しては当時のトレンドを中心にまとめてあるので今はあまり使える情報はないとも言えます。

しかし、もちろんネットマーケティングを行う上で重要な基礎的なポイントについても十分に記載があるので、当時のトレンドを知って、今に生かすための勉強することを十分に可能です。

時間があれば仙道達也のアメブロを細かくチェックしてみて、自分の役に立つポイントはどれぐらいあるのかを調べてみても良いでしょう。仙道達也のアメブロはなかなかのボリュームがあるので、一気に読むことは難しいですがそれだけに大変読み応えがあります。彼のテクニックなどを盗んでいくのに丁度良い機会かもしれません。

3.仙道達也はSNSをやっている?

そんな仙道達也ですが、今はどんなSNSを主に使っているかというと、FacebookとTwitterになります。Facebookは人と人との繋がりを重視するのに使えるために仙道達也のプライベートな部分まで伺い知ることができる内容になっています。もちろん自分がパーティーを行った、出版をしたといった彼のオフィシャルな情報も細かくチェックすることはできますし、出張でどこどこに行ってこんな料理を食べた、旅行でこんな遊びをしたなどの、彼の生活の一端を窺い知ることができる媒体としても非常に重要です。

Twitterに関しても、彼のビジネスのヒントを惜しげもなく披露しているので、フォローをして彼のつぶやきの内容を事細かにチェックしていくと良いでしょう。

公式連絡のような書き込みもありますが、彼の考え方についての報告のつぶやきの方がボリューム的には大きくなっています。起業家の考え方を知って自分の行動にそれを取り入れていくことは、初心者には大変重要な部分です。起業初心者というのは、まずは行動を起こす前の考え方心の持ち方から変えていかないと、同じような起業家を目指すことは大変難しくなっています。仙道達也のように大きくお金を儲けられる起業家になっていきたいと言うのであれば、彼のTwitterを細かくチェックして1日1つでもいいので、自分の行動を変えているように心がけましょう。

まとめ

仙道達也は今ではアメブロで情報発信していませんが、アメブロは残されているために重要な情報をそのブログで確認することは可能です。今はFacebookとTwitterを中心に情報発信をしているために、最新の仙道達也の情報を仕入れたいのであれば彼の公式ホームページに行ってFacebookとTwitterのフォローをするようにしましょう。

そうすればきっと重要な情報を見逃すこともなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です