和佐大輔さんのプロフィールとは?メルマガの概要や評判は?

和佐大輔さんはインターネットビジネス業界では、かなり有名な人物で、なぜそこまで有名になることが出来たのかというと、半身不随というハンディキャップを持ちながらも、ビジネスを成功させることが出来たからです。

ビジネスを成功させるというのは、健常者でも一筋縄ではいかないところを、
大きなハンディキャップを持ちながら成功させたということで、多くの方に生きる勇気とビジネス成功への秘訣というのを教えた人物でもあります。

今回はこんな和佐大輔さんのプロフィールや配信されているメルマガの概要や評判について紹介していきたいと思います。

1. 和佐 大輔のプロフィール

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

和佐大輔さんは1988年2月24日生まれで現在の年齢は29歳です。

もともとは普通に健常者として生活されていたのですが、12歳の時に起きた事故により頚椎損傷を起こし、そこから半身付随になってしまいます。そういったハンディキャップがあった為か、16歳で高校を中退しています。

そして17歳でまさかの起業。起業してからわずか1年ほどで年商1億円というとんでもない数字を叩き出しています。そして会社の社員は家族のみだったのですが、起業から9年間ずっと収益を下げることなく、経営していくことができています。

しかし半身不随の和佐大輔さんが、どのようにしてパソコン操作をされているのだろうと疑問に思う人もいるでしょう。

実は和佐大輔さんは口に割りばしをくわえてその割りばしでキーボードを操作しています。タイピングの速さは健常者と変わらないくらい早く、3日で1冊の本を執筆させることが出来るほどです。

先天性の障害を持っている方がこのような方法でパソコン操作を行うというは、普通であれば考えられません。先天性の障害の場合、生まれた時からその状態ですのである程度適応することが可能です。

しかし和佐大輔さんのような後天性の障害の場合、今まで普通に生活してきた中で、いきなりハンディキャップを背負う事となりますので、その障害に対する適応能力というのは、先天性に比べてかなり低いです。

和佐大輔さんは半身不随となり会社を起業するまでの5年間でタイピングが割りばしを口に加えて行えるようになってますので、根性は人一倍ある方といっていいでしょう。

2. 和佐 大輔のメルマガ概要

和佐大輔さんが配信しているメルマガは2種類あり1つは「和佐大輔のメルマガ」もう1つが「lllmatic通信」です。「和佐大輔のメルマガ」は無料配信されていて「lllmatic通信」は有料配信されています。

もちろんどちらも内容的にはかなり充実したものとなっていますので、まず気になった方は無料配信されている「和佐大輔のメルマガ」を購読してみることをオススメします。

3. メルマガの評判

「和佐大輔のメルマガ」では和佐大輔さんがこれまでどのように生きてきて、どんな方法でビジネスを成功させることが出来たのかという事が書いてあります。

無料で和佐大輔さんのインターネットビジネスに関する知識を学ぶことが出来ますので、かなり良心的、と高い評価を出している方が多かったです。「lllmatic通信」は有料配信されているメルマガですね。

しかし無料のメルマガがあるのにあえて有料の方を選ぶ人というのはいるのか?と思いきや、実際に有料のメルマガを購読されるかたも多数いらっしゃいます。

実は無料メルマガと有料メルマガには大きな差が存在ます。それは情報量の多さです。やはり無料と有料の差別化を図るためなのか、有料メルマガの方が内容・質ともにクオリティーが高いです。

本格的にビジネスを始めたいと考えている方は、間違いなく有料メルマガ「lllmatic通信」を購読したほうがいいでしょう。実際に有料メルマガを購読された方のほとんどが、結果を出すことが出来たということで高評価をあげています。

まとめ

半身不随になりながらも、一般的な健常者よりも高い収入をあげている和佐大輔さんの生き方というのは間違いなく皆が見習うべき生き方と言えます。

和佐大輔さんのメルマガというのはビジネスに関するノウハウを学ぶことが出来るものとなっているのですが、それ以外にも和佐大輔さんが事故後どのようにして大成功を収めたかというところまで詳しく知ることが出来ます。

これからビジネスを始めようと考えている方は成功する為の大きなノウハウを学ぶことが出来ますし、現在ビジネスをしているが上手くいかない人は、モチベーションを保つ意味でも和佐大輔さんの力強い生き方というのを理解しておくというのはいいかもしれません。

どんな方にも強くオススメすることが出来る和佐大輔さんのメルマガ、迷っている方は一度無料購読出来る「和佐大輔のメルマガ」から購読されてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です