佐藤文昭さんとはどういった人でどのような人生を歩んで来たのか?

今回紹介する佐藤文昭さんは、

インターネットビジネス業界では知らない人はいないというくらい、

有名でこの業界ではカリスマとも呼ばれています。

現在有限会社オーバルライズジャパンの代表取締役として、

華々しい人生を送られていますが、

ここに来るまでに様々な苦悩と困難を乗り越えてこられた人物でもあります。

今回はそんな佐藤文昭さんについて徹底的に調べ上げましたので、

紹介していきたいと思います。

佐藤文昭の人物像

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

佐藤文昭さんの父親は経営者で超お金持ちだったということで、

つまり佐藤文昭さんはボンボンのお家の生まれだったようです。

そういった家庭で育ち習い事は9つもやっていたそうで、

まさに英才教育を受けてきたようですね。

そしてそういった習い事を行ってきたからなのか、

記憶力が抜群によく学校のテストでは、

面白いほど点数をとれていたので、

自分自身天才じゃないのか?と思っていたそうです。

そして経営者の父に育てられて過ごしてきましたので、

自分自身経営者にならなければと自然に考えるようになり、

まず建設関係の経営者になろうと考え、

勉強の為に大手建設会社で4年ほどサラリーマンとして勤められました。

退社後父親の会社を継ぐこととなるのですが、

会社を経営学を学んでこなかった為、

このままでは父親の会社を潰してしまうことになるかもと思ったそうです。

そんな事をしてしまうくらいなら0から起業してみようと考えるようになり、

経営の勉強もかねて独立されました。

借金1600万円で人生を諦めかけた過去

独立しようと考えたとき佐藤文昭さんはに2人のお子さんがいました。

そして自分自身育児ストレスを抱えている中で、

何かそういったストレスを解消出来る場所を作ってみたらどうだろうか、

という発想の元託児所付きでランチを食べれる施設を作ろうと考え、

1600万円もの借金をして事業を始められました。

まずは出来るだけ多くの方に体験してもらおうと思い、

オープンから4日間だけはランチ代を半額で提供しました。

するとオープン初日から長蛇の列でこれはいける!と思ったそうなのですが、

4日後半額提供をやめたとたん、

全く客が来なくなりました。

1日の売上が6000円という時もあったようで、

経営をしていくこと自体難しくなり、

人生を辞めようかと考えるほど悩まれたそうです。

しかし家族が待つアパートに帰って、

笑顔で寝ている子供の顔を見ながら、

「こんな子供を残して自分が死のうなんて、俺終わってるな」

と感じるようになりそこから一気に目がさめたそうです。

そこからインターネットビジネスのカリスマ

佐藤文昭さんが生まれるのです。

主なビジネス内容

佐藤文昭さんはメルマガとアフィリエイトで、

インターネットビジネスを始められます。

メルマガの内容はネットビジネス・ダイエット・競馬と、

かなり異色な組み合わせでした。

これらでしっかりと利益を出すことは出来たのですが、

いつまでこれが続くか分らないといった不安から、

自らがコンテンツを開発してそれを売るという、

コンテンツビジネスを始められました。

利益をしっかり出せているにも関わらず、

違うビジネスに切り替えるというのは普通の人に出来る判断ではありません。

そこからおもにコンテンツビジネスである、

情報商材を売り利益を叩き出していったようです。

結果は比較的簡単に出すことが出来たようで、

やはり佐藤文昭さんに先見の目があったというところでしょうか。

現在はコンテンツビジネス以外にも、

建設業・IT業・通信販売・不動産と、

実に幅広いビジネスで高い利益を生み出しています。

この若さでこれだけの会社を経営していくというのは、

並大抵の努力では成しえることが出来ないと思います。

1600万円の借金地獄からここまで這い上がってこれたというのは、

さすがとしか言いようがありません。

普通の人であれば1600万円の借金の時点で人生を諦めてしまいそうです。

親しい人間関係

佐藤文昭さんは父親がもともと経営者ということで、

小さい頃から様々な人との交流があったと思いますので、

人脈の広さという点に置いては、

普通の人と比べて群を抜いていたと思います。

また自身が様々な会社を経営している経営者という立場でもありますので、

仕事柄色々な人と付き合っていくというのは避けて通れない道でしょう。

そういった中でも特に親しい人間関係というと、

やはり自分と同じネットビジネス関係の人間です。

佐藤文昭さんと同様ネットビジネスで高収入を上げている、

小島幹登さんや殿川啓太さん、

村上むねつぐさんなどその業界では名の知れた人達と、

とても親しくされているようで、

中には共同でビジネスをされたりもしています。

佐藤文昭さん自身「インターネットビジネスは人間関係がすべて」

という本を出版されているだけあって、

インターネットビジネスと人間関係というのは、

切っても切り離せない存在であるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です