佐藤文昭の4つの本は売れている?

「佐藤文昭の4つの著書は売れている?」

「お金の秘密手帳」で大ブレイクした佐藤文昭ですが、実は4つの著書を出版していました。小説、ビジネス、英単語本とバラバラなジャンルで著書出版している佐藤文昭さんですが、多くの部門で1位獲得しています。

1. マルチな経営を行う佐藤文昭氏は本の出版もしている

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

佐藤文昭という名前を聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

佐藤文昭さんといえば自身の著書を4冊も出版し、また33社の経営者でもあります。さらにはネットビジネス界ではかなりの有名人です。

「お金の秘密手帳」というメルマガを聞いたことがある方も多いかと思います。また、お金の秘密手帳を読んだ方は分かるかも知れませんが、かなりの文章力があり初心者でも入り込んでしまう書き方をされる人です。そんな方の4つの著書、とても気になりますよね。

しかも4つ全てジャンルが違うんです。

それでは今回は4つの著書について詳しくご紹介していきたいと思います。

2. 処女作「吃音センセイ」

こちらの作品は小説となっております。

「病気で入院しているお母さんが、死んでしまうかもしれない……」そのショ ックで吃音になってしまった5歳の少女、京子のお話です。

言葉がうまく出てこないことから、いじめられてくじけそうになったのを救ってくれたのは、同級生との淡い 恋であり、大学で出会った恩師でした。

やがてハンデを克服して小学校の国語の教師となった京子は、思いがけない場所で初恋の人と再会します。

実話をもとに、映画『英国王のスピーチ』でも話題の「吃音」をテーマに、 ハンデと真正面から向き合う少女の心の葛藤を優しい物語となっています。

吃音でお悩みの方はもちろん、子育て中のお母さん、少年少女たちに広く読んでいただきたい感動的なお話です。

3. 小島 幹登との合作「1か月で3億円稼ぐ ジョイント思考」

こちらはビジネスの著書です。

あのホリエモンが大絶賛したという”億万長者になるためのインターネットビジネス成功の思考法&テクニック”について詳しく書かれている本となります。

“億万長者”という憧れて誰もが夢見る世界ですが、ちょっぴり怪しげで、もしかしたら自分には縁のない世界かも…と感じている方もいるかもしれませんね。

しかしそれは大きな勘違いだと記されています。

お金持ちや富裕層の定義はいろいろあると思いますが、世界では「住居用不動産を除く資産総額が100万ドル以上(8600万円程度)」という尺度があり、日本には173.9万人もいるそうです。

これは米国に次いで2番目、世界の富裕層の16パーセントをも占めているといいます(2010年調べ)。

日本は不景気だと言いながら、お金持ちが多いのです。 つまりです、これだけ富裕層がいるということは、あなたがその仲間入りをしてもおかしくはないということになります。とあります。

これからのビジネスは、インターネット抜きにしては考えられませんよね。商売をするなら、ネットを使うのが明らかに儲けやすいからなのです。 だからこそ、著者は皆さんに私たちが持っているすべてを伝えたい、そして幸せになってほしいと思いで本書を書きました。

これらの2つのポイントを踏まえた、著者が持っているマインドと思考法のエッセンスをあますところなくさらけ出しています。

すべて実体験をもとに体得し、ネットビジネスで稼ぐための原理・原則そして、最短距離で「億」の金を稼ぐことを可能にした考え方など、より効果の高いものを選りすぐって紹介しています。

4. 泉忠司との合作「ザ・ビリオネア・テンプレート」

今回の本は共著で”泉忠司さん”と一緒に作った作品となります。

佐藤文昭さんや泉忠司さんが年間500億円を動かすその思考の原点である「ビリオネアテンプレート」をベースに、多くの協力を得て完成させる事ができた著書です。

ビリオネアテンプレートDVDとセットで読んで頂くとさらにビリオネアテンプレートをご自身へ吸収しやすくなります。

9月15日より販売をスタートしていますが、それに先立って出版記念キャンペーンを泉忠司さんと一緒に開催しています。

5. 「イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880

こちらも共著で、英単語本となります。

しかし、それもただの英単語本ではありません。

学生から大人まで大人気でこれまでに5万部を突破しています。

函館新聞、ライフハッカー、ライブドアニュース、gooニュース、bigolobeニュース、exciteニュース、Yahoo!ネタりか、ニコニコニュース、T-SITEに紹介され絶賛ブレイク中の著書です。

パラパラめくってみると、それほど難しい単語はないように思えるかもしれませんが、すべて完璧に覚えているという人も少ないのではないでしょうか。

英語が苦手な人や初心者は、最初から通してやってみて、ある程度英語力がある人はきっと苦手単語を減らすのに役立つはずです。

また、イラストで覚えるものやイメージで覚えるという単語集はほかにもありますが、脳のクセまで意識しているものは少ないと思います。

TOEICに的を絞っているところも魅力的です。TOEIC受験者にとってはかなり役に立つ1冊といえるでしょう。

笑えるイラストを見て、1単語を15秒で覚えてしまう画期的な本です。それも一度覚えたら忘れません。

今回二人の協力得て、佐藤文昭自身は監修者としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です