佐藤みきひろ氏と小玉歩氏がボクシング対決!勝負の理由とは?

佐藤みきひろ氏と小玉歩氏がボクシング対決!勝負の理由とは?

ネットビジネスの世界で何かと話題の佐藤みきひろ氏と小玉歩氏。この2人がボクシングで対決をしたことがあると聞けば、興味が湧きますね。今回はその経緯と理由、結果について調べてみました。

1. 佐藤みきひろと小玉歩がボクシング対決をしたことがある

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

何かと話題になることの多い2人がボクシング対決。一見、全く関係のない方法での対決で気になるところですが、まずは2人の人物像を簡単にみていきたいと思います。

1-1. 小玉歩氏とはどのような人物か

小玉歩氏といえば、秋田県出身の1981年生まれ。有名なのが「クビでも年収1億円」という著書です。一部上場企業に勤務する一方で、副業のネットビジネスで儲けた結果、年収が1億を超えてしまいました。その結果、勤めていた会社をクビになり、その体験を書籍にして10万部の大ヒットとなりました。その後もヒット著作を連発。ネットビジネス界だけではなく、集客コンサルティングや口コミサイトの運営など、その事業は多岐にわたります。

1-2. 佐藤みきひろ氏とはどのような人物か

一方、佐藤みきひろ氏はサラリーマンから独立し、起業するも半年間もの間無収入で、アルバイトを掛持ちする生活だったそうです。2001年にマーケティングビジネスでようやく成功し、月収150万円を超えました。

しかし、成功に気を良くした結果、借金を2000万円作ってしまい、自殺未遂まですることに。同時に離婚する結果になりました。その後、新規に立ち上げた運転代行や、話題となった博多料理「龍馬」などの飲食店を展開。7業種で成功し、コンサルタントビジネスを開始。そのことについて出版した書籍で3万3000部を売り上げました。マーケティングやソーシャルメディアについての講演会や企業研修なども積極的に行っています。facebook塾でも有名な人物です。

2.  ボクシングの映像

それでは、まず実際のボクシングの映像をご覧ください。

(https://www.youtube.com/watch?v=WIYUg_S2KRk)

事前にトレーニングも行っていたそうで、なかなか本格的な試合となっていますね。佐藤氏にも何度か反撃のチャンスもあったように思いますが、皆さんはどのように感じられますでしょうか?

小玉氏は終わった後に自身のブログで、不思議なほど腕が上がらなかったと言う感想を述べていますので、見ている以上に大変な試合であったといえるかもしれませんね。

3. 佐藤みきひろ氏と小玉歩氏はなぜボクシングをしたのか

3-1. ボクシングの試合に至る経緯とは

そこで疑問となるのが、なぜ佐藤みきひろ氏と小玉歩氏がボクシングをしたのかです。その経緯が分かる動画をみたところ、佐藤みきひろ氏が出版予定の書籍の表紙が、小玉歩氏が一躍有名となった著書「クビでも年収1億円」の表紙と瓜二つだったようです。それに怒った小玉氏と、いわゆる「逆ギレ」をした佐藤氏との間を取り持った七星明氏がその決着の場を用意したという経緯でした。

3-2. 七星明氏とはどのような人物か

七星明氏というのは、10年間以上にわたって日刊メルマガを発行し続け、現在はインターネット総合プロデューサーとして活躍している方です。数々の大型のイベントやセミナーを成功に導いてきた七星氏。七星氏を有名にしたのは、その経歴とは別に、自身の母親との喧嘩動画を投稿したことが話題となったこともあったようです。

七星氏が用意した試合の場は、6000人のセミナー会場。インターネットの世界で有名な2人がボクシングの試合をするという、多くの人の興味を引くイベントを盛り込んだことで、イベントも大成功したようです。その他にもネットの世界で勝利していくための気合を示すと言う意味でプロによるボクシングの試合も行われました。そのために本格的なリングが設置されていたんですね。

しかし、この2人に関して言えば、喧嘩の段階からの動画が存在することが若干不思議です。この試合自体が人々を楽しませるためのエンターテイメントの一つであったとも感じられますね。

4. 勝者が勝ち得たもの

この試合の勝者は、小玉歩氏となりました。その結果、負けたら表紙を変更すると約束していた小玉氏は事なきを得る事になりました。一方、敗者となった佐藤みきひろ氏は出版を差し止め。既に印刷もしているという話が出ていましたが、実際の動画に写っていたのは見本のチラシでしたので、実害はなかった可能性もありますね。そのような想像も含めて、参加者は多いに楽しむ事になったのではないでしょうか。

そして、本当の勝者は6000人を集めたセミナーを成功させた七星氏だと言う気もしますがいかがでしょうか。

まとめ

さまざまに話題となった佐藤みきひろ氏と小玉歩氏のボクシング。斬新な企画で多岐にわたる事業を展開してきた人たちが提供する、ユーモアあふれるエンターテイメントと感じました。

際に行われたのは2013年ですので、年月が経っても話題となるというのはそれだけ興味深いイベントだったという事ではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です