佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」を主宰する会社名は?

FAIR WORLD PROJECTの日本政府公認画像

佐藤大樹(さとうだいき)さんの「FAIR WORLD PROJECT(フェアーワールドプロジェクト)」をご存知でしょうか。

これは今までのプロジェクトとは全く違った内容の新しいプロジェクトです。

10年ほど前から、「アフィリエイト」などで稼ぐ人が出始めました。

当時は、アフィリエイトに関するノウハウをまとめたものが全くありませんでしたので、そうしたものをまとめて「情報商材」として販売したり、高額セミナーとして開催することで、かなりの収入を得ることができたのです。

ご存知の通り、現在では、そのような情報は検索すれば無料でたくさん集めることができますので、こうした商売はもう成り立たなくなっています。

昨年末はビットコインの高騰により、仮想通貨が注目されました。

こちらも、最初のうちはそのノウハウをまとめたり、全自動投資などで収入とすることができましたが、昨年末250万円の値段をつけていたビットコインは現在は70~80万円程度で、
規制が厳しくなっていくことを考えると、仮想通貨で稼ぐのももう限界かも知れません。

そんな中、今回の佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」は、これまでにない全く新しいプロジェクトで、国家公認のものとなっています。

728名の参加者はすでにそれぞれ1000万円を獲得している実績のあるプロジェクトなのです。

1.FAIR WORLD PROJECTをやっている佐藤大樹の会社名

FAIR WORLD PROJECTのLPの画像

「FAIR WORLD PROJECT」を進行している佐藤大樹さんとはどんな人物でしょうか。

佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」を開催している会社はどんな会社なのでしょうか。

佐藤大樹さんは、東証第二部に上場している大企業の会長のご子息としてお生まれになります。

その資産は400億円だそうです!

しかし、若者によくある父親との確執によって、高校を中退して工場へ就職され、2年間社会勉強をしたうえで「お金の大切さ」をしみじみと学ばれます。

その後は仮想通貨のプロジェクトなどに関わったりもされますが、すでに仮想通貨の時代は終わっているといういち早い先見の目を持ち、まったく新しいプロジェクトを立ち上げます。

それが「FAIR WORLD PROJECT」です。

こちらのプロジェクトを主宰している会社は、「合同会社テクノロジー」というものです。

2.佐藤大樹の会社はどこに位置している?

佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」を主宰する「合同会社テクノロジー」は京都に拠点をおく会社です。

これからの企業ですので、インターネット上には多くの情報は上がってはいません。

ただし、佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」の方は、すでに実績があり、728名の参加者の全員が、それぞれ1000万円を獲得しています。

そもそも、この佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」は、つい最近まで法律上日本では実行ができないものでした。

2018年7月に国会で新しい法案が承認され、この佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」が正式に日本政府の公認となったのです。

それからわずかひと月程度で、728名にそれぞれ1000万円を獲得させるという実績を上げているので、かなり信用性の高い会社であることは間違いがありません。

3.佐藤大樹の親の会社は大企業?FAIR WORLD PROJECTの日本政府公認画像

 

佐藤大樹さんは、幼いころはお父様のことを尊敬していたといいます。

佐藤大樹さんのお父様は東証第二部に上場する大企業の会長です。

その資産は400億円にものぼり、佐藤大樹さんはとても裕福な環境で育ったということです。

実はこれは非常に重要なことで、サラリーマンの家庭に生まれるのと、成功している経営者の過程に生まれるのでは、やはりかなりその後の人生に影響があるといえます。

たとえば、サラリーマンの家庭では「安定」した職業に就くことを教えられることが多く、得たお金は貯金するように言われることが多いです。

それに対し、成功している経営者の家庭では「小さな会社でも人に雇われるよりはましだ」と教えられることが多く、得たお金は増やすように教えられます。

こうした環境の違いが佐藤大樹さんの成功の秘訣になっているとも言えるでしょう。

4.佐藤大樹の会社やFAIR WORLD PROJECTは信用できるか

そもそも、佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」とはどういった内容なのでしょうか。

その内容は公開できない面も多いようです。

参加後48日間の技術習得の期間が設けられています。

1000万円を獲得するための知識と技術を48日間の順序を得て学び、取得することになるようです。

「何もしなくて1000万円」とか「何もしないで毎月30万円の収入」といった、うまい話だけのプロジェクトとの差はここにあります。

この佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」は、1000万円を獲得するための理論も技術もしっかりとあり、「何もしなくても手に入る」のではありません。

この辺りが、「うまい話だけ」の詐欺まがいのプロジェクトとの違いであり、1000万円を獲得するだけの「理由がある」ということです。

また、このプロジェクトは仮想通貨やアフィリエイト、株式投資やバイナリーなど、今までの手法とは全く違うものとなっています。

その手法自体は、法整備が間に合っておらず、つい最近まで日本ではできない事業でした。

ところが、国会で承認され、国家公認のプロジェクトとなったことで、実行が可能となったのです。

ただし、この方法が広まれば、間違いなく規制されることになります。

儲かりすぎるからです。

そうしたことを考えると、このプロジェクトも先見の目を持ち、早めの参加が大きな利益をもたらすことは間違いがないことです。

インターネットが普及して、様々な情報が簡単に手に入る世の中になっていますが、その情報には、使えるものと使い物にならないものがあり、ほとんどが後者に分類されます。

今回の佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」でも、いろいろな情報が流れるでしょうが、自分自身でしっかりとその内容を確認し、情報を選別しなくてはいけません。

いいことばかり書いている情報を信じてはいけませんし、悪いことばかり書かれている情報も真実とはいえません。

メリット、デメリットが両方書かれ、冷静な目で判断されている情報を探してください。

そのうえで、ご自身で判断されるといいでしょう。

佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」は、今のところ728名の参加者全員が参加から48日後には1000万円獲得できるという実績があります。

これはメリットでしょう。

ただし、そのためには知識と技術を学ぶことが必須であり、そのために48日間も設けられているというがいわばデメリットです。

こうしたことを把握したうえで、判断していただけたらと思います。

ただ、アフィリエイトも仮想通貨も、早ければ早いほど儲かっているのは事実です。

早めの参加がおすすめです!

佐藤大樹の会社名・まとめ

佐藤大樹の画像

今回は佐藤大樹さんの「FAIR WORLD PROJECT」について、佐藤大樹さんやその会社の中身を見てきました。

佐藤大樹さん自身は、大企業の会長のもとで育ち、経営感覚をしっかりと身につけられた一流の経営者であること。

さらには、法的整備が間に合っていなかったにもかかわらず、国家公認後わずかひと月足らずで参加者728名全員に1000万円を獲得させていること。

こうしたことを考慮すると、若い会社ではありますが「合同会社テクノロジー」は信頼できる会社だといえます。

これから大きく成長する会社であるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です