佐藤文昭さんの経歴や成功への道のりとは?師匠との出会いについて紹介!

今回は有限会社オーバライズジャパンの佐藤文昭さんについて紹介させていただきます。

佐藤文昭さんは建設会社社長の子供で超ボンボンの家庭に生まれ、何不自由ない生活を送られていました。

そしてその後はその会社を継ぐ事になっていたのですが、自らの意志でそれを断ち起業することになります。

しかしなぜ約束された道がありながら、その道には進まずあえていばらの道を進むような事をしたのでしょうか?

今回はそういったことも踏まえて、佐藤文昭さんについて詳しく調べてみましたので紹介していきましょう。

1. 佐藤文昭の経歴とは

今でこそ億万長者となり、華々しい人生を送られている佐藤文昭さんですが、起業して間もない頃はかなりの苦労をされています。

佐藤文昭さんは現在の会社を始める前に、託児所付きのカフェを経営されていました。しかしこの事業は失敗に終わり、2000万円の借金だけが残ってしまいました。

一時は自殺まで考えるほど落ち込まれていたのですが、妻子持ちである佐藤文昭さんは、このままでは家族を守ってなんかいけないと奮起し、ネットビジネスを始めることとなります。

ネットビジネスに関するノウハウを全く持っていなかった佐藤文昭さんですが、独学でそのノウハウを学び、メルマガのアフィリエイトを始めます。

もともとコピーライティング能力が高い佐藤文昭さんでしたので、結果はすぐに出すことができ、初めの月から100万円オーバーの収入を叩き出します。

そこから情報商材ビジネスをはじめ、様々なインターネットビジネスを展開され、現在では33社もの会社を経営する実業家となっています。

2. 佐藤文昭の成功への道のり

冒頭でも紹介したとおり、佐藤文昭さんは大学卒業後は父親の会社を継ぐ予定でした。

そして建設会社の経営ノウハウを学ぶため、大手建設会社に就職することとなるのですが、ここで会社を経営することの難しさをしり、自分が会社を継げば父の会社は潰れてしまうと、考えるようになり、しっかりと経営のノウハウを学ぶまでは、父親の会社を継ぐことは出来ないと思い、自ら起業することとなります。

普通の人であれば、安定した父親の会社を継いでくれと言われたならば有無を言わさずOKを出すところなのですが、佐藤文昭さんは自分にはまだそこまでの力量が無いことを自覚し、断わっています。

こういった所をみると、何事も成功する人というのは常に先を見据えて行動をしているように感じられます。

そういった事からも、佐藤文昭さんが成功する事が出来たのは、目先の利益に捉われずに先を見た冷静な判断を行う事が出来たという点が大きかったのではないかと感じます。

1. 師匠との出会い

もともとネットビジネスについての知識を全く持っていなかった佐藤文昭さんでしたが、独学でネットビジネスについての知識をもりもりとつけていき、現在のような成功を収める事が出来ました。

しかし普通であれば独学で知識をつけたといっても、ある程度誰か師匠と呼べるような人物からノウハウを教えてもらったのではないかと考えられます。

ネット上でその佐藤文昭さんの師匠について調べてみたのですが、詳しい情報は載っていませんでした。その為もしかすると佐藤文昭さんの師匠にあたる人物はいなくて、完全に独学でここまでのし上がってきたのかもしれませんね。

3. 現在の実績

もともとネットビジネスで成功を収めた佐藤文昭さんですが、先述した通り現在は33社もの会社を経営する実業家となられています。

ネットビジネス成功後にリアルビジネスを展開する成功者の方は数知れないですが、佐藤文昭さんのように33社もの会社を経営するというのは、かなり稀なパターンでしょう。

そのリアルビジネスというのは不動産やガソリンスタンド、化粧品販売などジャンルを問わず実に広く展開されています。もしかすると経営に関する才能というのはもともと持っていないのかもしれないですね。

そう考えると佐藤文昭さんが父親の会社を継いだとしても、会社を潰すことなく経営していけたのではないかと思わざるを得ません。

まとめ

今回は事業失敗で2000万円もの借金を背負いながらも、ネットビジネスで成功し億万長者となることができた佐藤文昭さんについて紹介させていただきました。

もともと超お金持ちの家に生まれ、将来も父親の会社を継ぎ安定した生活を送る事ができたはずなのに、あえて茨の道を選ぶという大胆な判断をした佐藤文昭さん。

しかし結果は父親の会社以上の利益を出すことが出来ていますので、やはりビジネスについての才能というのはかなりのものがあるのでしょう。

成功する為には、思い切った行動が必要なのかもしれませんが、少しでもリスクを回避し成功へ近づけるようにしたいと考えた場合には、佐藤文昭さんのような本物の成功者の、行動やノウハウを吸収してマネしてみるというのもいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です