若き天才経営者!佐藤文昭の大学とは?

多数の会社を経営し、その実力からネットビジネス会でも非常に注目されている佐藤文昭さん。
億万長者を多数輩出もしていますし、インターネットビジネスをしている人で知らない人がいないといっても過言ではない、あの「与沢翼さん」をプロデュースしたのも佐藤文昭さんのようです。
そんな多彩な佐藤文昭さんについて今回はお話ししていきたいと思っています。

1. 佐藤文昭さんが通っていた大学とは

佐藤文昭さんが通っていた大学については、残念ながら正確な情報はありませんでした。
あまり大学以前の話は語られておらず、それは佐藤文昭さん自身が大学生起業家の類ではないからだと考えられます。
というのも、佐藤文昭さんのお父さんは、小学生の時に起業してからずっと経営者という生粋のエリートです。
そんな環境で育っているため、ポッと出の若手起業家のような形ではなく、もっと色々な部分にスポットが当たるからではないかと思います。
大学で経験したこと以上に、社会人になってからの経験の方が有意義なものだったのでしょう。
後述しますが、色々な失敗もしてきていますし、その分大きな結果も残しています。

2. 佐藤文昭さんのプロフィール

さきほども出て来たように、佐藤文昭さんの実家は非常にお金持ちです。
その類稀なる才能も、先天性のものに加えて環境的な要因も強いようです。
小学校の時には週に8個の習い事を当たり前のようにこなし、大きなイベントでメインを務めることも多々あった幼少期でしたので、「できて当たり前」のような能力がついていったようです。
兄弟がいるようですが、皆年上で年齢も離れていたようですので、小さい頃から家族みんなに可愛がってもらっていたようです。
「王」となるべく育てられたとご本人が語っておられましたが、その雰囲気はかなり柔らかいものでした。
元々家がお金持ちで、王になるべく育てられたくらいなら、鼻に付くような言動があってもおかしくないかなと思っていましたが、お父さんはそういった傲慢なお金持ちが嫌いなようで、かなり謙虚な方だそうです。
その影響もあるのか、言っていることは非常に的を得ているし、厳しいことも言っているのですが、どこか親しさの残る風貌に、非常に人間としても魅力的です。
社会人になってカフェ経営に乗り出したようですが、その時には人生で初めてといっても良いくらいの失敗をして2,000万円もの借金を負ったそうです。
開店当初は、メディア戦略やマーケティングも駆使して非常にたくさんのお客さんが来ていたようですが、開店の際にキャンペーンとして金額を下げていたのが悪かったのか、キャンペーン終了後にはパタリとお客さんが来なくなったようです。
親に毎月赤字を出してお金を借りに行くのは、非常に屈辱的で、死を覚悟するくらいの落ち込みようだったそうです。
しかし、その後インターネットビジネスを含めて非常に大成され、30社以上のオーナーになるなど華々しい復帰を見せています。
その業種はガソリンスタンドから化粧品、インターネットビジネスやコンサルティングなど非常に幅広いものになっています。

3. 佐藤文昭さんはどれくらい稼いでいるの?

佐藤文昭さんは、一体どのくらい稼いでいる方なのでしょうか?
33社の会社オーナーであり、与沢翼さんを始め多くの億万長者をプロデュースしているくらいなので、相当な額を稼ぎ出していることは間違いありません。
無料のセミナー動画では、一番順調な化粧品の会社が年商で20億程度といっている動画がありました。
一般的な化粧品の利益率は10%から15%と言われていますので、それだけで見ても年収にして2億円になります。
その他の会社についても業績は順調なようで、すべての会社で黒字経営を行なっているようですので、一社あたり化粧品の会社の収入である2億円には及ばないでしょうから、その10分の1の金額の2,000万円の利益があったとしても約30社で6億円になります。
中には利益率の高い会社もあるでしょうから、もしかしたら年収にして10億円以上になるのかもしれません。
さらに、過去に投資商品を紹介している人と動画に参加などされていましたし、その商品も非常に順調に売れているようでした。
その商品自体の中身に関しては確認していませんが、紹介動画中の発言から、佐藤文昭さん自身も投資をしているようなニュアンスがありました。
そうなると、ビジネスで稼いでいる以外にも月に数億円というお金が入って来ていてもおかしくありません。

まとめ

今回は、今非常に力のある経営者である佐藤文昭さんについて話して来ました。
多彩な能力で、あらゆる業種で結果を出されている佐藤文昭さんですが、個人的に感動したのは、
「もしもお金も人脈もなくなったらどうやって再度成功するか」
という問いかけに対して、
「お金持ちにジョイントしてもらって、実績を作る」
という答えでした。
それをするには、相手に圧倒的にメリットになるような自分の能力が必要で、それがないのであれば必死こいて勉強するしかないと言っておられたので、単に才能だけでなく、努力の量もすごいのだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です