今が旬!リップル投資まだやってないの?

あなたは現在、仮想通貨による投資をしていますか?

もししていないのであれば、非常にもったいないです。
今は仮想通貨が投資の中でも最も稼ぐことのできる投資対象であり、今や多くの投資未経験者が挑戦し、そして大きなお金を得ています。

2017年にはビットコインの急上昇を皮切りに多数の仮想通貨が、その金額を短期間のうちに数倍へと上げました。

もしかしたら、友達が仮想通貨で稼いだことを聞いて、
「あぁ、自分もやっておけばよかったな」
「今からやっても遅いだろうな」
などと思われているかもしれませんね?

ですが、安心してください。
今から勉強しても仮想通貨で稼ぐことは可能です。

というのも、仮想通貨というのは日本円のような通貨として、多くの人が利用することを前提として作られています。

しかし、現在周りを見渡してください。

これだけ仮想通貨が流行っているというのに、仮想通貨の利用できるお店がどれだけあるでしょうか?
そして、どれだけの人が仮想通貨を持っているでしょうか?

仮に仮想通貨が世界基準の通貨となったとすると、日本人の半数~9割くらいは仮想通貨を持つことになるでしょう。

そうなると仮想通貨の需要は今とは比べ物になりませんから、まだまだ伸びしろはあるのです。
そこで、今回はそんな仮想通貨の中でも非常に人気の高いリップルについてみていきたいと思います。

1. リップルとは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

さて、リップルというのはどのような通貨なのでしょうか?
仮想通貨は、世界的に見れば数えきれないほどの数の通貨があります。
そのため、しっかりとした差別化ができている通貨だけが生き残っていくということが予想されますので、投資を成功させるためにも勉強してほしいところです。

リップルに関して、仮想通貨の取引所でもある「coincheck」にはこのような記載があります。

『リップルの最大の特徴とは、「XRP」と呼ばれる通貨を使ったブリッジ機能と、
Gatewayによってあらゆる通貨(仮想通貨を含む)を預けられるWebウォレット、そしてIOUを利用した取引です。』

では、詳しく見ていきましょう。

1-1. ブリッジ機能

このブリッジ機能は、その名の通り「架け橋」になることを意味しており、あらゆる仮想通貨の中間通貨としての役割を果たす機能になります。

リップルシステム内で使用することのできる通貨である「XRP」。
このXRPは、ビットコインのように単体の通貨ではなく、ドルやユーロなどの国の通貨だけではなく、仮想通貨とも交換することが可能なのです。

といっても、普通の人にはピンとこないと思いますので、簡単に説明すると、このXRPを利用することであらゆる通貨の送受信が種類に関係なく数秒で行うことができるのです。

近年、インターネットの発達によって非常に便利になっていく一方で、全ての事柄にスピードが求められるようになりました。

一昔前に比べ、パソコンのスピードは格段に速くなったのに、多くの人が少しパソコンが遅いと文句を言ったり不満に思ったりします。

そんなスピードを求めている世の中に対し、その速度性を重視したのがリップルなのです。

独自のコンセンサスシステムというものを搭載しており、ビットコインでは10分もかかる処理を数秒で行うことが可能になっているのです。

1-2. IOU

IOUとは、「I owe you(私はあなたに借りがある)」という言葉の略で、ゲートウェイと呼ばれるリップルの残高証明を発行する場所で借用証書を発行することで行う取引です。

ゲートウェイに関しては、ここでは難しくなりすぎるので詳しい説明は割愛させていただきます。

IOU取引は、詳しく見ていくと非常に難しく感じますが、簡単に説明すると、直接お金のやり取りをするのではなく、借用書をやり取りするイメージです。

そして、そうすることでのメリットは、お金のやり取りにかかる膨大なコストを減らすことができるという点です。

これだけたくさんの仮想通貨が出てきて、その上各国が発行している通貨もあります。
今後もこの通貨間のやり取りは非常に多くなることが予想されますので、通貨を交換するコストもばかになりません。

その時にはリップルのようにコストを抑えた取引が非常に効果を発揮するようになってきます。

2. リップル最新情報

2018年1月5日には過去一週間で倍以上に値上がりしたリップルは、ビットコインに次ぐ第二位となりました。

そして、これだけ人気になったのにも関らず、コインベースが取引開始を決定していないことが非常に話題になっています。

コインベースは、仮想通貨の取引所で、ブライアン・アームストロング最高経営責任者(CEO)が新たな通貨を取引対象に加える決定はしていないと表明したようです。

同取引所がビットコインキャッシュを取り扱い通貨に加えた昨年12月19日、ビットコインキャッシュは一時45%値上がりするなどの実績があるため、非常に残念なニュースです。

ただし、これはこれから投資を始めようと思っている人にとっては非常に良いニュースで、このコインベースがリップルの取引を開始したら、その時に儲けることが可能なのです。

これだけの値上がりをしていてもなお、伸びしろはあるようです。

3. リップル相場

では、リップルの最新の相場はどのようになっているのでしょうか?
この記事を書いている1月の7日には1リップル当たり約330円が相場となっています。

ただし、仮想通貨の場合には国の通貨と違って非常に変動が激しいです。
本日から直近24時間で見ても約270円から340円という価格変動があります。

2018年のお正月明けに一気に価格が高騰し、一時400円を突破したのですが、その後急落して現在の金額になっています。

4. リップル購入

リップルはどこで買うことができるのでしょうか?

現在リップルを取引できる取引所は、
・CoinCheck(コインチェック)
・bitbank.cc(ビットバンク)
・GMOコイン
・Bit Trade(ビットトレード)
・Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ)

となっています。
コインベースでの取引が開始されなかったのは非常の惜しいですが、それでも多くの取引所で扱うことができます。

5. リップルの将来性は?

ここでは、リップルの将来性について見ていきたいと思います。

確かに、これまでは非常に有力な投資対象だったと思いますが、同じように相場が上がり続けるという保証はありません。

仮想通貨は、需要と供給で価格が変動するので、多くの人から必要とされないコインは金額が下がってしまいます。

その点、リップルについてはどうかというと、前述したように通貨間のお金のやり取りで非常に高い性能を発揮するリップルはこれから仮想通貨が一般の人も持つようになり、世界中で仮想通貨が使えるお店やサービスが増えてきた時にこそその真価を発揮します。

ということは、まだまだ伸びしろがある非常に将来有望な通貨ではないかと思います。

まとめ

今回は、仮想通貨の中でも現在ビットコインに次ぐ人気のリップルについて見てきました。

その値上がりは、投資対象としても非常に魅力的ですし、通貨間の取引コストを削減できるシステムには今後への期待もできます。

直近はもしかしたら、コインベースの件もあり、非常に相場があれる可能性はありますが、長期的に見ればまだまだ成長していくコインだと思っていますので、是非今後の動向を見守るとともに、最新の情報をお届けしていければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です