仮想通貨とリップル(XRP)の将来性



「あのGoogleが唯一出資した仮想通貨」「東京三菱UFJ銀行が採用を表明している」
といったニュースで世間をおおきく騒がせているのが仮想通貨リップル(XRP)です。

大手企業がこぞって参入する理由はただひとつ、「リップルには将来性がある」
と感じているからです。

とはいえ、「リップルはビットコインほど流通していないように思う」
「価格も上がらないし、もうダメなんじゃないの?」と考える人もいるでしょう。

そこで今回は、仮想通貨リップルの将来性について解説していきます。

1. 仮想通貨とリップル(XRP)に将来性はある?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨は文字どおり、貨幣や紙幣といった実体をもたない「インターネット上にしか存在しないお金」です。2017年4月には「仮想通貨法」が施行され、仮想通貨は「通貨」として正式に認められました。

ビットコインの高騰により仮想通貨の存在は日本中に知れ渡りましたが、2018年初頭におきた仮想通貨取引所による仮想通貨流出の事件などをうけ、「やっぱり仮想通貨はダメだ」と感じる人も少なくなかったでしょう。

しかしリップルを含むさまざまな仮想通貨は消えるどころか今後ますます、
私たちの暮らしの中で大きな存在になっていくことは間違いありません。

1-1. 仮想通貨とリップル(XRP)の違いと将来性

知名度ナンバーワンの仮想通貨というと、ビットコインを思い浮かべますよね。
では、ビットコインのような仮想通貨とリップルにはどのような違いがあるのでしょうか。
比較してみることにしましょう。

■ビットコインに代表される仮想通貨の特徴

・管理者がいない
・「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムにすべての取引が記録される
・データは世界中の参加者によって管理されているため改ざん不可能
・データはネットワーク上にあり、いつでも誰でも閲覧できる
・ビットコインは「マイニング」によってコインの新規発行がおこなわれる
・ビットコインを使って買い物をすることができる

ビットコインには「銀行」に代表されるような仲介者がいません。
その代わり「ブロックチェーンと呼ばれる、すべての取引を記録する台帳が存在します。

このブロックチェーンは世界中の参加者によって監視・管理され、つねに取引の整合性をチェックしているため改ざんは不可能、不正な取引をおこなえばすぐに分かるようになっています。

さらにブロックチェーンのデータはネットワーク上にありますから、いつでも誰でも閲覧できるきわめて透明性の高い仕組みといえます。

さらにビットコインについては、マイニング(取引データに誤りがないか・不正がおこなわれていないかチェックする作業)がおこなわれ、マイニングをおこなう人たち(マイナー)への報酬として新規のビットコインが発行されるようになっています。

また、ビットコインで物やサービスを購入することも可能です。
日本円やドルといった法定通貨に変わる「国がなくなっても存続し続ける」新しい資産のかたちとしても注目されています。

■リップル(XRP)の特徴

・管理者が存在する
・リップル自体は仮想通貨ではなく「決済システム」である
・リップルの通貨の単位は「XRP」
・企業同士の取引や国際的な取引をスムーズにする
・XRPは異なる通貨どうしの橋渡し役(ブリッジ通貨)になる
・将来的に送金や決済、資産の移動が自由自在になる可能性がある

リップルにはビットコインなどの仮想通貨とちがい、米国の「リップル社」という明確な管理者が存在します。

リップルそのものは仮想通貨ではなく、決済をスムーズにおこなうためのシステムです。リップルのシステム内で使われる仮想通貨は「XRP」と呼ばれています。

リップルという決済システムはそもそも、企業同士・国際的な取引を劇的にスピードアップさせるために作られました。これまでの銀行を通じた国際送金はインターネットが普及するより前に作られた古いシステムです。

そのため、複数の銀行を経由するため送金完了までに数日から数週間かかる・手数料が高い・送金失敗などによるトラブルが絶えませんでした。そこで銀行を経由しない、低コストでスピーディーな国際送金を可能にするリップルが開発されたのです。

ちなみに、ビットコインが決済完了までに要する時間は約10分、XRPは最速で4秒というから驚きですよね。

また、これまで国際送金をする際はかならず中継銀行が必要でした。
たとえばあなたが、アメリカから日本にいる家族に送金する場合…

1:アメリカの銀行に送金依頼をする(手数料が発生)
2:アメリカの銀行は中継銀行にお金の移動を依頼する(手数料が発生)
3:中継銀行はさらに日本の銀行に送金を依頼する(手数料が発生)
4:日本の銀行から家族の口座に送金

これだけの手間とコストがかかるのです。複数の銀行を通して送金する場合はさらに手数料がかさみ、ドルから円への両替手数料なども発生してきます。

では、リップルを使用してアメリカから日本に送金する場合はどうでしょう?

1:アメリカの銀行に送金依頼をする(手数料が発生)
2:アメリカの銀行からXRPに変換
3:XRPが日本の銀行に届く
4:日本の銀行から家族の口座に送金

わずかな手数料しか発生せず、複数の銀行を経由することもないので迅速で確実な送金が可能になります。もちろん、ドルから円への両替手数料も発生しません。

また、ドルや円など世界の国々に広く出回っていない、マイナー通貨同士の取引にもXRPが役立ちます。

マイナー通貨同士がお金のやり取りをする場合はすぐに両替することができず、
いったん世界に流通している通貨(ドルなど)に両替してから送金する必要が出てきます。

するとさらに両替手数料がプラスされます。しかしXRPを利用すれば、マイナー通貨同士でも短時間で安価に送金できるようになるのです。

1-2. リップル(XRP )の価格は将来いくらまで上がる?

画期的な決済システムネットワークで話題を呼んでいるリップル(XRP)ですが、その価格は将来どのくらいまで上がっていくのでしょうか。様々な予想がたてられています。

■ウェブボット(webbot)による予測

ウェブボットとは、仮想通貨が今度どうなっていくか予測するために作られたツールです。SNSから仮想通貨に関連する情報を抜粋して分析、将来の動向を予測します。2017年に暴騰したビットコインの値動きもしっかり読んでいました。

ウェブボットによると、リップル(XRP)は2018年の5月から本格的に値上がりすると予測、それは仮想通貨の登場により世界規模で金融システムの改革がおこなわれているからです。国境をこえ、安全・安価・迅速に送金できるリップル(XRP)の決済プラットフォームとしての役割に注目が集まっています。

■ナスダックによる予測

ナスダックとは、アメリカ全土のベンチャー企業向けに作られた株式市場のことです。1971年にオープンした当時は世界初の100%コンピューターシステムによって制御されている証券取引所として人々の関心をあつめました。

ナスダックによれば「長期的な視点に立つと、リップル(XRP)は5ドルを超えてくる可能性がある」といいます。

世界中の金融機関は効率化とコストの削減を急ピッチで進めています。
仮想通貨に使われているブロックチェーン技術は効率化・コストカット、どちらも叶える画期的な技術であり、決済プラットフォームとして有用性の高いリップル(XRP)の需要も高まるだろうということです。

■Ripple Coin Newsによる予測

Ripple Coin Newsは、仮想通貨やリップル(XRP)についての鋭い見解を示しているウェブサイトです。「仮想通貨の誕生によって私たちの経済活動はどんどん変わっていく。
特にリップルは送金システムを変える画期的な仮想通貨である」と述べています。

Ripple Coin Newsは「2018年12月までには、リップルは7ドル以上の値をつけているだろう」と予想、既存の国際送金サービスでは発生できなかった「送金~着金まで最短1~3日」の壁をラクラク打ち破り、手数料もほとんどかからないリップルは注目に値するということです。

■ロイター通信社による予測

ロイター通信社はイギリスに本社を持つ通信社です。
近年は世界の金融市場の動きをいち早く伝える通信社として国際的に知られています。

ロイター通信社は、「リップルはビットコインのような華やかさこそ持たないが、実力派未知数であり、今後の動きから目が離せない仮想通貨である」という見解を発表しています。

リップルが世界で最も大きな部類に位置する金融グループであるUBSやアメリカンエクスプレスと提携したこともその注目材料のひとつになっています。

また、2017年のビットコインの価格上昇率は1,200%、一方リップルは35,000%を超える伸びを示していることも、今後のリップル(XRP)から目が離せないとした理由としています。

2. リップル(XRP)には将来性があると言われる理由

リップル(XRP)には「将来性がある」とよく言われます。

ビットコインに比べると知名度が低いように感じられますが、実は海外送金を安価にスピーディーにおこなうことができる、世界でも特に注目度の高い仮想通貨のひとつなのです。

2-1. リップル(XRP)の最新情報からわかる将来性

リップルは国際送金をする際にかかるコストや時間を極限まで短縮するため、
独自に「リップル・ネット」と呼ばれるネットワークを作り上げようとしています。

個人・銀行・企業・団体など、お金のやり取りが発生するであろう「すべて」をリップル・ネットでつなぎ、既存の決済の仕組みを根本から変えようとしているのです。

リップル・ネットの開発が進むにつれて、世界でも様々な動きがではじめています。

■ビットコインの時価総額を超える?リップル(XRP)の価格上昇がめざましい

これまで時価総額1位の座をいちども他の仮想通貨に譲りわたしたことのないビットコイン。しかし、2017年12月から2018年初頭にかけて、リップル(XRP)の価格が高騰、時価総額はビットコインの2分の1を超えたのです。

・XRPの価格は着実に上がっている

2017年12月4日時点:約29円
2017年12月21日時点:100円を超える
2018年1月4日時点:約260円~約400円、およそ55%も高騰

・XRPの時価総額はビットコインにせまる勢い

2017年1月1日時点:約260億円
2017年12月4日時点:約1兆1103億円
2018年1月4日時点:約16兆6236億円

「29円から400円に上昇した」この点だけをみれば「たいした値上がりではない」
と感じるかもしれません。しかし、時価総額はたった1か月で15兆円以上も増えています。

これまで仮想通貨界の圧倒的王者として君臨してきたビットコインを超える可能性も出てきているのです。

■中国の決済サービス会社LianLianがリップル・ネットに参加を表明

2018年2月7日、中国の決済サービス会社LianLian Payは、「すでに取り扱っている19銘柄の仮想通貨を即時決済できるリップル・ネットはサービスの質を大きく向上させる」として期待をよせています。

みなさんもご存知のとおり、中国政府は仮想通貨取引を全面的に禁止しています。
インターネットで仮想通貨に関連する企業にアクセスすることさえできなくなるといわれています。

しかし国際社会において、中国と他国の決済は今後ますます増えていくでしょう。

リップル社のCEOは「今後、LianLian Payを足がかりとして中国の中央銀行である中国人民銀行と連携するヴィジョンがある」ことを示唆しています。この動きは仮想通貨界はもちろん、世界各国の金融業界全体の注目を集めています。

2-2. 要チェック!リップルの2018年の動向

2018年初頭におこなわれた、フィンテック(IT技術を活用した新しい金融サービスのこと)の専門家たちによるパネルディスカッションでは以下のような意見がとびかいました。

「リップル(XRP)の価格上昇がめざましいこと・その有用性に大きな期待が寄せられていることは、世界の有名銀行や企業がリップルに出資していることからも明らかであり、2018年が終わる頃にはビットコインに次ぐ第2位の仮想通貨になるかもしれない」というものです。

■2018年の夏以降にスマホ送金アプリがリリースされる?

金融商品を中心とした商品やサービス、国内・国外の金融関連企業への投資などをおこなう巨大企業として有名なSBIが中心となり、リップルのシステムを活用したスマートフォン向けの送金アプリ「Money Tap」の商用化を目指しています。

携帯電話の電話番号・QRコードなど、銀行の口座番号以外のものを使用して決済・送金がおこなえるようになるなどMoney Tapが普及すれば、とても便利なサービスとして、私たちの生活に欠かせないものになっていくでしょう。

2017年の10月に住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行が先行して商用化をおこなう銀行として運営の詳細について協議をスタート、2018年4月以降に試験的に運用をはじめ、2018年の夏以降の一般公開を予定しているといいます。

2-3. リップルの2020年を大予想

2017年の終わり頃から徐々に価格を上昇させ、時価総額の面でもビットコインに追いつくほどのめざましい伸びをみせているリップル(XRP)、「次に仮想通貨界をゆるがすのはリップルである」と指摘する専門家も少なくありません。

その背景には、リップル(XRP)に秘められた将来性が大きく関係しています。

・安価で安全でスピーディーな国際送金を実現
・すでに100以上もの提携先を獲得

とはいえ、2018年・2019年のあいだは、リップル(XRP)を市場に広く浸透させていく期間であるという考え方が濃厚です。将来的にリップルはビットコインのような立ち位置を獲得するのではないかという見方もあります。

2020年には世界の有名銀行だけでなく、幅広い金融機関でリップル(XRP)が取り扱っていることでしょう。リップル(XRP)の価値はさらに上がり、人々の生活から切り離せない主軸通貨のひとつになっていることも大いに考えられます。

3. 「将来性がない」という意見も!仮想通貨やリップル(XRP)のデメリットとは

リップルはスピーディーで安全な国際間送金を可能にするプラットフォームとして高い関心を集めている仮想通貨です。

しかしその技術がどこまで発展していくか、本当に実用化され、わたしたちの暮らしをより便利にしていくのか、不透明な部分も残されています。

また、ビットコインをはじめとした仮想通貨は誕生してわずか数年と歴史が浅いことも、人々の不安を刺激し「将来性がない」という意見につながっています。

では今度は、仮想通貨やリップル(XRP)のデメリットについて考えてみましょう。

■仮想通貨を守れるのは自分だけ

実体のない仮想通貨はインターネット上にしか存在しません。
ウィルス感染やサイバー攻撃によってすべてを失ってしまうこともあり得ます。

しかし多くの仮想通貨には「発行主体」が存在しません。円やドルといった法定通貨のように国がその価値を保証してくれているわけではないのです。

そのため、自分の仮想通貨を守れるのは自分だけということになります。

■仮想通貨は不安定な通貨?

仮想通貨の価格はつねに変動し続けます。ですから仮想通貨投資によって大儲けできる可能性もあれば、大損する可能性もあります。また、ネットワーク上にトラブルが発生するとたちまちシステムがダウンし、取引不可能な状態におちいることも想定しておく必要があります。

■リップルは中央集権型の仮想通貨

リップル(XRP)はビットコインのように、「取引の整合性をつねにチェックしあう」という仕組みを取っていません。

「リップル(XRP)の発行主体であり管理者のリップル社によってある程度操作できてしまうのではないか?」という不安があるのです。

ただ、世界中の金融機関をネットワークで結び国際間取引をスムーズにするためには、中央集権型のシステム構築が欠かせないということもできます。

4. 仮想通貨とリップル(XRP)の将来性を信じても大丈夫?

ビットコインをはじめとした様々な仮想通貨、そしてリップル(XRP)は今も驚くほどのスピードで進化し続けています。

とはいえ、盛り上がっているのは仮想通貨投資をしている一部の投資家に限られるようにも思えます。まだ一般に広く仮想通貨の価値が広まっていない現在、「将来性を信じても大丈夫だろうか?」という気持ちになるのも無理はありません。

だからといって「仮想通貨はダメだ!」とバッサリ切り捨ててしまうのは間違いです。円やドルといった法定通貨は国が消滅すれば一緒にその価値を失います。

しかし仮想通貨は国の存亡にかかわらず価値を保持し続けるのです。

仮想通貨が世界に流通し、仮想通貨に使われているブロックチェーン技術(すべての取引を記録する台帳であり、ありとあらゆる情報を書き込めるという、事実上改ざん不可能とされる画期的な台帳)が活用されることで、私たちの生活は一変するでしょう。

個人情報の管理を他人にまかせるのではなく自分で管理できるようになることで、個人情報の流出事故もなくなるでしょう。

リップル(XRP)によって手数料のほとんどかからない安全でスピーディーな海外送金が実現すれば、マイナー通貨同士のやり取りもスムーズにおこなわれるようになるなど、既存の金融決済システムは根本からくつがえされることになります。

このようにビットコインをはじめとする仮想通貨やリップル(XRP)は、計り知れないほどの将来性が秘められているのです。

5. リップル(XRP)の取引所と買い方

リップル(XRP)を購入する方法は2種類あります。

販売所から直接購入する方法と、取引所で購入する方法です。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

・販売所で購入する場合

メリット:ほしい仮想通貨をすぐに購入できる
デメリット:仮想通貨を購入する際に割高な手数料をとられる

・取引所で購入する場合

メリット:手数料をおさえ、仮想通貨を安く購入できる
デメリット:売り手と買い手がマッチングしないと取引が成立しないため、すぐに購入できない場合がある。

上記をふまえ、特にオススメな3つの取引所を紹介しておきます。

・bitbank(ビットバンク)

bitbank内での取引はすべて手数料が無料です。リップル(XRP)をどこよりも安く手に入れるならbitbankがオススメです。

・BitTrade(ビットトレード)

bitbankに比べると手数料が少し高めに設定されていますが(0.25~0.45%)、リップル(XRP)など6種類のアルトコインの取引もできるため、開設しておいて損のない取引所です。

・GMOコイン

日本で最大級のインターネットサービス会社が運営する取引所であり、セキュリティにも力を入れているため安心感が高く、初心者にも使いやすい取引所です。

6. まとめ

ビットコインをはじめとした仮想通貨、そしてリップルの将来性について、さまざまな側面から解説してきました。

仮想通貨は今後ますます技術革新が進み、わたしたちの暮らしの一部になっていくでしょう。将来性の高い、法定通貨にとって代わるかもしれない仮想通貨についての知識を、今のうちから少しずつ身につけていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です