「億り愛」を立ち上げた吉田慎也のプロフィールは公開されているのか?!

「億り愛」という全く新しいプロジェクトを立ち上げた吉田慎也さんは、仮想通貨のプロフェッショナルだといって間違いありません。

仮想通貨というと、「安い時に購入して高くなったら売る」といった程度しか素人には思いつかないものですが、実は、さまざまな投資方法が存在しています。

その一つが「マイニング」と呼ばれるもので、吉田慎也さんはこの「マイニング」のために中国に東京ドームがすっぽりと入るほどの専用の工場を所有しています。

さらには、「ICO」という事業にも当初からかかわっており、「仮想通貨」に関してプロ中のプロだといえます。

そもそも、仮想通貨の事業に関していえば、現在はほぼ頭打ちで、これから素人が参戦して大儲けできることは恐らくないでしょう。

当初から真剣に関わってきた人たちだけが稼ぎ続ける世界になりつつあるようです。

今回は、そんな吉田慎也さんのプロフィールと、具体的にどういった事業をしているのかについて詳しく見ていきたいと思います。

1.億り愛の吉田慎也のプロフィール

吉田慎也さんは、やはり変わった人物だと言わざるを得ません。

むかしから「働かずに収入を得るにはどうしたらいいか?」という、いわゆる不労所得収入を得ることばかり真剣に考え続けていたといいます。

そのため、株式投資やFXなども真剣に学んだそうです。

吉田慎也さんは、そうやって「不労所得収入」を得るための方法を学び続けていたわけですが、そんななか仮想通貨と出会うこととなります。

仮想通貨と言えば、素人は安く買って高く売ることしか思いつきませんが、吉田慎也さんは、すでに様々なことを学んでいらっしゃったので、「トークン」「マイニング」「ICO」など、いまではあたりまえとなっている方法を、そのころから実践されていたのです。

それから吉田慎也さんはさまざまなプロジェクトを立ち上げ、大儲けされることとなります。

ただし、実際にはものすごく忙しくされていて、「不労所得」にはならなかったわけですが。

1-1.吉田慎也さんが取り組んでいるマイニングって何?

「マイニング」という言葉もよく聞きますよね。

みなさんは何のことだかご存知ですか?

「マイニング」とは、「採掘」という意味だそうです。

実は、仮想通貨のやり取りには非常に複雑なシステムが導入されています。

まず、一つひとつの仮想通貨の取引データのことを「トランザクション」といいます。

複数の「トランザクション」をまとめたものを「ブロック」といいます。

ようするに取引データを集めたものですね。

仮想通貨の取引は、このトランザクションのデータをブロックに書き込んだところで成立します。

「マイニング」とは、このトランザクションのデータをブロックに書き込む作業のことです。

「マイニング」をする人がいないと、仮想通貨の取引が成立しないということです。

ブロックに書き込まれるデータは「ハッシュ値」と呼ばれる暗号となります。

マイニングする人はこのハッシュ値の計算もするのですが、それが終わると新たに仮想通貨が発行され、報酬として手に入れることができるのです。

このハッシュ値の計算にはスーパーコンピューターが何百台も必要なため、吉田慎也さんは中国にその工場を所有しているというわけです。

この「マイニング」の事業には、そういった理由でもはや個人が参入する余地はなさそうです。

現在は、中国の企業や吉田さんのように早期から着手していた人たちでまかなわれています。

2.吉田慎也のプロフィールから億り愛は信用できるか

今回新たに立ち上げられたプロジェクト、「億り愛」は、そんな吉田慎也さんの集大成ともいえるプロジェクトです。

そこには、今まで培ってきた仮想通貨の知識がふんだんに盛り込まれていて、「知っているものにしか作れないプロジェクト」であるということができます。

さらには、とても斬新なアイデアが盛り込まれていて、アイデアの面でも優れたセンスを持っているといえます。

こうした、仮想通貨のプロである吉田慎也さんだからこそできるプロジェクトであって、ほかの人が「億り愛」を立ち上げても、ちょっと「大丈夫?」「詐欺じゃないの?」と思いますが、吉田慎也さんには知識も経験も実績もアイデアもありますので、まず信用できるといえるわけです。

また、のちに説明させていただきますが、吉田慎也さんは今までにも様々な仮想通貨や「ICO」にかかわる案件を成功させています。

こうした実績は、まさに論より証拠で、吉田慎也さんの信用に直接つながるものであるといえます。

まだ若干26歳ではあるのですが、その才能は天才的で、仮想通貨の分野に関しては世界的にもトップランナーだといえます。

そんな吉田慎也さんが新しく立ち上げた「億り愛」は、そうした仮想通貨の知識だけでなく、新たに斬新なアイデアが盛り込まれています。

それも、今まで「ありそうでなかった」アイデアで、非常に面白いものとなっています。

「不労所得を得たい」という情熱と、仮想通貨に関する知識、経験、さらには、こうしたアイデアが、吉田慎也さんの信用に繋がっていると思います。

2-1.吉田慎也の億り愛にでてくる「ICO」ってなに?

さて、問題はこのプロジェクトには専門用語が多すぎて、もはや素人ではその仕組みが全く理解できないことだと思います。

まず「ICO」という言葉をご存知ですか?

これは、新たに起業したり、新たなプロジェクトを立ち上げたいときに、資金が必要となりますよね。

簡単に言うとその資金集めの方法です。

「トークン」というデジタルのポイントカードのポイントようなものを用意し、それを売ってネット上で資金を調達するという方法です。

そのポイント、あるいは仮想通貨と同じようにコインと呼ばれたりしますが、それを売ることで、資金を集める方法を「ICO」と呼びます。

「トークン」は聞いたことがある人も多いと思います。

ただし、これも「仮想通貨とどう違うの?」と疑問の方がほとんどなのではないでしょうか。

実は、仮想通貨というのは「ブロックチェーン」というシステムでその安全性を保たれています。

今回はブロックチェーンについては説明を省きますが、このシステムを一から構築するのは大変なことなので、すでにある「ブロックチェーン」をレンタルして通貨を発行するというのが「トークン」です。

もちろん、ビットコインやイーサリアムのような「仮想通貨」は独自のブロックチェーンを持っています。

そのブロックチェーンを借りて発行するのが「トークン」というわけです。

このトークンを売って資金を集めるのが「ICO」というわけですね。

2-2.吉田慎也の億り愛はどういうシステム?

問題は、「トークン」を発行しても、売れなければ意味がないですよね。

いわばトークンは「株式」みたいなもので、その会社が成長するという「信用」がなければ売れないわけです。

そこでいかにその会社に信用があるかを広告する必要がありますよね。

「ここなら将来大企業になる」と思ってもらえれば、その企業が発行したトークンは高く売れるということです。

そうすると資金が集まるというわけですね。

今回の「億り愛」は、それとは少し違います。

「ICO2.0」と銘打たれているように、「ICO」自体とは少し違うのです。

何が違うのかというと、「ICO」は企業が資金を集めるのに使われるのに対し、「ICO2.0」は、企業ではなくコンテンツに投資するという内容です。

とても斬新なアイデアで驚きます。

「エンタメ系コンテンツに投資する」という発想は、ありそうでなかったアイデアではないでしょうか。

「ん?どういうこと?」と混乱している方もいらっしゃると思います。

文字通りの説明で申し訳ありませんが、まさに「エンタメ系コンテンツに投資する」ということです。

ハリー●ッターやスター●ォーズ、ガン●ムなど、数十年も愛され続けているエンタメのコンテンツはさまざまに存在しています。

こうしたコンテンツに投資をすることで、利益を得ようという試みです。

これは「斬新」ですよね。

3.吉田慎也は億り愛以外にどんなプロジェクトをしてきた?

さて、説明したように「ICO」では、トークンを発行したものの、資金が集まる気配がないという案件がたくさんあります。

そこで、こうした「ICO」を精査するチームが世界中にあるわけです。

「ICO」を行っている企業を見極めて「ここなら大丈夫ですよ」と紹介すれば、トークンも売れて資金が集まるということですね。

吉田慎也さんは、仮想通貨事業にいち早く取り組み、仮想通貨のコミュニティを運営しておられますが、その会員数は2万3千人にも及びます。

そこで、吉田慎也さんの独自チームが精査した「ICO」案件をコミュニティに紹介すると、「ICO」を行っている企業は資金が集まり、コミュニティに参加している会員は儲かるという、三方よしのシステムとなるわけです。

すでにこのコミュニティに紹介して集めた資金調達額は10億円以上に登ります。

たとえば、2017年9月に「Agrello」の相場は47円で、その4ヶ月後には約3,5倍の最大169円になりました。

2017年12月「HelloGold」の相場は2,6円でしたが、たった1ヶ月後には約12倍の最大32円になりました。
これはすごいことですね。

単純に「HelloGold」のトークンを1万円買っておけば、ひと月後には12万円になっているということです。

4.吉田慎也は投資案件に強い?

吉田慎也さんの経歴を見てみるとお分かりのように、その大部分は伏せられています。

どういう理由かはわかりませんが、検索しても、学歴や職歴など、あまりはっきりしたものは出てこない状態です。

にもかかわらず、株式、FX、仮想通貨、こうしたものにはいち早く参戦し、かなり詳しく関わってきたという内容は、いろいろなところで書かれています。

これを見るにつけても、吉田慎也さんが、「投資案件」にかけては自信があるということがよくわかると思います。

現在も、仮想通貨のマイニングファームを中国に所有しているなどは、いち早い先見の目がなければできないことに間違いありません。

また、そうした先見の目は、膨大な知識と情報、経験がないと培われるものではありません。

こうしたことをふまえても、吉田慎也さんが投資案件に強いのは一目瞭然だと言えるでしょう。

5.吉田慎也の億り愛の参加方法

吉田慎也さんの「億り愛」ですが、エンタメコンテンツに投資することで何が今までの「ICO」と変わるのでしょうか。

まず、トークン自体に「配当権利」を付与したため、価値がなくなるということがなく、暴落する心配がないことです。

コンテンツという「実物資産」に投資するので、金や銀のように一定の価格がついているということです。

そのため、株式のように「ゴミくず」になる心配がないということです。

また、企業が成長するのを待つ今までの「ICO」と違い、エンタメコンテンツは短期間で結果が出ることもメリットのひとつです。

この吉田慎也さんの「億り愛」への参加は、メールアドレスを登録するだけで大丈夫です。

とても簡単に参加できるので、まずは参加をするのがいいでしょう。

億り愛の吉田慎也のプロフィール・まとめ

今回は、「億り愛」を立ち上げた吉田慎也さんのプロフィールに焦点を当てて見てきました。

わずか26歳にもかかわらず、優れた先見の目を持ち、様々なことにチャレンジする姿勢は素晴らしいものがあります。

ただし、こうしたプロジェクトに参加する際には、自分にあったものかどうかをよく検討してからの参加をおすすめします。

「一から十まですべてを自動でやってくれて、学ぶこともなく、手間も全くかからず、本当に参加するだけで毎月お金が振り込まれる」というものは100%詐欺です。

そんなことはあり得ませんよね。

吉田慎也さんの「億り愛」にしても、「徹底攻略マニュアル」をプレゼントするなどの話が出てきます。

ようするに、「マニュアルを読んで勉強する必要がある」ということです。

やはり、株式でもFXでも、仮想通貨やこうしたICOの類でも、「興味があって、そういうのが好き」という人でないと、「ただただお金が欲しい」という人にはちょっとおすすめできません。

そうしたところは覚えておいて欲しいと思います。

これから、なにかに「投資」をやってみたいという人には、超おすすめな案件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です