「パンダ」と言われる渡辺雅典ってどんな人?商材は稼げる?

情報商材詐欺が増えていますが、あなたは引っかかってませんか?

情報商材の90%以上が詐欺だと個人的に思っています。

 

商材のほとんどが詐欺と言われていても、新規に参加する方が増えていくので詐欺被害が減りませんし、商材を販売する方も儲かるのです。

40代~50代と年配の方が被害になっているケースが多くなってきました。

それに連れて商材のLPも年配の方をターゲットにしたものばかりです。

 

今の時代若者だけがネットを使う時代ではなくなってきていますので、年配の方はより注意が必要になってきますので気をつけてくださいね。

 

さて今回お話する内容は、パンダと言われる渡辺雅典氏についてです。

この渡辺氏は、情報商材業界でも有名ですが、果たして渡辺氏が提供する商材は本物で信用できるのか?稼げるのか?をお伝えしていきますので、気になった方は最後まで読んでみてください。

パンダと言われる渡辺雅典とは?

パンダと言われ、ネットビジネスで有名な渡辺雅典氏は、普段から人と会うときはパンダの被り物をしているちょっと変わった人物です。

美容師、看板屋の営業、水道屋など色々な仕事をして元々興味のあったネットビジネスに参加されたとおっしゃっています。

そしてASPのインフォトップの創業立ち上げに参加したこともあります。

 

アフィリエイトを教えるスクールも設立しいろんなことにチャレンジしている渡辺氏ですが、販売している情報商材の口コミがあまりよくありません。

「全然稼げなかった」「高額塾商品が高すぎる割に成果が出ない」など「稼げない」口コミがたくさんありました。

ではどんな商材なのでしょうか?

渡辺氏は商材をいくつか持っているのでそれを紹介します。

 

渡辺雅典氏はどんな商材を売っているのか?


「Dreamers」「アンフィニパンダアカデミー」「ダイアモンド・ミリオネア・クラブ」

この3種の商材は「キュレーションサイトを構築」して稼ぐ商材です。

3種類と言いましたが、ほとんど同じ内容なので変わりません。再販みたいな感じと思っていただければ良いでしょう。

 

アップセルの手法で高額塾が販売されていますが、とても大きな金額です。

30万の塾に入ると、50万の塾を紹介され、50万の塾に入会すると次に120万紹介され、最終的に400万紹介されます。

全部で600万必要になります。

 

最初から120万や400万の塾には入会できず、最初から順番に入会していく形になります。

600万払う方はなかなかいないと思いますが、600万払って何を得られのでしょうか。

 

普通にネットで検索すると、アフィリエイトで稼ぐ方法が載ってますので、あまりオススメしません。

 

商材は本当に稼げるのか?

「これだけ高額なお金を払ったんだから、絶対に稼げるに決まっている!」と思うかもしれませんが実際はどうなのでしょう。

渡辺氏の塾にいくつか入会した人の口コミは、「0円しか稼げなかった。」「53円しか稼げなかった。」と全然稼げていないことが分かりました。

そんな簡単に稼げるものではないのがアフィリエイトですし、ライバルが多くいるので多く稼ぐことは難しいでしょう。

 

渡辺氏がアフィリエイトに参加した時代は、アフィリエイトがまだ浸透していない頃ですので、比較的に稼ぐことは簡単でしたが、

今の時代は競合が多いので、そんな簡単に稼げるものではないのです。

明らかにアフィリエイトの事を詳しく知らない、初心者をカモにしているんだな~と個人的に思いました。

 

渡辺雅典氏を信用していいのか?


信用するかしないかはあなた次第です。

渡辺氏のセミナーに参加された方は「とても良い人だった」「優しい人だった」など良い口コミもありました。

実際にどんな人なのかは分かりませんが、人柄で判断するのではなく商材だけで判断すると

「あまり信用できない」と個人的に思います。

 

稼げなかった方がたくさんいたり、被害者の会もあると言うことなのでこれから渡辺氏の商材を
購入する方は十分に検討して購入判断をして欲しいと思います。

 

おそらく600万使ったとしても稼げないでしょう。

600万使うなら、違うものに投資した方が良いと思います。

 

アフィリエイトは稼ぐのが難しい?


副業の中でも取り組みやすいのが「アフィリエイト」です。

費用もサーバーとドメイン代だけですので、お金がない方でも取り組めます。

副業を考えている方が最初にやるのがアフィリエイトではないでしょうか?

 

取り組みやすいのがアフィリエイトですが、稼げるのか?

と言われれば難しく、稼ぐには時間を必要とするので、すぐに辞めてしまう方が多いでしょう。

 

90%以上の方が一ヶ月5000円も稼げないと言われているアフィリエイトですが

アクセスが増えればお小遣い程度になるので、地道にコツコツ作業に取りかかれる方は向いていると思います。

 

アフィリエイトはリスクがないので、転売と違ってリスクも少ないですし、ネットビジネス初心者は
試してみると良いかもしれませんね。

記事を書くのが嫌であれば外注する方法もありますので一度考えてみると良いでしょう!

 

少しでもお小遣いになれば遊べるお金や支払いに充てれますよね。

商材で詐欺に遭った場合どうすればいい?

さて今回のような情報商材に引っかかった場合はどうすれば良いのでしょうか?

返金の連絡をしても返金はしないと言われ、落ち込んでいる方もいるかと思いますが
方法はありますので泣き寝入りしなくても大丈夫です。

あなたに合った方法を試して欲しいと思います。

 

まずは業者に連絡

販売会社に連絡をしていない方は、まずは返金をして欲しいと促してみましょう。

もしかすると返金してもらえる可能性があります。

 

「返金してくれ」だけ言っても返金してくれませんので、理由をちゃんと述べて連絡をしましょう。

誇大広告が原因なら、その証拠を相手に提示しましょう。

よくみるのが情報商材の特商に記載されている、「効果は保証しません」や「返金はしません」など書いてあることがありますが
特商に書かれているからと言って特商に書かれていることが、絶対に適用されるということはありません。

ですので諦めないで欲しいと思います。

 

そして業者に連絡をして返金されなかった場合は次の方法を試してみてください。

 

消費生活センターに駆け込む

消費生活センターは、消費によって起こったトラブルを無料で相談できる窓口です。

情報商材で騙されたほとんどの方が「消費生活センター」を利用しているでしょう。

 

詐欺に遭った経緯を話すことで、何らかの対応をしてくれます。

消費生活センターのスタッフが業者と直接連絡を取って、返金を促してくれます。

そうすることで返金してもらえる可能性がありますので、利用してみましょう。

 

ただし!返金を促してくれるだけですので、返金を強制する力は持っていません。

業者に返金はできない。と言われればそれまでなんです。

 

ですが消費生活センターから連絡が行くと、業者も驚いて返金してくれるかもしれませんので
一応連絡をしてみると良いでしょう。

 

消費者庁に駆け込む

消費者庁は、消費生活センターとは違い返金を強制する力を持っています。

立入検査や排除命令も出すことができますので、とても心強い味方です。

 

ですが、すぐに対応してくれるのかと言われればそうではなく、複数被害者がいないとなかなか動いてくれません。

一人一人に向き合ってたら、多大な時間がかかりますよね。

被害者がたくさんいれば動いてくれるかと思いますが、すぐに解決するには向いていないでしょう。

 

でも相談しないよりは相談した方が良いですので、身近にある消費者庁に訪れてみてください。

もしかしたらあなた以外にも被害届が出ているかもしれません。

 

弁護士に頼んでみる

弁護士に頼むことで、親身になりあなたの力になってくれるでしょう。

裁判をしたらお金がかかってしまいますが、一番頼りになる存在だと思います。

ですが裁判をして返金をしてもらっても、弁護士費用がかかるので、お金の計算はあらかじめしておいてください。

 

返金されても、弁護士費用でプラマイゼロだと裁判起こした意味がないので、、

 

事前に弁護士費用がいくらかかるか聞いておくことで裁判を起こすか起こさないかを決めて欲しいと思います。

まずは弁護士に相談をするところかた始めてみましょう。

相談は無料、有料、それぞれの法律事務所によって違うので、ネットで検索し調べてみてください。

 

無料と有料の違いは、特にありませんので無料を使った方が節約できるかと思います。

 

弁護士費用が払えないなら法テラス

弁護士費用が払えない場合は弁護士を利用できないので、どうすることも出来ない。と思いかもしれませんが

そんな方のために法テラスという機関が存在します。

法テラスは経済的に余裕のない方に作られた機関と言っても良いでしょう。

団体や法人は利用することが出来ませんので、気をつけてください。

 

法テラスは法に関するトラブルや、弁護士を紹介してくれますので法律事務所に行けない方でも気軽に利用できます。

そして法テラスは、「民事法律扶助」という制度があり、条件を満たすことで弁護士費用の立て替えを行ってくれます。

お金に余裕のない方なら、ぜひとも利用していただきたいのですが、民事法律扶助は誰でも利用出来るわけではないので注意が必要です。

 

民事法律扶助の詳しい事は法テラスのホームページを見て参考にして欲しいと思います。

 

集団訴訟を起こす

集団訴訟
弁護士費用が払えなかったりする場合は集団訴訟という方法があります。

集団訴訟は一人で行う訴訟と違い、集団で訴訟を行うことです。

同じ相手から、同じ案件で騙された2人以上で集団訴訟を起こすことができます。

 

集団訴訟のメリットはいくつかあります。

まずは弁護士費用です。弁護士費用は高額で払うことが難しいと思います。

ですが集団訴訟の場合だと、一人で弁護士費用を払うわけではなく、訴訟に参加する方で負担することになりますので
一人当たりにかかる弁護士費用が安く抑えられます。

参加する方が多いほど、弁護士費用が安くなりますので、弁護士費用が払えない方でも参加しやすいと思います。

 

そのほかに、集団訴訟では証拠を共有できるメリットがあります。

被害に遭われた方の証拠を自分のものにして使うことができるので、証拠が集まりやすいのが特徴です。

 

裁判官にもメリットがあり、一人一人対応していくのは時間がかかってしまいますが、集団で行うことにより1案件で済むことになります。

訴訟を起こす側、裁判官、お互いにメリットがありますので、集団訴訟を検討してみると良いでしょう。

 

集団訴訟は被害に遭われた方を集めないといけませんので、どうにかして被害者を集める必要があります。

そんな時に利用したいのが、「MatoMa」というサイトです。

「MatoMa」は集団訴訟のプラットフォームで、集団訴訟に参加する方が集っています。

 

参加するだけではなく自らプロジェクトを立ち上げることが出来ますので、利用してみると良いでしょう。

無料ですので気軽に使ってみてください。

https://mato.ma/

まとめ

いかがでしたか?パンダと言われる渡辺 雅典氏についてお話しました。

今回の話をまとめますと

 

  • ネットビジネスで有名な渡辺雅典氏は、普段から人と会うときはパンダの被り物をしているちょっと変わった人物
  • 「Dreamers」「アンフィニパンダアカデミー」「ダイアモンド・ミリオネア・クラブ」を販売しているが全て似た内容
  • 口コミを見てみると稼げない方が多かったのであまり信用できない
  • 商材だけで判断すると信用できないので、渡辺氏の商材には関わらない方がいい
  • 詐欺にあった時は、消費生活センター、消費者庁、弁護士、法テラスを利用してみる
  • どうしても弁護士費用を払えない場合は、集団訴訟を検討してみる「MatoMa」を利用して被害者を集める

このようになりました。

どうしても渡辺氏の商材を購入したいのなら止めはしませんが、十分に気をつけていただきたいと思います。

騙されてから「買わなきゃよかった」と後悔しないように。

 

一人でも多くの方が詐欺に遭わないことを願っています。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です