データ入力でお小遣い稼ぎをする方法と13個のおすすめサイトを公開

簡単にお小遣い稼ぎをする方法として人気が高いのが、「データ入力」です。

言葉の通りで何かのデータを入力することがメインの仕事です。

パソコンやスマホでも行えるので、朝早くから夜遅くまで仕事で忙しいサラリーマンの方や、買い物や洗濯、掃除、料理、洗い物などの家事に追われ、まだ小さい子供の面倒まで見なければならず、パートに行きたくても行くことができない主婦の方でもスキマ時間を有効活用させ、簡単にお小遣いを稼ぐことができるのです。

場所や時間に縛られず、自分の好きな時にお小遣いが稼げるのでとても人気が高いです。

今回はそんなデータ入力のお仕事について詳しく解説していきます。

・どれだけ稼ぐことができるのか?

・どうやって応募するの?

・どういった人に向いているの?

・大きく稼ぐ秘訣やポイントはなに?

そんな疑問に対して詳しくお答えしていきます。

1.そもそもデータ入力って何をするの?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

データ入力の種類は比較的多く、アンケート結果のデータを入力したり、会計データを入力したり、エクセルに数字を打ち込む作業などもあります。

その他にも、名刺のデータ入力やネットショップの出品作業、ネットで集めた画像を投稿するなど、何かを入力されだけでなく、簡単な作業も含めてデータ入力と言われています。

種類が多いということは、それだけ仕事の数も多いので、やる気次第でいくらでも仕事を増やすことができますし、安定して仕事を貰うことができます。

ネットで募集されている仕事の中には単発のものや仕事の数が少なく、安定して仕事を貰えないものもありますが、データ入力はそのような心配はありません。

やればやるほど稼ぐことができ、パソコンだけでなくスマホからでも作業が行えるので、スキマ時間を使って稼ぎたいという方にオススメの方法です。

1-1.データ入力で必要なスキル

基本的にデータ入力はスキルが全く無くても行えます。単純に入力して欲しい文章をそのままタイピングするだけという作業も多いので、初心者の方でも取り組みやすい副業です。

ただ、仕事の内容によっては英文を日本語に書き起こしたりするものもあるので、そういったスキルがあれば、大きく稼ぐことも可能です。

また、データ入力は何かの文章や数字を指定の場所に入力(タイピング)する作業がほとんどなので、タイピング能力があるに越したことはありません。

1時間に打てる文字数が多ければ、それだけ短時間で稼げる金額が上がりますので、タイミンプ能力を高めることはそのまま収入に直結してきます。

タイピング速度を鍛えるようなソフトも販売されていますが、仕事をこなしていくうちに自然と文章を打つ速度が上がっていきますので、わざわざそういったソフトを購入する必要がないかと思います。

打つ速度を早める練習をしながら、お小遣い稼ぎをしていきましょう。

2.お小遣い稼ぎでデータ入力がおすすめの理由

データ入力をオススメする理由は、何と言っても「スキマ時間で行える」「特別なスキルが不要」「継続して仕事が貰える」この3点です。

データを入力するだけなので、パソコンからやスマホからでも作業が行えるので、サラリーマンの方であれば、昼休みを使いスマホで作業することもできますし、通勤時間を使いお小遣いを稼ぐことができます。

専業主婦の方であれば、家事や育児の合間に家にあるパソコンを使い、お小遣いを稼ぐことができます。

通常のアルバイトとは違い、働く時間や場所に縛られることがありませんので、都合の良い時に自分のペースで作業できることがオススメの理由です。

さらに、データ入力には特別なスキルが必要ありません。

もちろん英文を翻訳できるようなスキルがあればそれに越したことはありませんが、そのようなスキルが無かったとしても全く問題ありません。

指示された文章を正確に入力することが仕事なので、そこさえ出来れば誰であってもお小遣い稼ぎができます。

文字を打つスピードは徐々は作業を繰り返していけば嫌でも速くなっていくので、打つことが遅くても気にする必要はありません。

他の仕事と比べて、データ入力の仕事を引き受けてくれる方を募集している企業や個人事業主の方は常に一定数いますので、仕事の数が少なくてやりたくてもやれないという事態に陥るリスクは非常に少ないです。

「スキマ時間で行える」「特別なスキルが不要」「継続して仕事が貰える」この3つの特徴があるデータ入力は忙しい現代人のお小遣い稼ぎにピッタリです。

3.データ入力でどれくらいお小遣い稼ぎができる?

誰でもスキマ時間で簡単にお小遣い稼ぎができるデータ入力ですが、1つだけ注意点があります。

それは「単価の低さ」です。誰もが簡単にやれるだけあって一回あたりの報酬は1文字あたり、0.1円から1円程度なので、10円から50円が相場です。

そのため、数をこなすことが稼ぐポイントです。

実際にデータ入力で月収20万〜30万円を稼いでいるという方もいるようですが、一日に6時間以上はひたすら文字を入力しているような生活なので、本業をしながらその時間を確保することは現実的ではありません。

お小遣いで毎月いくら欲しいのかによって、仕事量が変わってくるかと思いますが、数万円程度のお小遣いであれば、平日のスキマ時間や休日のまとまった時間を使えば、現実的に稼ぐことは誰でも可能な金額です。

3-1.データの入力の単価

データ入力の単価は仕事によって変わりますが、1文字あたり0.1円〜1円あたりであることが多く、1回の作業で稼げる金額は10円〜50円程度が相場です。

一回あたりの報酬は決して高いとは言えませんので、とにかく数をこなすことがポイントとなってきます。

塵も積もれば山となるという言葉の通りで、毎日コツコツ作業を行っていくことで、月で換算してみると、数万円のお小遣いをゲットすることは誰でも可能です。

3-2.データ入力の平均月収

データ入力という仕事は使える時間や作業スピードによって収入に大きな差が生まれます。

データ入力のみを行っている方がいくら稼いでいるのかという公式の統計データはありませんが、仮にサラリーマンが平日の2時間をデータ入力の時間に充てたとして、時給換算で700円から1,000円ほどを稼いだとすれば、月収は28,000円〜40,000円ほどになる計算です。

ここに土日も作業するということであれば、お小遣いで5万円ほどの金額は現実的に稼ぐことが可能と言えます。

4.データ入力の求人募集サイトランキング

データ入力の仕事をするには、ネットで募集されている案件に応募しましょう。

ネット上を探せば、かなり多くのサイトでデータ入力をしてくれる方を応募しています。こちらでいくつか紹介しますので、参考にしてみて下さい。

CrowdWorks(クラウドワークス)

サグーワークス

Lancers(ランサーズ)

Bizseek(ビズシーク)

@SOHO

SOHOビレッジ

shufti(シュフティ)

coconala(ココナラ)

WoW!me(ワオミー)

Bizseek(ビズシーク) 

shinobiライティング

PVモンスター

げん玉

まずは無料会員登録だけ済ませておき、それぞれのサイトで条件に合う仕事を探していきましょう。

5.データ入力でお小遣い稼ぎのコツ

データ入力で大きく稼いでいる方の特徴として、何度か仕事を引き受けることで信頼を築き、単価を上げてもらったり、より条件の良い仕事を紹介してもらっているという特徴があります。

データ入力一回あたりの報酬は決して高い金額とは言えませんので、仕事量を増やすことで、まとまったお金を手にすることが出来ます。

そのため、いかに条件の良い仕事を多くこなせるかが報酬金額を増やすポイントです。

ただ、初めから高単価のお仕事を依頼されることは稀なので、初めは単価が安くても信頼を築くためにも質の高い仕事をスピーディーにこなすようにしましょう。

そうすることで、将来的には本業以上の収入を得ることも現実的に可能なことです。

6.データ入力でお小遣い稼ぎ・まとめ

データ入力は特別なスキルを必要とせず、募集されている仕事の種類も多いので、安定的に仕事を貰うことができます。

パソコンからだけでなく、スマホからでも簡単に作業ができるので、移動時間や休憩時間など、一日の中でちょっとしたスキマ時間を有効活用していくことで、無理なくお小遣いを稼げます。

ただ、一回あたりの報酬は少ないので、まとまった報酬を受け取るためには、数をこなすことが大切です。

実際にデータ入力のお仕事で月収20万〜30万円ほど稼いでいる方は、一日の時間を上手く使いデータ入力の仕事をしています。

データ入力の仕事をある程度の回数行うと、依頼主との信頼関係も築けるので、単価を上げてもらったり、より条件の良い仕事を引き受けることができます。

単価が上がれば、同じ労力で作業をしたとしても稼げる金額を伸ばすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です