ヘルメット弁護士 大渕愛子についてのエトセトラ

デスク

子供(次男)の頭部(頭蓋骨)治療の為「頭蓋形状誘導ヘルメット」を利用した事で注目された弁護士である“大渕愛子”氏。テレビなどでご存知の方もいらっしゃる弁護士だと思います。
その大渕愛子氏はどんな弁護士でしょうか?そしてどういった実績を持っているのでしょうか?

1.子どもの頭蓋骨の形を矯正するヘルメットで話題となった弁護士 大渕愛子氏とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

東京都出身、昭和52年8月12日生まれ、私立中央大学法学部出身、平成11年旧司法試験合格、司法修習54期、平成13年弁護士登録(東京弁護士会)、糸賀法律事務所に入所。平成22年独立、法律事務所インフィニティ開所。
平成23年事務所名称をアムール法律事務所に変更。

2.弁護士 大渕愛子氏の専門分野は?

離婚・親権、遺言・相続、ドメスティックバイオレンス(配偶者暴力、夫婦間暴力)・ストーカー(粘着的付き纏い行為)、セクシャルハラスメント(性的嫌がらせ行為)・パワーハラスメント(権力や立場を利用した嫌がらせ行為)、子供の権利、公益通報者(自らの組織の不正を告発した者)の支援。及び企業法務顧問、渉外企業法務、一般企業法務、一般的労働問題。

3.弁護士 大渕愛子氏の実績は?

詳細は不明ですが、主にテレビ番組への出演などでお茶の間における知名度が高い弁護士と言えます。
後、実績と呼べるかどうかは疑問ですが平成22年に女性依頼人から“法テラス(日本司法支援センター)”側が設定した以上の金額である17万8500円を受け取ったとして、平成28年東京弁護士会から一ヶ月の業務停止処分を受けています。

略歴

平成13年:司法修士修了(54期)、弁護士登録、糸賀法律事務所入所、中国留学
平成15年:米国留学
平成17年:上海赴任
平成18年:北京赴任
平成22年:独立、法律事務所インフィニティ開所
平成23年:事務所名称をアムール法律事務所に変更

メディア出演

行列のできる法律相談所(日本テレビ系 平成23年11月~平成28年7月)
みのもんたの朝ズバッ!→ 朝ズバッ!(TBS系 平成24年9月~平成26年3月)
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ (朝日放送)
白熱ライブ ビビット (TBS系 平成28年3月~同年8月)

著書

絶対に幸せな結婚をするための婚前契約書 (ワニマガジン刊)
[図解]あなたを助ける法律、知らないとヤバイ法律45 (PHP研究所刊)
女性のためのいざというときに役立つお金の本 (中央経済社刊)
中国で売るために知っておくこと (中央経済社刊)
行列のできる弁護士が教える、男と女のトラブル相談室 (角川書店(角川グループパブリッシング)刊)

4.弁護士 大渕愛子氏は集団訴訟に関わりはある?

例により詳細は不明なのでハッキリとしたことは言えませんが、検索した限りにおいては関わっていません。
ただし彼女自身の立ち位置や思想信条からすると女性の人権問題が関わる集団訴訟であれば弁護人を引き受けてくれるのではないでしょうか。

子どもの頭蓋骨の形を矯正するヘルメットで話題となった弁護士 大渕愛子氏 まとめ

子供の頭部(頭蓋骨)の形状異常治療のため「頭蓋形状誘導ヘルメット」を使用したことを自らのブログに掲載したことで有名になった大渕氏ですが、本分であるはずの弁護士としての業績には正直疑問符を呈さざるを得ません。

巧言令色鮮し仁

「巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん / 巧みな言葉を使い表情を取り繕って他人に気に入られようとする人間には仁(思いやり、慈しみ、情け)の心が欠けている)」の典型的実例だと筆者は考えます。
確かにテレビなどでは調子のいい言葉を並べていますが、本来の業務はどうしているのでしょうか?実際一般の評価もあまり高いとは言えないようです。

お勧めできない弁護士

今回の執筆に当たり、筆者も色々検索してみたのですが調べれば調べるほど疑問が後を絶たなくなる弁護士でした。
なにせ「大渕愛子被害者の会」なんて団体があり、評価で検索したらなんと上位に入っているのですから。
あくまでも筆者個人の所感であり、選ぶのは顧客の皆様ですが、正直彼女は弁護士としてお勧めは出来かねます。

弁護士を見分ける目を養おう

見た目が良いため誤解する方もいらっしゃると思いますが、弁護士を評価する基準はまず弁護士としての勤続年数です。年数が長ければ長いほどあらゆる案件に関わっていますので実務経験が多くそれにともない見識を持っているからです。
わたし達一般市民も外見に騙されること無く良い弁護士を見分ける目を養いましょう。それが自分自身が不当な不利益を被らないようにする為に必要な事なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です