副業でお小遣い稼ぎを!おすすめの内職や注意点とは

今や副業禁止でなければ多くの人が行っている「副業・内職」。

少しでもお小遣いを稼いで、生活費の足しにしている人は少なくないです。

そこで実際に副業を行なう前に、どんなものがおすすめか、そして注意点は何かなどについてご紹介していきます。

1. お小遣い稼ぎで内職や在宅の副業をやっている人が増加している理由

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

お小遣い稼ぎをする人が、年々増えてきているとは思いませんか?

実際のところ、2018年現在、副業や内職を行っている人は統計上増えています。それは何故なのかという理由ですが、副業解禁を行う企業が増えてきているのです。

自身の決められた業務内だけでなく、幅広く自身の力を広げられるスペースを確保するべく、多くの企業が副業を推奨するようになってきました。

そして、趣味で楽しんでいたものも、販売してお金に変わるサービスができてきたりと、ITが進化するにつれて新しいサービスなども普及してきた事が、お小遣い稼ぎに副業を行う人を増加させているのです。

2. 内職や在宅の副業でどれくらいお小遣い稼ぎができる?

実際内職や在宅の副業を行う事で、どれくらいお小遣い稼ぎができるのかも気になるところでしょう。

実際副業といえど稼いでいる人の中には、本業を超える金額を叩き出している人もいます。そういった人は、ずば抜けたスキルを持っているかアフィリエイトなど、とことん努力をしている人なので、一般の生活を行っている状態では厳しいです。

それでも一般的なお小遣い稼ぎの程度であれば、月に1~3万円稼いでいる人が多いでしょう。様々な在宅での副業や内職を併せて行っている人も多く、1つに対して1万円と決めて頑張っている人もいます。

なので、お小遣いと言える金額から収入を超える金額まで幅広く出せるので、結論としては本人次第の稼ぎ方ができると言えるでしょう。

3. お小遣い稼ぎでおすすめの内職と在宅の副業を教えて

それでは一切にお小遣い稼ぎで、おすすめの内職や在宅の副業とは何かを解説していきます。内職と副業では業務内容も異なるので、それぞれ分けて順に解説していきます。

3-1. お小遣い稼ぎでおすすめの内職

まず最初にお小遣い稼ぎでおすすめの内職ですが、内職ではシール貼りやガシャポンの詰め作業などがおすすめです。

比較的スキルが必要ではなく、単純作業の繰り返しなのでルーティンが苦手ではない人にとっては、いつまでもやり続けられる作業であります。他にはミシンを使用した作業やネジ止め、バインダーや祝儀袋などの組み立て作業などがあります。

内職は家内労働法が適用されるため、最低賃金も保障され副業としてもある程度安心して働けるおすすめの仕事です。

3-2. お小遣い稼ぎでおすすめの在宅の副業

在宅の副業として、お小遣い稼ぎの中でまず人気のものが「ポイントサイト」です。

こちらはミニゲームや無料会員登録・資料請求などを経てポイントを貯めて行き、お金や別のポイントに換えることができます。他には趣味の一環として、アクセサリーやお花・レザークラフトやDIYなど、様々な趣味をお金に換えることができるアプリが普及しており、多くの人が副業で自分のショップを持ち、販売を行ってお小遣いを稼いでいます。

この場合は、実際に店舗を構えることなく、わずかな手数料だけでお店を持ててしまうので、はじめやすく続けやすいシステムとして、男女問わず多くの人に人気の副業です。自宅で好きなことをしながら稼げるのは、この上なく幸せなことです。

在宅での副業は主にPCを使用した「インターネット関連」が多く、参入者も多いため競合性も高いです。ブロガーやアフィリエイターのように、インターネットで様々なものを紹介して稼いだり、記事や文章を書き起こす作業なども副業で人気です。

他にもイラストやロゴ画像を希望通り作って販売する副業方法など、本業として取り掛かっている人も多いところに参入できるのも在宅の副業の魅力かもしれません。もちろん、本業で行なっている人とはクオリティも違うでしょうが、その分安価で頼めるとクライアント側も評価を行っている部分もあります。

そのため在宅の副業は、いつ本業に変わってもおかしくないほど稼ぐこともでき、自分次第でいくらでも上を目指せるため、気がつけばフリーランスになっていたり、自分で会社を起こしている人も少なくありません。

しかし在宅ワークの副業は内職と違って保障もきかないため、最低賃金は保障されません。その分やればやるだけ還ってくるので在宅ワークの副業で、通常の業務より稼ぐことも出来てしまうのです。

4. 実際に内職や在宅の副業をしている人の声

さて、実際に内職や在宅の副業をしている人は満足しているのかどうか。

実際に口コミやコメントをご紹介します。

[内職者] ・40代女性
「月2万~3万円コンスタントに稼ぎたいのであれば、内職がおすすめ。ただし時給換算はそこまで良くない」
・50代男性
「家で余った時間に少しでもお小遣い稼ぎをするならおすすめ!シール貼りは難しいですが、ポスティングは効率よくやれば時給換算も悪くないです。」

[在宅の副業] ・30代男性「データ入力の副業を毎日夜に少しずつ行っています。効率よく行えば、1日1~2時間程度の作業でも月3万あたりは稼げるのでおすすめです。」
・40代女性「イラストを描くのが好きなので、それを活かしてクラウドサービスで販売しています。好きなことで稼げるけれど、デメリットとしては支払いで揉める可能性があることです。

といったように、内職・在宅の副業共に様々な意見が出ています。

もちろん、どちらにも取り柄があり、人によっては内職が向いていたり在宅の副業が向いていたりとするでしょう。仕事内容によっても感想は違ってくるので、気になるものを調べてみるのもおすすめです。

5. 内職や在宅の副業でお小遣い稼ぎをする注意点

内職や在宅の副業でお小遣い稼ぎができることがわかりましたが、それに対する注意点があることも忘れてはいけません。

内職の場合は、家でできると思っていたのに結局車が必要だった。というケースをよく聞きます。そのため事前にしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

もちろん仕事の流れや支払い方式・タイミングなども理解しておくことをおすすめします。そして単価が安いのも内職のデメリットではあるので、実際に脳内シミュレーションを行い、どれくらいの効率・時給を出せるかを把握するのがよいです。

在宅の副業の場合は、使うツールによって支払い方式や仕事の受注方法が異なるので注意する必要があります。販売系の場合は、顧客への連絡方法や事務手数料の金額・発送などの手数料を事前にしっかり把握しておきましょう。

クラウドサービスなどで、仕事もたくさん紹介していますが、多くの競合者がいるため受注に結びつけるために、提案の仕方などしっかりと勉強しておくことをおすすめします。

内職と在宅の副業で似ている部分もありますが、注意点が異なる部分も沢山あるので、それぞれしっかり把握して業務に取り掛かる必要があります。

内職や在宅の副業でお小遣い稼ぎ.まとめ

お小遣い稼ぎをするためのおすすめの内職や在宅の副業を、注意点なども併せてご紹介させていただきました。

お小遣い程度であれば、どちらもしっかりと稼ぐことができるのでおすすめです。好きなことでお小遣いを稼いでもよいですし、テレビを見ながらのちょっとした作業でお小遣いを稼ぐのもよいです。

この記事を参考に自分に合うパターンを見つけ、お小遣いを少しでも稼いでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です