元カメラマン、不動産知識ゼロから空室対策のプロになった尾嶋健信のぷ風呂フィールやプライベートを知りたい!

元カメラマンでありながら、空室率3~5%という驚異的な低空室率賃貸管理を行う満室経営のプロである尾嶋健信さん。
一般的には空室率20%以上と言われるところを、これほどまでに改善できるとはすばらしいですね。そのため彼が講師をされている大前研一BBTからも50人以上の大家さんが卒業しています。
いったいどんな人なのでしょうか?

尾嶋健信のプロフィールをwiki的に紹介!

まずは尾嶋健信さんのプロフィールからご紹介します。Wikiっぽくご紹介しようと思いましたが、とはいってもあまり多くは公表さていない方なので、できる限り調べてみました。

生年月日:1970年?月?日 推定47歳(今年48歳)
出生地:神奈川県
身長:?
体重:?
血液型:?
肩書:空室対策コンサルタント、満室経営株式会社代表取締役
趣味:グルメ、ダイビング、旅行、温泉、読書、スポーツ、写真
ニックネーム:おじおじ
ライフスタイル:東京と現在住んでいる逗子海岸とを行き来する日々。ダイビングや海が好きなこともあり、逗子海岸前のマンションに住んでいる。
経歴:実家は写真館であったこともあり、青山学院大学経営学部卒業後、カメラマン修行をするためカメラマンの職種で就職します。
そうこうしているうちに、30歳過ぎたころ、父親が亡くなります。母親だけになってしまった実家に一時的に帰ったものの、さしてアイデアや先の展望をあがったわけでもありませんでした。カメラマンの修行をしていたこともあり、写真館を継いで経営することも考えたようですが、どう考えてもそのまま後を継いだところでうまくいくはずもない、と考えたそうです。
その後、不動産管理会社に転職します。その理由などについては、ネット上では語られておらず、詳しく理由を知ることはできませんでしたが、恐らくカメラマンよりも安定した収入を得て、母親と生活するためだったと思われます。
不動産管理会社は、一般的な給料とは別に、仮に空室を埋めると、大家さんから謝礼がはいったりしますので、そういった実入りの良さも理由かもしれません。
こうして転職した不動産業界で試行錯誤した結果、独誌の空室対策ノウハウを確立。その後独立起業を果たします。
書籍:
満室革命プログラム
満室スターNO1養成講
月刊満室経営新聞(一般社団法人 日本賃貸経営業協会)や賃貸ライフ(株式会社 ビジネスプレス出版社)」にコラム連載中。

尾嶋健信は会社を持っているのか?

現在、満室経営株式会社代表取締役となっていて、この会社はご自分で経営されています。
この会社のホームページは特になく、facebookもアカウントが作成されているだけでしたので、尾嶋健信さんのビジネス=この会社のビジネスと考えていいと思います。

尾嶋健信のSNS情報

尾嶋健信のさんは、いくつかのSNSでプライベートなことも発信しています。

Facebook https://www.facebook.com/kuushitsu/?hc_ref=ARRUg84TRX4btsdeHbZA4kUf5LVj8sTmIwPT-UcLsPCEh7aTe8hvj4gNc4vXtfZqNDU&fref=nf
Instagram https://www.instagram.com/ojiojistagram/
Twitter https://twitter.com/ojimakenshin

Instagramを拝見すると、お肉やお寿司、おいしそうなお料理のお写真が多くアップされていますので、結構おいしいものが好きなんですね。
また、ツイートする内容もグルメがほとんどですが(笑)、最近は仮想通貨についての情報もリツイートしていることが多いです。
やはりインターネットビジネスの成功者の間では、仮想通貨に関するビジネスがアツイのは間違いないようですね。最近話題のコインチェックについての記事もチェックされていました。

尾嶋健信のプライベートの噂は

尾嶋健信さんは、どこかに行って何を食べたとかいうことをものすごく頻繁にSNSにアップされています(笑)。ですのでプライベートもなんとなく丸わかりなようなんですが、具体的にご家族の話とか、そういったプライベートに関してはあまり出てきません。
ただ、以前運営されていたと思われるブログ記事では、家族とどこに行ったとか、家族サービスのようなことも書かれていましたので、ご結婚されているのかな?とは思います。

尾嶋健信のビジネスを紹介します!

尾嶋健信さんの肩書「空室対策コンサルタント」を見て分かる通り、大家さんの物件を埋めることに関してのノウハウがものすごいようです。
最近は、TVのCMでもサラリーマンの方のアパート経営とか、賃貸併用住宅などが紹介されていて、副業的に、資産形成の一部として始めたい方もおおいと思います。
賃貸住宅の経営は、単純にその不動産物件のキャピタルゲインをとるのか、インカム(ゲイン)をとるのかで手法が分かれます。超バブルだったかつての日本では、ちょっと売買するだけで大儲けしたキャピタルゲインの手法が流行りました。その後バブル崩壊に伴い、キャピタルゲインの狙える不動産物件なんて一般人には遠い話となっています。
そのため、インカム狙いで不動産経営をするのが主流です。
不動産は、いったん手に入れたらいかに空室をなくせるのか?が肝です。
ローンなどの固定費はほとんど変わりませんので、ホテルや旅館と同様に、部屋を埋めれば埋めただけ利益が増えるからです。反対に言えば、空室率が高すぎてしまえば、ローンの返済額よりも収入の方が下回ってしまい、持ち出しが増えてしまうのです。
尾嶋さんは、こうした空室対策に特化したノウハウをコンサルティングしています。
これまでに延べ6000件、5500戸以上の空室を埋めた実績を持ち、その評判の良さから実際に物件管理も委託されています。2017年現在、管理戸数は約2,500戸となっています。

まとめ

尾嶋健信さんは、将来写真館を継ぐつもりでカメラマンになり、そこから思いがけないタイミングで写真館を継ぐかどうかを選択する場面で、継がないという決意をしました。
その後、不動産管理の世界に飛び込み、自分なりのノウハウを身に着けた結果、空室率3~5%という驚異的な低空室率管理ができるようになりました。

プライベート情報はあまり公開されていませんでしたが、グルメなお写真は、元カメラマンとして本当においしそうに撮影されていますので、皆さんもぜひチェックしてみてください(笑)
もちろん、これからアパート経営などにご興味のある方も、ぜひ一度その書籍などを手に取ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です