日常をぶち壊す! 8億円の売り上げをあげた白石達也は映画監督なの?!

サラリーマン、一生続けますか?

「働けども働けども我が暮らし楽にならざり?!」

「貧乏暇なし!」

「毎日毎日本当に忙しいのに、収入が全く上がらない!」

そんな生活からおさらばしたいですよね。

そうした日常をぶち壊し、8億円もの売り上げをたたき出したのが、「ランドオブハンモックYouTuber」を販売した白石達也さんです。

現IROASの創業者であり、株式会社alchemationの顧問も務めます。

現在は世界一周旅行の真っ最中。

195か国を回って寄付を行い、すべての国の教育状況を視察する計画とのことです。

その状況はFacebookに随時更新されています。

実は、白石達也さんはIROASなど、ビジネスの学校やセミナーをいくつもされていて、新しいシステム作りに積極的です。

白石達也という人物をよく知ると、その成功の法則が見えてきます。

今回は、生い立ちなどを通して「白石達也」を詳しく見ていきましょう。

そこには「目線の違い」といった成功の秘密が隠されていました!

白石達也の生い立ち

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

白石達也さんは1986年生まれ。

若いです。

早稲田大学在学中に、お父様の勤めていた会社が倒産。

大企業へ入っても、つぶれたら何にもならないと思い、起業を決意されます。

在学中にアフィリエイトやFXの予測システムを販売。

これをきっかけに情報商材を販売して大ブレイクします。

白石達也は何をやっている人?

白石達也さんといえば、まずは「ランドオブハンモックYouTuber」です。

だれでもYouTuberとして稼ぐことができるという商材です。

50万円と値段のついたこの商材が、爆発的に売れ、8億円もの売り上げを挙げます。

これを機に有限会社Enhanceを立ち上げ、IROASを設立。

大学で学んだことは社会では役に立たないという観点から、「教育革命」を訴えて、実益のある学問「誰もが幸福を手に入れる方法」を目指します。

現在は、LINE@ATMシステムの構築など、インターネットを通じたストレスのない「MLM」を開発。

誰でも強制的でないマルチ商法ができ、どこにも迷惑をかけないで儲かるシステムを、常に考えています。

また、その根本には、「教育」に対する思いがあるようで、現在は195か国の教育現場を視察する世界一周旅行に旅立たれています!

白石達也は監督なの?

実は「白石達也」という同姓同名の人が日本中に18名もいるらしく、そのうち少なくとも5名程度が検索に引っかかってきます。

一人目がハンモックyoutuber。

そのほか、pixivで絵を描いている人。

アメブロでナンパの仕方を公表している人。

学生として「メソッド」を紹介している人。

そして、映画監督さん!

ほかにも、白石隼也という仮面ライダー俳優さんがいたり、白石達哉というプロゴルファーがいたり、ややこしいです!

ちなみに映画監督の方の「白石達也」さんについて、少し解説しておきます。

1974年生まれ。

なんとあの堤幸彦監督のもとで、長い間助監督をされていて、現在は有名な映画監督さんです。

「20世紀少年」「天空の蜂」「イニシエーションラブ」「SPEC」「エイトレンジャー」など、代表作は驚くほど有名作品ばかり。

もともと、映画ではなくドキュメンタリーが撮りたかったそうです。

実際にドキュメンタリーをやったら、映画の方がよかったと映画監督に戻ってきたといいます。

面白い人ですね。

ただし、白石達也同士でのつながりは確認できていません。

そりゃそうか。

まとめ

今回は、白石達也さんが映画監督の白石達也さんと同一人物なのか?という疑問を解消できました。

白石さんの「ランドオブハンモックYouTuber」の内容は、かなりいいできなようで、どちらかといえば批判の方が圧倒的に多いネット上の評判でも、なかなか好意的なものが多いです。

こうした動画作成のノウハウを商材にすることからも、映画監督とつい間違ってしまうきっかけになっているのかもしれません。

白石達也さんは、同姓同名で活躍されている方が多いので、いろいろ情報が錯綜。

それでも、ネット起業家の白石さんは、本当によく物事の本質を見ているなぁと思います。

お父様の勤める会社が倒産したことをきっかけに、一生働き続けなければいけない日本のシステムに疑問を持たれています。

こうした、人にはできない発想が「成功」につながるのでしょう。

現在は、誰もが「ハンモックに揺られて優雅に生活できるシステム」を作るために世界を奔走しています。

実際に大きな成功をしている人というのは、「お金がない」とか「生活に困っている」という目線ではなくて、「世界を変えたい」とか「一矢報いたい」といった大きな思いを持っている人が多いことがわかります。

こうした目線の違いは、日常生活をぶち壊すほどの成功するうえでは大切なものなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です