二谷誠のブログは為になることが学べる?彼のビジネスの内容は

10億円の年商を稼ぎ出す会社の社長としても知られる二谷誠氏。まだ30代と若年社長ながらも、大きな存在感を放つ人物として、ネット業界でも注目の人物になっています。

二谷誠はなぜそのような大きな稼ぎを出せるようになったのか、そのビジネスの内容や彼のブログの内容などから、その真実に迫ってみたいと思います。

二谷誠はどんなビジネスをしているの?

二谷誠のビジネスの内容はというと、社長を育成するためのコンサルティング会社となっています。自分が25歳で起業をして、ネットビジネス業界で成功をした人間だけに、その自分と同じようなことを多くの人に広めたいと考えて、このようなビジネスを始めたと彼の自社ブログで書いています。

彼は6年間で8人以上の1億を稼ぐ規模の社長を育成し、多くの人に数千万の稼ぎを出させることに成功をしていると語っています。

二谷誠のブログの内容をわかりやすく教えて!

二谷誠のブログでは、彼の日常生活やビジネス規模、ビジネスセミナーなどの話に徹したものになっています。彼がいかに自分が交友関係が広く、また多くのセミナーでの公園をしているか、そしてマネタイズできる情報を持っているかを、読者に対してアピールするブログになっているのです。彼にブログは普通の人とは違う交友関係を盛っていることが、すぐに分かる内容のブログになっています。

また日常的な旅行の話や社長、経営者同士の食事の様子なども描かれており、普通のサラリーマン生活をしていてはとても実現できないようなハイソな生活をしている事が伝わってくるブログになっています。

二谷誠のブログを読むだけで成功できる?

二谷誠のブログを読めば誰でも成功できるのかというと、それは決してイエスとはいえません。基本的には社長として、経営者としての二谷誠の感想や考え方は伝わってくるものになっていますが、それが率直に自分が儲けるために役立つのかというと、正直役には立たないでしょう。

しかしいまネット業界の中で話題の人物がどんな人間なのか、また 情報を得ていくためには、どういった情報網を掴まなければいけないのかといった、視点や価値観の面で、普通の生活や仕事ではつかむことができない視点を教えてもらうことができます。

今は企業に必要なものは、情報網、そしてマインドセットだとはよく言われますが、そのマインドセットの面で二谷誠のブログは自分を変えるのに役立ってくれるのです。

二谷誠の情報発信はブログ以外に何がある?

二谷誠の情報発信媒体は、ブログだけではなく、自分の所有する公式サイトがあります。彼のブログの更新は、現在2016年でストップしているので、最新の情報が必ずしも掲載されているわけではありません。例えば仮想通貨などは2016年と2018年では全く状況が違ってきているので、彼のブログを読んでも参考にはならない面があります。

しかし彼の主催サイトである「http://m-nitani.com/」では彼の公式メールマガジンを読むこともできるようになっています。

メールマガジンは積極的に最新の情報を発信しているので、最新の経済情報、ネット業界の事情を学ぶことが可能になっています。特に彼のメールマガジンは起業塾と非常にわかりやすいコンセプトを前に押し出しているので、起業を二谷誠に学びながら行いたい、という人にとってはブログを読むよりもさらに役立つものになっているでしょう。

二谷誠から学ぶならどれがおすすめ?

二谷誠から今最新の情報を学ぶのであれば起業のメールマガジンを読むのが一番良いでしょう。メールマガジンは最新の情報を常に発信してくれているので、今の情報、さらに先の情報まで知ることができます。自分の情報網では決してつかめないような内容を教えてくれる上に、さらに無料ですので、気軽に申し込める点もプラスでしょう。

無料のメルマガを呼んで、彼の考え方や他に受講して成功している人間の行動原理などを知れば、自分は二谷誠の教えにあっているかどうかも、なんとなく把握することができます。まずはおためしの意味を含めて、メルマガを読むことが初心者にはおすすめと言えるでしょう。バックナンバーなども読めるので、過去の内容もチェックできます。

まとめ

二谷誠は会社を起こしたいという夢を持つ人を応援するメールマガジン、そしてブログ、会社の経営を行っています。

今は誰でもやる気さえあれば、まずは起業が手軽にできる自体になってきました。その気持を持続させ、すぐに結果が出なくてもきちんと継続して組んでいけるかが大事であると、彼も常に言っています。二谷誠も挫折の中から成功を収めました。彼のようになりたいのであれば、今すぐメルマガの購読から始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です