ネットトラブルで訴訟を起こす際の弁護士費用はどのくらい?

ネットトラブルに遭って相手を訴えようと思っているけど、弁護士費用はどのくらいかかるのだろうか?そもそも訴えることが出来るのか?そんな疑問を解決していきたいと思います。どのような訴訟を起こせば良いのか調べてみました。

1.ネットトラブルの際の弁護士費用はどれぐらい?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

インターネットで誹謗中傷に遭った時、弁護士に頼むとどのくらいの金額で仕事をしてくれるのでしょうか。
まずネット上で被害にあった場合、その書き込みを削除してもらう必要があります。サイトの運営者に連絡を取り「削除してください」と頼むわけですね。

弁護士がサイト運営者に「削除をしてくれ」と交渉をします。この交渉は

・着手金5〜10万円
・報酬金5〜10万円

が相場となっております。これでサイト運営者が削除してくれれば良いのですが、削除してくれない場合は、仮処分を裁判所に申し立てる必要があります。裁判所からサイト運営者に削除命令を出すと言うことです。

この仮処分にも費用がかかります。

・着手金20万
・報酬金15万
これらは相場なので事務所によって違ってきます。

そして損害賠償を請求したいとなった場合は、犯人の特定をする必要があります。
これも費用がかかります。

・着手金5〜10万
・報酬金15万程度

このように費用がかかってきますので、費用対効果を考えると良いでしょう。

2.訴えるならどのような訴訟を起こす?

通常訴訟と少額訴訟があり、60万以下の金額を請求する場合は少額訴訟で良いですがそれ以上になりますと、通常訴訟になります。ですがネットでの誹謗中傷などで少額訴訟をする場合メリットよりデメリットの方が多いです。なぜデメリットの方が多いのかをお伝えします。

2.1少額訴訟のデメリット

・少額訴訟をする場合は相手方の住所がわからないと訴訟をすることが出来ない
・住所がわからないため弁護士に頼む方法があるが費用がかかってしまう

相手の住所が分からないと少額訴訟をすることは出来ません。通常訴訟であれば住所がわからなくても「公示送達」言う方法を取れますが、少額訴訟の場合は取れません。

相手方の住所が分からないとなると、弁護士に頼むことになりますが、弁護士に頼むと費用がかかってしまいます。なので60万円以下の請求が出来る少額訴訟は少し難しいでしょう。どうしても少額訴訟をしたい場合は、相手の住所を弁護士に調べてもらい訴訟を自分ですることで費用が少しでも節約できます。

弁護士によって相手の住所だけを調べてくれる弁護士もいますが、「住所だけ」調べてくれる弁護士は少ないかなと思います。費用対効果を考えて訴訟をしてほしいと思いますので通常訴訟が無難でしょう。

3.集団訴訟という方法で報酬を抑えることができる?

集団訴訟は被害者が集まって訴訟をすることが出来、報酬も被害者で分担することが出来ます。そのため被害者があなただけではなく、他にもいるようだった集団訴訟を提起することが可能でしょう。集団訴訟の場合は弁護士の報酬金も多くなるので、その分集団訴訟に参加する方の負担も減っていきます。

よくあるのが「情報商材」です。情報商材で騙された場合、被害者があなただけでなければ集団訴訟することが出来ます。誹謗中傷の場合は個人になることが多いので集団訴訟は出来ないでしょう。仮に誹謗中傷の被害で何人か集まれば集団訴訟することが出来ます。

4.自分が訴訟を起こす際に頼れる弁護士の選び方は?

選び方ですが適当ではなくどうせなら信頼、信用できる弁護士の方が良いですよね。
ではどのように探すしたら信頼、信用ができる弁護士を選べるのでしょうか?
それをお伝えしようと思います。

3.1法テラスに行き頼れる弁護士を見つけてもらう

法テラスでは法に関するトラブルや相談、弁護士を探してくれる機関です。自分で弁護士を探してみたがぱっとする方がいなかったり、迷っている場合には法テラスを活用してみましょう。法テラスでは相談や弁護士を見つけるだけではなく、弁護士費用の建て替えも行ってくれます。ですが条件がありましてその条件を満たす必要がありますので、気になった方は法テラスに訪れてみてほしいと思います。

3.2弁護士を雇っている方、利用したことがある人に紹介してもらう

弁護士を利用したことがある人、家族、友人などに紹介してもらう。紹介してもらう前にその弁護士がどんな人なのかを聞いてみることでその弁護士が頼れるのかどうかが分かる。その弁護士と話してみて「性格が合わない」「他の弁護士が良いかも」と思ったなら、弁護士に弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。

3.3ネットを使って探してみる

ネットを使って自分で弁護士を見つけてみる方法もあります。口コミや実績を見て判断すると良いでしょう。ですがネットに書いてあることが全て正しい訳ではないのでお気に入りの弁護士が見つかったら、直接話してみることをおすすめします。相談の予約をしてから相談しに行きましょう。もし違和感があればまた違う弁護士を探して見てほしいと思います。

ネットトラブルの際の弁護士費用はどれぐらい? まとめ

いかがでしたか?ネットで誹謗中傷を書かれた際に発生する弁護士費用をお伝えしました。損害賠償を請求するとなった場合時間とお金がかかりますのでじっくり考えてほしいと思います。訴訟をするなら少額訴訟ではなく通常訴訟が無難かと思います。

なぜならば少額訴訟だと相手の住所を調べたりすると弁護士費用がかかってマイナスになる可能性があるため。じっくり訴訟について考え、悩んでいる場合は弁護士に相談することをおすすめします。

法律事務所によっては無料で相談出来るとこもありますので活用してみましょう。

この記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です