近隣トラブルがあった際に弁護士に依頼!依頼すると費用はいくらかかる?

近隣でトラブルがあったから弁護士に相談したい。

弁護士に近隣トラブルの解決をお願いしたい。

そんな時にかかる費用についてお話をしていこうと思います。

そのほか、弁護士を選ぶ際にはどんな弁護士を選べば良いのかをお伝えします。

1.弁護士に近隣トラブルの解決を依頼する際の費用の相場は?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

弁護士お願いをする時にかかる費用はどのくらいなのか?どのような方法を取るかで費用は変わっていきます。

・内容証明
・交渉
・調停
・訴訟

一番安く抑えれる方法は内容証明です。内容証明を送ることで、相手に警告することができます。この警告で終われば3~5万円程度で済むことが多いです。

内容証明で解決できない場合は、交渉と言う方法を使いますので弁護士に対する、実費や、着手金、報酬の費用がかかってきます。

交渉の着手金は約10万円くらいかかるでしょう。そして交渉でうまく行かない場合は「調停」「訴訟」の段階に進んでいきます。

・調停をする場合、着手金20万程度
・訴訟をする場合着手金30万〜50万程度

着手金の他にも。報酬や実費が必要となってきます。報酬は、慰謝料によって変わってきます。実費は書類の郵送や、交通費などにかかる費用です。交通の利用が多ければ実費もかさんでいきますので、あらかじめ弁護士と実費について相談しておくと良いでしょう。

お近くの法律事務所などに連絡を取って確認してみて欲しいと思います。

2.どこまでの範囲で弁護士は動いてくれる?

どこまでの範囲で弁護士は動いてくれるのでしょうか?これは弁護士によって様々ですので、まずは法律事務所の無料相談を利用してみると良いでしょう。

30分無料。と言った法律事務所が多いので気軽にご利用してみましょう。有料相談の場合だと30分5000円が相場です。なるべく費用を抑えたい場合は、無料相談を試してみてください。

3.自分が訴訟や集団訴訟を起こす際に信頼できる弁護士の選び方は?

あなたがこれから弁護士に依頼をするとなった場合、頼れる弁護士を選ぶ必要があります。弁護士も人間ですから、完璧ではなく弁護士の中でも、仕事を放棄したりする方もいらっしゃいますので慎重に選ぶ必要があります。

ではどのように弁護士を探せば良いのでしょうか?

3.1弁護士に頼んだことがある方にお話を聞き紹介してもらう

弁護士を雇っていたり、実際に弁護士に依頼をしたことがある方から話を聞いてみて、良さそうと思ったら紹介してもらいましょう。「仕事に対してどうなのか」「実績はどうなのか」など聞いて判断すると良いでしょう。

3.2法テラスという機関に相談する

法テラスは経済的余裕がない方、生活保護の方におすすめな機関です。悩み事やトラブルや問題を相談できたり、あなたの悩みを解決してくれる弁護士を選んでもらえます。

それだけではなく一定の条件をクリアすることで弁護士の費用も立て替えしてくれる場合があります。

「どうやって弁護士を探せば良いか分からない」

こんな時は法テラスを活用してみてください。

ただし、法テラスは法人、団体は利用できないことになっています。

3.3自分で検索して調べる

誰でも探しやすいのがネットを使って検索する方法です。

自分の住んでいる地域の弁護士の口コミをみたり、実績を確認すると良いでしょう。

ですがネットの情報は嘘の場合もありますので。ネットに書かれていることを鵜呑みにせず、参考程度に考えて欲しいです。そして良さそうな弁護士が見つかったら実際に会って相談をしてみましょう。

無料相談を使ってみましょう。有料相談もありますがお金がかかるからと言って、大差はありません。相談してみて「説明が分かりやすいのか」「親身になってくれそうか」など確認しながら弁護士を選んでみて欲しいと思います。

相談をする際は必ず電話をして予約してからにしましょう。弁護士にも都合がありますのでまずはお電話をしてみてください。

3.4知り合いや、身近にいる士業の方に頼む

士業とは税理士や司法書士、弁護士と言った方たちです。士業関係だと仕事が一緒になったり、知り合いがいる。または繋がりもあるかも知れませんので士業関係の方に紹介してもらいましょう。

士業関係の方が弁護士を選びますので仕事をきちんとしてくれる弁護士を探してくださる可能性が高いでしょう。適当な弁護士を紹介すると、自分の名前に傷がついてしまう可能性がありますのできちんと対応してくれると思います。

弁護士に近隣トラブルの解決を依頼する際の費用 まとめ

いかがでしたか?近隣トラブルを弁護士に依頼するときの相場についてお伝えしました。

・内容証明、交渉、調停、訴訟。様々な方法がありますが、一番安く抑えれる方法は「内容証明」です。内容証明を送り警告をする。3万〜5万程度で済む。

・調停や訴訟の裁判まで行くと一気に金額が高くなる。

・交渉、調停、訴訟は着手金以外にも「報酬」「実費」がかかるので注意する。

・弁護士は動いてくれる範囲は、弁護士によって違うので実際に弁護士に訪ねて相談する。

・弁護士の選び方は、弁護士を利用したことがある方に紹介してもらう、法テラスを利用してみる、自分でネットを使って検索をしてみる、士業の方に頼んでみる。これらが一般的な方法。

近隣トラブルでは、「直接話し会おう」とする方が多いですが、直接話してしまうとトラブルが悪化してしまうこともあるため、あまりオススメはしません。弁護士の力を借りて第三者を介入させて話し合うことをしてみてください。
近隣のトラブルはなかなか避けれないものですので、自分一人で戦うのは止めましょう。

そして頼れる弁護士を探すのは大変だと思いますが、何も分からない場合は、法テラスに行き相談をしてみて欲しいと思います。

この記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です